伯清稲荷大明神・天塚古墳 (京都市右京区) 
Hakusei-inari-daimyojin Shrine,Amazuka-kofun Tumulus
伯清稲荷大明神・天塚古墳 伯清稲荷大明神・天塚古墳 
50音索引  Home 50音索引  Home

伯清稲荷大神








天龍大神


八幡大神



墳丘部分


伯清稲荷大神(横穴式石室)
 西高瀬川の南、住宅地の一角に伯清稲荷大明神(はくせい いなり だいみょうじん)が祀られている。「白徳稲荷大神」、「白龍稲荷大神」とも呼ばれている。祖霊稲荷、養蚕稲荷になる。
 境内に、天塚古墳 (あまづか こふん)(国史跡)の墳墓がある。 
 祭神は、伯清稲荷大神(宇賀御魂、うかのみたま)になる。
 商売繁盛、一家親睦、病気平癒、寿命長久、厄除け、福運、諸願成就の信仰がある。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 古墳時代-飛鳥時代、6世紀(501-600)前半、天塚古墳が築造されたとみられている。付近には蛇塚、甲塚などの古墳群、蚕ノ社などもあり、5世紀後半に渡来した秦氏に関わるとみられている。
 近代、1887年、天塚古墳の発掘調査が行われた。この時、伯清稲荷大神は、木島神社に遷される。(「伯清稲荷大神由緒沿革并天塚古墳」)
 1898年、太秦村の九島ちかに霊夢があり、伯清稲荷大神は天塚古墳に戻されたという。
 現代、1978年、天塚古墳は、京都市の史跡に指定されている。
◆伯清稲荷大明神 伯清稲荷大明神は、秦氏の祖神、守護神として、天塚古墳に祀られていた。近代、1887年に、天塚古墳の発掘調査が行われた際に、伯清稲荷大神は木島神社(右京区)に遷された。
 その後、1898年、太秦村に住む九島ちかに夢告があったという。稲荷神が元の天塚古墳に祀ってほしいと託宣した。このため、お告げに従い古墳の石室内に戻されて祀られた。さらに、宗教法人「御嶽教管轄白清教会」が組織され、ちかと子・庄太郎が祭祀した。(石碑文)。御嶽教の管轄下にあった。複数の祈祷師がおり、狐落しなどを行っていたという。1946年に、北村岩太郎が稲荷教を組織して継承した。
 なお、石室内は適温保持ができることから、蚕の孵化に使用していたともいう。
◆墳丘 墳丘は北西から南東に位置し、蛇塚古墳に次ぐ規模がある。南面し、墳丘は2段封土の横穴式前方後円墳になる。前方部は拡大しており、高さも後円部に比べて高い。中央と前方部2カ所にくびれがあり、後円部西側の無袖式、西側くびれ部は、片袖式という特徴的な構造になる。周囲には濠がある。
 内部には横穴式石室が2基ある。一つの石室は、西北西に開口し、無袖式、全長10m、奥壁の高さ2.1mある。もう一つは、古墳のくびれ部にあり、南西に開口している。片袖式、全長7.5m、奥壁の高さ2.1mある。
 6世紀後半に造られた首長墓の一つとされ、嵯峨野の古墳の中で形状(墳丘、内部構造、出土遺物)がいまも残る唯一の古墳という。泰氏との関連も指摘されている。
 近代、1887年のくびれ部西側の発掘調査では、鉄轡(くつわ)、鉄製馬具の破片、銅鏡、勾玉、碧玉類400点あまりが出土した。これらは現在、京都国立博物館、京都大学に保管されている。1978年、京都市の史跡に指定されている。円筒埴輪が発見された記録があるともいう。
 全長71m、前方部の幅50m、高さ8.5m、後円部径40m、高さ8m。
 現在、伯清稲荷大神関連の鳥居、石塔などが古墳に設けられており、石室内には祭壇も祀られている。
◆清水山古墳 「清水山古墳」は、天塚古墳付近にあった。横穴式の前方後円墳で、天塚古墳より小規模だった。現代、1973年に消失している。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献
 『京都府の歴史散歩 上』『お稲荷さんの起源と信仰のすべて 稲荷大神』『昭和京都名所図会 4 洛西』『京都大事典』『稲荷信仰と宗教民俗』『畿内 古代遺跡ガイド』


関連・周辺蛇塚古墳     関連・周辺蚕ノ社・木島神社     関連      周辺       
伯清稲荷大神 
伯清稲荷大神 
横穴式石室 横穴式石室、天井 
伯清稲荷大明神・天塚古墳 〒616-8116 京都市右京区太秦松本町18  
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光