宗忠神社 (京都市左京区)
Munetada-jinja Shrine
宗忠神社 宗忠神社 
  Home   Home






 吉田山(神楽岡)南東の丘陵地に宗忠神社(むねただ じんじゃ)がある。
 祭神は、幕末期の新興宗教・黒住教(くろずみきょう)の教祖・黒住宗忠、天照大御神(あまてらすおおみかみ)、八百萬神(やおよろずのかみ)を祀る。旧府社。
 黒住教は、幕末の日本三新宗教(ほかに天理教、金光教)のひとつ。
◆歴史年表 江戸時代末期、1856年、神祇管領長上・吉田家より「宗忠大明神」の神号を与えられる。
 1862年、黒住教門人・赤木忠春により現在地に宗忠神社が創建された。 
 1866年、第121代・孝明天皇の唯一の勅願所になり、皇室、二条家、九条家などの信仰も集める。従四位下の神階になる。
 近代、1872年、神道より別派独立し、神道黒住派となる。
◆黒住宗忠 江戸時代末期の神道家・黒住宗忠(くろずみ むねただ、1780-1850)。備前国の禰宜家三男に生まれる。今村宮の神職を継ぐ。1812年、両親を相次いで亡くし、自らも病になる。1814年、天照太神と同魂同体になる霊体験により、平癒し、以後、宗教活動に入る。岡山藩士に積極的に布教した。  
 神道系新宗教の魁となる黒住教を開いた。神人合一を説き、天命(太陽神)を中心とし、人心をその分霊とした。
◆赤木忠春 江戸時代の黒住教の布教者・赤木忠春(あかぎ ただはる、1816-1865)。美作国の庄屋陶太郎左衛門の子。のちに養子になる。1837年、失明し、1845年、黒住宗忠の黒住教に入門した。黒住教六高弟のひとり。1851年より、京都で布教した。吉田神道に接近し、1856年、宗忠大明神号を獲得する。公卿へも布教した。1862年、宗忠神社の建立の許可を得る。以後、別派活動し、1864年、大元本部より破門された。尊王攘夷派の志士とも交流した。
◆建築 「本殿」は、1912年に改築された。流造。
 「拝殿」は、1937年に改築された。
 本殿と並ぶ「神明宮」は、二条家関白殿の鎮守神明宮を、江戸時代末、1866年に移したという。天照大神を祀る。
◆鳥居 二の鳥居、祖霊神社は、「宗忠鳥居」と呼ばれている。化粧仕立の鹿島鳥居であり、それに額束を付ける。鹿島鳥居は、柱外に水平の貫が出ており、丸太の笠木に反りがある。神明鳥居より島木鳥居への変遷を示している。
 当初の二の鳥居は、1922年に伊勢鳥居に建替えられた。1982年、現在の石造の鳥居に建替えられた。
 祖霊神社の鳥居は、1904年に建立された。石造。
◆神井戸 境内に井戸を掘ったが山頂のために湧水はなかった。赤木忠春が神前に供えた神水を井戸に注ぐと、翌朝、湧き出たという。
 神慮にかなわないことがあると水が濁るという。
◆年間行事 例祭(4月25日)、神明宮の例祭(10月17日)。
 

*年間行事は中止、日時変更の可能性があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都府の歴史散歩 中』『京都の寺社505を歩く 上』『京都古社寺辞典』『京都大事典』『鳥居』『昭和京都名所図会 2 洛東 下』


   関連・周辺吉田神社        周辺      関連        

逆立ちした狛犬

本殿

本殿

忠春社、祭神は赤木忠春神

白山社、祭神は白山比咩大神(菊理媛尊)、伊弉許尊、伊弉冉尊。かつてよりこの地にあった神。

神井戸

神井戸
 宗忠神社 〒606-8314 京都市左京区吉田下大路町63   075-771-2700
  Home     Home  
 © 2006- Kyotofukoh,京都風光