西岸寺 (京都市伏見区深草)
Saigan-ji Temple
西岸寺 西岸寺
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home







「元法性寺小御堂西岸寺  親鸞聖人御旧蹟  玉日姫君御廟所 九条関白兼実公遺蹟」の石標が立つ。


本堂



本堂



玉日姫君御廟所



玉日姫君御廟所



玉日姫君御廟所



親鸞像
 深草の西岸寺(さいがんじ)は、法性寺小御堂(こみどう)西岸寺と呼ばれる。境内に親鸞の妻とされる玉日姫の墓が伝えられている。 
 浄土真宗本願寺派、本尊は阿弥陀如来像を安置する。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代、公卿・藤原忠通(1097-1164)は旧地に法性寺小御堂を建立した。
 その子で公卿・九条兼実(1149-1207)も引き続き旧地に住み、花園御殿と称した。
 兼実の娘・玉日姫(たまひひめ)は親鸞(1173-1263)と婚姻する。
 後白河法皇(第77代、1127-1192)も度々寺を訪れ、後にその御製(和歌、詩文)に因み西岸寺と号した。
 鎌倉時代、1207年、旧地より親鸞は越後へ流罪となったという。残された玉日姫は小堂を守り、旧地で没したという。また、同年、九条兼実の臣・田村采女正光隆が親鸞に帰依し、有阿弥と改めた。兼実ゆかりの小御堂を寄進され、深草山西麓に創建したともいう。また、玉日姫が親鸞の流罪後、旧地に残った。屋敷を有阿弥に譲り創建させたともいう。
 安土・桃山時代、文禄年間(1592-1596)、現在地に移転した。
 現代、2012年、境内にある塚の江戸時代後期の骨壷より人骨が発見される。親鸞の妻とされる玉日姫のものと推定されている。
◆藤原忠通 平安時代後期の公卿・藤原忠通(ふじわら-の-ただみち、1097-1164)。法名は円観、法性寺関白、通称は法性寺殿。父は関白・藤原忠実、母は右大臣・源顕房の娘・師子の子。1107年、元服、1110年、従三位、1115年、内大臣。1120年、父・忠実が蟄居となり、1121年-1158年、関白・氏長者となる。第74代・鳥羽、第75代・崇徳、第76代・近衛、第77代・後白河天皇に摂政・関白として務めた。左大臣・太政大臣を経て従一位に至る。1129年、白河法皇没後、鳥羽院政により父・忠実が内覧として復帰し対立。1150年、父より義絶され、氏長者は異母弟の頼長に奪われた。頼長は養女・藤原多子を近衛天皇の後宮に入れ、忠通は対抗し、藤原伊通の娘・呈子(九条院)を養女として後宮に入れた。1155年、近衛天皇没後、鳥羽上皇に後白河天皇の即位を助言した。1156年、保元の乱の一因となる。崇徳上皇方に付き、敗れた父の所領を相続、父の流罪を防いだ。1158年、摂関職を子・基実に譲り、1162年、出家した。
  和歌、漢詩に優れ、能書家であり法性寺流と称された。子孫は近衛家、九条家に分かれ、五摂家となる。68歳。
◆九条兼実 平安時代後期-鎌倉時代前期の政治家・九条兼実(くじょう-よしみち、1149-1207)。月輪殿、後法性寺殿。父は摂関家の藤原忠通、母は女房加賀(藤原仲光の娘)。1166年、右大臣になる。1156年、異母姉の皇嘉門院の猶子になる。1158年、兄・基実の猶子として元服した。左近衛権中将、権中納言、左近衛権中将、権大納言・右近衛大将、内大臣を経て、1166年、右大臣に進み、1174年、従一位に昇る。1179年、平清盛の権力奪取後、1185年、頼朝内覧の宣旨により、1186年、摂政・藤原氏長者になる。1187年、記録所を設ける。1189年、太政大臣、1190年、娘・任子を入内させ、第82代・後鳥羽天皇中宮にさせる。1192年、後白河法皇(第77代)没後、頼朝に征夷大将軍を宣下する。だが、1196年、政変により失脚した。弟の天台座主・慈円の後見になり仏教界に影響を及ぼす。息子、妻を亡くし法然に帰依した。1202年、出家、円証と号した。山荘の月輪殿に隠棲する。
 和歌に親しみ、藤原俊成・定家らの庇護者になる。40年間の日記『玉葉』がある。 
 九条家を興した。内山に葬られた。墓は現在、東福寺内にあり、1881年に公爵・九条道孝が「発見」したという。ただ、確定されていない。59歳。
 法然の弟子・親鸞の妻は、兼実の娘であり、親鸞は晩年に兼実の花園別邸に過ごし、亡くなったともいう。
◆恵信尼 平安時代後期-鎌倉時代中期の女性・恵信尼(えしんに、1182-1268?)。筑前(ちくせん)。越後介・兵部大輔・三善為教の娘ともいう。1207年、29歳の頃、越後流罪中の親鸞と結婚した。京都だったともいう。1211年、越後で明信を産む。赦免された親鸞と共に、1214年、一家で関東に赴く。上野国から常陸国に移住した。1216年頃、京都に移る。1224年、末女・覚信尼が生まれる。1234年、親鸞の帰京時に恵信尼も帰京したともいう。直接越後に赴いたともいう。1254年以前、越後に下り、覚信尼に下人を譲る。1256年、親鸞は子・善鸞を義絶した。恵信尼は覚信尼に下人の譲状を送り、再び譲状を送る。1261年、病いになる。1268年、越後に没した。87歳?。
 3男3女、小黒女房(こぐろにょうぼう)、善鸞(ぜんらん)、明信(みょうしん)、益方(ますかた)、高野禅尼(こうやぜんに)、覚信尼(かくしんに)を産む。親鸞の妻は恵信尼一人とも複数ともいう。子・善鸞は実子とも、異なるともいう。親鸞の関東からの帰京に際し恵信尼も帰京した、居留したともいう。恵信尼の晩年は国府辺、板倉、とひたのまきにあったともいう。
 1921年、西本願寺の宝物庫から恵信尼の書状「恵信尼消息」 10通(1256-1268)が発見された。晩年の恵信尼が越後より、京都の娘・覚信尼に宛てた書状だった。
◆仏像 本堂に本尊の「阿弥陀如来像」がある。
 親鸞自作という「親鸞草鞋懸(わらじかけ)立像」を安置している。
 玉日姫の作という「親鸞越前有乳山越の像」がある。
◆文化財 江戸時代後期作とみられる「九相図(くそうず)」5幅1組は、美女ではなく男女の遺体が描かれている。死後、遺骸が腐敗し白骨化するまでを描くことで、人の世の無常観を表している。
◆墓 境内に、玉日姫とされる墓(廟所)がある。高さは3.5m。2012年、江戸時代後期の土製骨壷と、人骨が発掘された。境内には、玉日姫の墓の改修を行ったという石碑が立つ。玉日姫と九条兼実の木像がある。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 『京都・山城寺院神社大事典』、『京都の寺社505を歩く 下』、『日本の名僧』、『京都大事典』 、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺   周辺  関連大泉寺  関連光円寺    
西岸寺 〒612-0889 京都市伏見区深草直違橋2丁目438-1  075-641-5501
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光