法経済学部本館 (京都市左京区)  
Faculty of Law and Faculty of Economics Main Bbuilding,Kyoto University
法経済学部本館 法経済学部本館
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

西翼、南側


西翼、南側


西翼、南側


西翼、南側


西翼、西翼


西翼、南側


西翼、南側


西翼、南側


西翼、南側


西翼、南側


西翼、南側


西翼、南側


西翼、南側、回廊


西翼、南側、回廊


西翼、南側


西翼、南側


西翼、東側


西翼、西側


中央、南側


中央、北側、正面玄関


中央、北側、正面玄関


中央、北側、、正面玄関


中央、北側、正面玄関


中央、北側、正面玄関


中央、北側、玄関内部



中央、南側


中央、南側


中央、南側


中央、南側


中央、南側


東翼、東側


東翼、東側


東翼、南側

 京都大学本部構内に、法経済学部本館(ほうけいがくぶ-ほんかん)はある。
 設計は、近現代の建築学者・建築家・大倉三郎による。
◆歴史年表 近代、1902年、初代の法科大学講義室が竣工する。
 1933年、法経済学部本館の西翼が竣工した。「法経新館」と呼ばれた。
 1938年、中央が竣工する。
 現代、1952年、東翼が竣工した。
◆大倉三郎 近現代の建築学者・建築家・大倉三郎(おおくら-さぶろう、1900- 1983)。京都市の生まれ。1923年、京都帝国大学工学部建築学科を卒業(第1期生)し、宗建築事務所に入る。1928年、京都帝国大学営繕課に入り、武田五一の指導を受ける。1930年より、京都帝国大学営繕課長になる。1940年、台湾総督府技師営繕課長になった。1946年、台湾行政長官公署留用、国立台湾大学工学部土木学科教授に就任した。1948年、帰国した。1949年、大阪工業大学教授、1951年、京都工芸繊維大学教授になる。1955年、工学博士を取得する。1957年、「ゴットフリート・ゼムベーの建築論的研究」で日本建築学会賞を受賞した。1960年-1973年、京都府建築士会会長になる。1962年-1966年、京都工芸繊維大学学長、1967年-1977年、西日本工業大学学長を歴任した。83歳。
 主な作品は、萬年社京都支社(1925、現存せず)、ヴォヤージュドゥルミエール京都七条迎賓館(旧鴻池銀行七条支店、旧若林仏具製作所、1927)、京都大学農学部演習林事務室(1931)、京都大学法学部経済学部本館(1933)、龍谷大学図書館(1936)、台北州立台北第三高等女学校(1939)など。
◆建築 ◈初代の「法科大学講義室」は、近代、1902年に竣工する。木造平屋建だった。
 ◈「法経済学部本館」は、近代、1933年に当初は西翼が竣工した。「法経新館」と呼ばれていた。その後、全体の設計は終了していたにもかかわらず、工事は太平洋戦争(1941-1945)を挟み3期19年に及ぶ。1938年に中央が竣工する。戦後の1952年に東翼が竣工し全体が完成した。
 建物の規模は大きく、平面は「コ」の字型になる。中央、西翼、東翼により構成されている。中央は北面し、両翼は南面する。各棟の正面外観は、ネオ・ゴシック(18-19世紀前半に興った新古典主義)的な柱を入口周りに配している。
 両翼の玄関ポーチの5本柱も鋭角で、六角柱様の壁体が両脇に突き出している。その間の頂部には三角の出窓が迫り出している。中央玄関にも同様の柱4本がそそり立つ。両翼にある南北方向の回廊には八角柱が建つ。全面に褐色のタイルを貼っている。
 西翼東西行17.1m、南北行43.2m、東翼東西17.4m、南北43.8m、全体の東西行112.6m、軒高17.9m。鉄筋コンクリート造3階建、地下1階、陸屋根。


*内部は通常非公開
原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 『京都市の近代化遺産 近代建築編』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area京都大学旧本部本館(百周年時計台記念館)   関連・周辺,relevance&surrounding area京都大学旧農学部演習林事務室(フィールド科学教育センター)   周辺,surrounding area   関連,relevance     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 京都大学法経済学部本館 〒606-8501 京都市左京区吉田本町
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光