久遠寺 (京都市右京区) 
Myoyu-kuonj Temple
久遠寺 久遠寺 
50音索引  Home 50音索引  Home


 嵯峨の妙祐久遠寺(みょうゆう くおんじ)は「にっきょうでら」とも呼ばれる。 
  顕本法華宗、本尊は十界大曼荼羅。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 久遠寺はかつて下京区にあった。
 近代、1914年、上行寺(東山区)と合併し、妙祐久遠寺と改めた。その後、嵯峨野の現在地に移る。
◆境地院日秀 安土・桃山時代-江戸時代?の日蓮宗の僧・境智院日秀(生没年不詳)。常楽院日経の弟子。1609年、幕府の弾圧である慶長の法難で日経とともに鼻削ぎ刑に遭う。後に織田信好の援助、後水尾院の綸旨を得て、1611年、五条橋近くに上行寺を開く。大坂生玉前に堂閣寺を開いた。
◆上行寺 上行寺(じょうぎょうじ)は、江戸時代、1611年、境智院日秀により東山の五条橋近く仏師北側町に創建された。不受不施派であり、中本寺、日秀が鼻削ぎ刑に処せられたことから「鼻切寺」とも呼ばれ、妙満寺の末寺だった。(「京都府地誌」「坊目誌」)
 近代、1914年に久遠寺(下京区)と合併し、妙祐久遠寺と改称し、現在は嵯峨に移転している。


*非公開
*参考文献 『京都市の地名』、サイト「善立山 信行寺」 


        二尊院                
 妙祐久遠寺 〒616-8425 京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町16  075-861-0249
50音索引  Home   50音索引  Home  
 © 2006- Kyotofukoh,京都風光