旧山口銀行京都支店(旧北國銀行京都支店) (京都市中京区)  
former Yamaguchi Bank Kyoto Branch
旧山口銀行(旧北國銀行)京都支店 旧山口銀行(旧北國銀行)京都支店
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

東側


東側、正面入口


東側、正面入口


東側、正面入口


東側、正面入口


東側、正面入口


東側、正面入口


東側


東側


東側


東側、塔屋


東側、塔屋


東側、塔屋


東側


東側


東側


北東角


北東角
 烏丸通蛸薬師南西角に、旧山口銀行京都支店(きゅう-やまくちぎんこう-きょうとしてん)はある。後に北國(ほっこく)銀行京都支店としても利用された。その後、複合商業施設としても活用される。
 設計は辰野片岡建築事務所による。辰野式の最後の作品になった。
◆歴史年表 近代、1916年、山口銀行京都支店が竣工した。
 現代、2004年、9月、北國(ほっこく)銀行京都支店は中京区橋弁慶町に移転する。
 2007年、4月、複合商業施設「flowing KARASUMA」が開業した。5月、建物は、京都の近代建築を考える会の「市民が選ぶ文化財」に選定される。
 2013年、12月、「flowing KARASUMA」は閉店する。
◆辰野金吾 近代の建築家・教育者・辰野金吾(たつの-きんご、1854-1919) 。旧姓は松倉。唐津生まれ。唐津藩(佐賀県)藩士・姫松倉右衛門の次男。1868年、辰野宗安の養嗣子になる。1873年、工部省工学寮に入学した。イギリス人・建築技師・ジョサイア・コンドル(Josiah Conder,1852-1920)の指導を受ける。1879年、工部大学校(工学寮)造家学科の第1回卒業生として卒業した。1880年、留学のため、ロンドンのコンドルの師・バージェス(William Burges,1827-1881)建築事務所などで建築を研修した。フランス、イタリアも回る。1883年、帰国し工部省に入る。設計の処女作になった銀行集会所(1885)の設計を行う。1884年、コンドルの後任として、工部大学校教授に就任し、日本建築講座を担当する。1886年、辰野建築事務所を設立する。造家学会(現在の日本建築学会)創立に参加した。1887年、日本銀行の設計者に決定し渡欧する。1888年、帰国した。1898年、建築学会会長、工科大学長に就任する。1902年、工科大学を退官した。
「日本近代建築の父」といわれた。議院建築調査会委員を歴任する。工学博士。66歳。
 日本人で洋風建築技術を最初に学ぶ。創成期の日本近代建築を主導した。門弟に伊東忠太、関野貞、大熊喜邦らがいる。主な作品は、工科大学本館(1888) 、日本銀行本店(1896) 、両国国技館(1909)、東京中央停車場(東京駅、1914) などがある。
◆片岡安 近代の建築家・政治家・片岡安(かたおか-やすし、1876-1946)。石川県生まれ。加賀前田藩士・細野直重の次男。1897年、東京帝国大学工科大学造家学科卒後、日本銀行技師になる。1899年、日本銀行大阪支店を設計した。日本生命保険副社長・片岡直温(なおはる)の婿養子になる。1903年、第三十四銀行技師になった。1905年、辰野金吾と辰野片岡建築事務所を開設した。1912年、大阪市中央公会堂指名コンペの一員に選ばれる。1917年、関西建築協会(現在の日本建築協会)を創立し、初代理事長になる。(-1946)。1918年、内務省都市計画調査会委員、社団法人大阪工業会常務理事に就く。1919年、日本生命保険取締役(-1927)、片岡松井建築事務所を開設した。1920年、東京帝国大学より工学博士号を授与する。1922年、片岡建築事務所を開設した。京都帝国大学工学部建築学科講師嘱託になる(-1929)。社団法人大阪工業会会長になる(-1946)。本庄京三郎に招聘され、関西工学専修学校(現在の大阪工業大学)初代校長・理事長に就任した。1923年、大阪信用組合(現在の大阪信用金庫)組合長(-1946)。1927年-1931年、石本喜久治と片岡・石本建築事務所を設立した。1934年-1936年、金沢市長になる。1940年-1943年、大阪商工会議所会頭になった。70歳。
 日本都市計画研究の先駆者だった。現存作品として、大阪市中央公会堂(1918)(重文)、芦屋仏教会館(1927) 、大阪信用金庫旧本店(現在の同信金日本橋支店、1936) などがある。
◆建築 近代、1916年に、大阪の山口銀行京都支店が竣工した。設計は辰野片岡建築事務所による。その後、金沢市に本店がある地方銀行の北國(ほっこく)銀行京都支店として使用された。2004年に長谷ビル(中京区)が土地建物を取得し、建物を修復した。2007年4月に複合商業施設「flowing KARASUMA」が開業した。同年5月、京都の近代建築を考える会の「市民が選ぶ文化財」に選定されている。2013年12月に閉店した。
 東面し烏丸通、北側は蛸薬師通に面している。角地に建てられ、全体として建物は小振りになる。外観は直線的な意匠であり左右対称ではない。壁をやや張り出している。鉄筋コンクリート造でありながら、煉瓦造の意匠を引き継ぐ。小口積み(ドイツ積み)の赤煉瓦と3本の帯石の白い花崗岩による小規模な「辰野式」が採られている。ただ、時代はモダニズムへの移行期にあり、すでに赤煉瓦は外壁の装飾の一つでしかない。辰野式の最後の作品になった。1階・2階ともに縦長の窓が並ぶ。細部装飾も少なく、セセッション(19世紀末のオーストリアのウィーンに興り、ドイツ、オーストリアの各地に広がった芸術革新運動、分離派)の幾何学的で簡略化された装飾がある。屋上の北東に塔屋(ドーム)、南東にも屋根状の塔屋がある。
 施工は不詳、鉄筋コンクリート(RC)造、2階建、陸屋根。
◆山口銀行・北國銀行 山口銀行(前身・第百四十八国立銀行)は、統廃合を重ね三和銀行・UFJ銀行を経て、現在の三菱UFJ銀行の前身の一つになる。
 ◈ 近代、1879年に大阪の山口財閥3代当主・山口吉郎兵衛(1851-1887)は、「第百四十八国立銀行」を創業した。1898年に第百四十八国立銀行の営業を継承し、「山口銀行」を開業する。
 1933年に、鴻池銀行、三十四銀行、山口銀行の3行合併により「三和銀行」が設立される。
 2002年に、 三和銀行、東海銀行が合併し、「UFJ銀行」になる。2006年に東京三菱銀行、UFJ銀行が合併し「三菱UFJ銀行」になった。
 ◈ 1916年に、現在地に「山口銀行京都支店」が建てられる。1933年に「三和銀行」になった。
 後(年代不明)に、建物は「北國銀行京都支店」として使用される。2004年9月に、北國銀行京都支店は中京区橋弁慶町に移転している。2013年7月に北國銀行京都支店は廃止になり、北國銀行大阪支店(大阪支柱中央区)に統合された。


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 『京都の赤レンガ』、ウェブサイト「京都の近代建築を考える会」、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area旧日本生命京都支店(日本生命京都三条ビル旧棟)  周辺,surrounding area   関連,relevance     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 旧山口銀行京都支店(旧北國銀行京都支店) 〒604-8152 京都市中京区手洗水町645,烏丸通蛸薬師南西角 
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光