萱尾神社 (京都市伏見区) 
Kayao-jinja Shrine
萱尾神社 萱尾神社
50音索引  Home 50音索引  Home





 法界寺の北東に萱尾神社(かやお じんじゃ)はある。かつて法界寺の鎮守社として祀られたともいう。(『雍州府志』)  
 祭神は、大己貴命(おおなむちのみこと、大国主命)。
◆歴史年表 創建の詳細は不明。
 飛鳥時代、655年、政治家・中臣(藤原)鎌足により社殿が造営されたともいう。
 室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)により焼失した。
 江戸時代、1652年、1650年とも、再興された。現在の本殿が建立される。(「宇治郡名勝誌」)。以後、法界寺の鎮守社、日野村の産土神として崇敬を集めた。
 現代、1985年、本殿は京都市指定有形文化財に指定された。
◆中臣鎌足 飛鳥時代の政治家・中臣鎌足(614-669、なかとみ の かまたり、藤原鎌足)。大和国に生まれた。大豪族・蘇我入鹿の打倒のため、中大兄皇子(後の第38代・天智天皇)に接近した。645年、乙巳の変の権謀により入鹿を斬殺し、蘇我氏は滅亡する。この後、軽皇子(かるのみこ)は第36代・孝徳天皇として即位、中大兄皇子が皇太子、鎌足は内臣に就く。その後、改新政治を進め、律令体制を築いた。
 死に臨んで大織冠を授けられ、内大臣となる。藤原朝臣の姓を贈られ藤原氏の祖となる。
◆建築 現在の本殿は、大型の一間社流造になる。江戸時代、1652年に、法界寺坊中、在所年寄、近在の氏子などにより再建され、その後も修理が繰り返されている。
 軸部は丹塗り、柱上部・蟇股などは極彩色、板壁・軒裏は胡粉塗になっている。彩色装飾は、醍醐清滝宮本殿(重文)に通底するという。1985年に京都市指定有形文化財に指定された。
◆燈籠 本殿正面に、キリシタン灯籠という一基が立つ。「マリア観音」とも伝えられ、丸く膨らんだ十字の下に立像が彫られている。
◆末社 若宮社の祭神は若宮大神、柳社は柳大神、田中社は田中大神、稲荷社は稲荷大神を祀る。
◆年間行事 元旦祭(1月)、とんど(1月)、春季千度祭(4月)、八朔祭(8月)、大祭(11月)、お火焚祭(12月)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都市の地名』


  関連・周辺法界寺     関連     周辺     

本殿

本殿

本殿

本殿

若宮社、若宮大神

柳社、柳大神

田中社、田中大神

稲荷社、稲荷大神

キリシタン灯籠

キリシタン灯籠、棹の部分の「マリア観音」
 萱尾神社 〒601-1412 京都市伏見区日野畑出町3  
50音索引  Home   50音索引  Home  
    © 2006- Kyotofukoh,京都風光