浄篤院,Jotokuin Temple,Kyotofukoh

*



浄篤院 (京都市上京区)
Jotoku-in Temple
浄篤院  浄篤院 
50音索引  Home 50音索引  Home


 鳳瑞町(ほうずいちょう)の浄篤院(じょうとくいん)は浄徳院とも呼ばれた。  
 浄土宗、本尊は阿弥陀如来。
 近世四十八願所の第3番所になる。(「京羽二重」)
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 江戸時代、1657年、闇霊により開かれたという。南にある西蓮寺の住職が退隠した際の別院が浄篤院だったという。
 200年前、本堂は大火により焼失した。
 現代、1988年、本堂は建替えられた。
◆仏像 本尊の阿弥陀如来(80cm)は、平安時代の慈覚大師(794-864)の作という。源義経(1159-1189)の念持仏とされる。義経が背負っていた折に、矢が刺さったため「矢負仏(やおいぶつ)」ともいわれている。黒い色をしており「黒本尊」とも呼ばれる。秘仏であり、開扉すると円町一帯に水が出たという。「都名所図会」にも記されている。
◆墓 武将・大名・安藤対馬守重信(1557-1621)の母の墓がある。
◆庭園 枯山水式庭園がある。細い来迎石の立石になる。1986年、小埜雅章(おの まさあき)の作庭による。


*事前要予約
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都市の地名』『京の寺 不思議見聞録』


 関連・周辺西蓮寺(上京区)      周辺      関連         
浄篤院 〒602-8357 京都市上京区鳳瑞町252   
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光