花咲稲荷社 (京都市下京区) 
Hanasaki-inari-sha Shrine
花咲稲荷社 花咲稲荷社
50音索引  Home 50音索引  Home










 稲荷町に地名の由来になった花咲稲荷社(はなさき いりなりしゃ)がある。「焼けずの稲荷」「焼けず稲荷」とも呼ばれた。江戸時代前期の俳人・歌人・歌学者・松永貞徳(1571-1654)ゆかりの社であり、屋敷神、福神、町内鎮守稲荷になる。付近に「松永貞徳花咲亭跡」の石標が立つ。 
 祭神は、宇賀御魂神(うかのみたまのかみ)、素戔鳴尊(すさのおのみこと)、大市比売命(おおいちひめのみこと)、大己貴神(おおなむちのかみ)、猿田比古神彦(さるたひこのかみ)の五神像を祀る。また、陀枳尼天(だきにてん)も祀るという。
 商売繁盛、火防、家内安全の信仰がある。
◆歴史年表 江戸時代前期、この地に、俳人・歌人・歌学者の松永貞徳(1571-1654)が64歳で移り住んだ。貞徳は、邸内に鎮守社として創祀した。社号は貞徳の号「花咲亭逍遥軒」に因む。自宅は「花咲宿」と呼ばれ俳諧の会を催した。この地で『俳諧御傘』を撰したという。(1651年、「都名所図会」)
 1715年、霊元上皇(第112代)皇女・八十宮吉子内親王が7代・徳川家継に降嫁する際に、当社で玉体安寧の祈祷が斎行された。
 1780年、『都名所図会』に「花開稲荷社」と記されている。松原通高倉通高倉の西にあったという。
 1861年、第121代・孝明天皇皇妹・和宮親子内親王が14代将軍・徳川家茂に降嫁する際に、当社で玉体安寧の祈祷が斎行された。
 近代、1895年、付近に大火があり、当社だけが焼失を免れた。以後、「焼けずの稲荷」と呼ばれる。
 1907年、長谷川武右衛門が大道雷淵(おおみち らいえん)より譲り受け、武右衛門妻・於菟が社主として神明奉仕を務めた。以来、長谷川氏が神事を執り行っている。
 昭和期(1926-1989)初期、稲荷社の土地所有者が、稲荷おろしの巫女(お代参)に関わり、月読大明神を合祀した。
◆松永貞徳 江戸時代前期の俳人・歌人・歌学者の松永貞徳(まつなが ていとく、1571-1654)。京都に生まれた。号は長頭丸、逍遊、明心、延陀丸など。連歌、和歌、歌学、故事有職などを学び、豊臣秀吉の佑筆(ゆうひつ、代筆)ともなった。その後、和歌、歌学などを新興商人などに教え、室町時代に成立した俳諧は文芸として確立した。貞門派は、俳諧(滑稽、笑い)を重視し、それまで和歌では使われなかった俳言(はいごん、俗語、日常語、漢語)を使うことを主唱した。「貞門派俳諧」は人気を博し、全国的に広まる。
 江戸時代後期、貞門派の言葉遊びの傾向を越える大坂・西山宗因の談林俳諧に代わる。これは、徹底的に滑稽味や諧謔を追及するものだった。貞門派門人には貞門七俳人の一人、安原貞室(1610-1673)、北村季吟(1625-1705)らがいる。墓は実相寺(南区)にある。
◆吉子内親王 江戸時代の浄林院吉子内親王(よしこ  ないしんのう、1714-1758)。幼名は八十宮(やその みや)。第112代・霊元天皇第13皇女、生母は右衛門佐局松室敦子。1714年、生後わずか1カ月で将軍・徳川家継(6歳)と婚約する。史上最年少の将軍への権威付けをするための降嫁だった。1716年、納采の儀を済ませる。2カ月後に家継が死去した。史上初の武家への皇女降嫁、関東下向には至らなかった。1732年、出家し、法号を浄琳院宮(じょうりんいんのみや)といった。墓は知恩院にある。
◆和宮親子内親王 江戸時代の皇女・和宮親子内親王(かずのみや ちかこ ないしんのう、1846‐1877)。名は親子、和宮、静寛院宮。第120代・仁孝天皇の第8皇女、母は権大納言・橋本実久の娘・経子。第121代・孝明天皇の妹。孝明天皇の思し召しにより、1851年、6 歳で有栖川宮熾仁親王(17歳)と婚約した。1860年、桜田門外の変後、婚約破棄となり、1861年、朝幕関係融和のため、公武合体政策により政略結婚として14代将軍・徳川家茂の正室として降嫁する。1866年、家茂没後、落飾して静寛院と称した。この頃、母、夫、兄を相次いで失う。1867年、大政奉還以降、徳川家救済のため朝廷との間で尽力した。1868年、戊辰戦争で熾仁親王は東征大総督となり、江戸城を目指した。和宮は親王宛に江戸城中止を懇願した。後、和宮は京都に戻り江戸で亡くなる。墓は芝・増上寺に夫ともに葬られた。32歳。
◆大道雷淵
 近代のジャーナリスト・大道雷淵(おおみち らいえん、?-1918)。和一(かずいち)。京都生まれ。1906年、京都日の出新聞入社。主筆。1911年、大逆事件で家宅捜索を受ける。48歳。
◆祭神 祭神の5体は神像になる。現在は、京都国立博物館に保管されている。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都市の地名』、説明板、サイト「大道和一雷淵、お伽運動への関わりと、その死」『お稲荷さんの起源と信仰のすべて 稲荷大神』『稲荷信仰と宗教民俗』『京都 歴史案内』『京都大事典』


   道元禅師示寂の地                      

地蔵堂

地蔵堂

【参照】稲荷町の地名
 花咲稲荷社 〒600-8098 京都市下京区稲荷町,間之町通松原上る西側 
 Home    Home  
 © 2006- Kyotofukoh,京都風光