京都大学旧工学部建築学教室本館(総合研究15号館) (京都市左京区)  
the former Main building of the Architecture Laboratory of the Engineering Department of Kyoto University
京都大学旧工学部建築学教室本館 京都大学旧工学部建築学教室本館
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

南側、正面


南側、正面玄関


南側、正面玄関


南側、正面玄関


南側、正面玄関、持ち送り


南側、正面玄関、柱頭


南側、正面玄関


南側、正面玄関


南側、正面玄関、「建築学教室」


南側、正面、ベランダ


南側、正面


南側、正面、パラペット


南側


南西端


北側


北側


北側


北側、階段室


北側


「第一回卒業生記…(年植樹?)」の石標


記念植樹のクスノキの大木?
 京都大学の本部構内に、京都大学旧工学部建築学教室本館(きょうとだいがく-きゅう-けんちくがく-きょうしつ-ほんかん)はある。現在は総合研究15号館と呼ばれている。
 近代の建築家・学者・武田五一、日比忠彦が設計した。大学構内初の鉄筋コンクリート造になった。
◆歴史年表 近代、1920年、京都帝国大学建築学科が開設される。
 1922年、旧運動場に建築学教室本館、背後に製図室が竣工した。
◆武田五一 近代の建築家・建築学者・武田五一(たけだ-ごいち、1872-1938)。備後福山(広島県)の生まれ。父・備後福山藩士・司法官・平之助(直行)、母・八重の第5子。父の赴任に従い、神戸、姫路、岐阜、高知に住む。1888年、京都第三高等中学校補充科に入学した。1894年、京都第三高等中学校本科を卒業し、京都帝国大学工科大学造家学科に入学する。1897年、帝国大学(東京帝国大学)造家学科(建築学科)を首席卒業し、同大学院に進学した。1899年、大学院中退後、東京帝大助教授に任じられる。東京高等師範学校講師嘱託、東京美術学校教官になった。1901年-1903年、文部省より命ぜられ欧州留学する。ロンドン・カムデン美術学校で学び、各地を巡る。アール・ヌーボー、セセッションなどを体験する。1903年、帰国後、京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学)図案科教授になる。1904年、京都府技師を兼任し、平等院鳳凰堂・鹿苑寺金閣の保存に関わる。1907年、東京・福島行信邸で、日本初のウィーン・セセッションの様式を試みた。アール・ヌーボーの造形を紹介する。1908年、大蔵省臨時建築部技師を兼任し、国会議事堂建築のために欧米視察した。1912年、パナマ太平洋万国博覧会事務取扱嘱託になる。1915年、工学博士学位を取得する。勲四等瑞宝章を受賞した。1916年、法隆寺壁画保存会委員になる。1917年、片岡安らと「関西建築協会」を設立する。1918年、名古屋高等工業学校(現・名古屋工業大学)校長に転任した。1920年-1932年、京都帝国大学建築学科創立に伴い教授になる。1925年、大蔵省営繕管財局技師を兼任した。1929年-1931年、京都帝国大学営繕課長事務取扱として学内建築物の造営に関わる。1931年、欧米出張し、19カ国を訪れた。1934年以来、法隆寺大修理工事事務所長を務める。65歳。
 「関西建築界の父」といわれた。奈良・京都の古社寺保存修復、橋梁、博覧会場、公園、記念碑、都市計画、街路施設、家具意匠、染色なども手掛けた。主な作品として、旧日本勧業銀行本店(1899) 、日本初のセセッション建築とされる東京・福島邸(1907)、京都府立図書館(1909)、京都・円山公園(1912)、京都・同志社女子大学ジェームス館 (1913) 、京都・旧松風嘉定邸 (現・五龍閣、1914)、山口県庁舎・県会議事堂(1916) 、大阪・瀧安寺鳳凰閣(1917) 、兵庫・清水寺根本中堂・大講堂・本坊・客殿(1917) 、東京・旧村井吉兵衛邸(現・延暦寺大書院、1919) 、 兵庫・清水寺鐘楼 (1919)、兵庫・光明寺根本本堂(1925) 、 和歌山・高野山大学図書館 (1928)、代表作の東方文化学院京都研究所(1930)、京都・同志社女子大学栄光館(1932) 、鳥取・三朝大橋(1934年) など多数。葵橋、賀茂大橋なども設計した。
◆日比忠彦 近代の建築学者・日比忠彦(ひび-ただひこ、1873-1921)。福井県生まれ。1887年、帝国大学工科大学土木工学科を卒業した。京都帝大理工科大学助教授になる。1902年、震災予防調査会臨時委員になる。建築学研究のためにドイツ・フランスに留学した。1904年、米国を視察し帰国する。1906年、京都帝国大学教授になり建築学を担当する。1920年、欧米視察し、1921年、帰国後に没した。著『鉄筋コンクリートの理論及びその応用』など。49歳。
 専門は建築材料学・構造建築学・材料強弱学だった。「鉄筋コンクリート研究の権威」といわれた。
◆建築 ◈ 近代、1920年に京都帝国大学建築学科は開設されている。1922年に「京都大学旧建築学教室本館」は竣工した。設計は、同年に主任教授に就任した武田五一による。構造設計は土木工学科教授・日比忠彦による。
 南面している。平面は「コ」の字型をしている。構内で最初の鉄筋コンクリート造であり、煉瓦造からの転換点にあった。正面中央2階部分は、壁を外側へ丸く膨らませている。正面のベランダも張り出し、壁に連動して曲線が強調されている。薄い壁にし、重さを支えなくてもよい壁体のために湾曲が可能になった。外装材は、平滑な褐色(小豆色)の小口タイルを貼る。1階窓上では、タイルの貼り方、色を変えて変化をつけている。背後(北側)の階段室も曲面が強調されている。セセッション(19世紀末のドイツ・オーストリア各都市に興きた芸術革新運動、分離派)を基調にしている。頂上の帯状の装飾パラペット(屋上外周部の先端に設けられた低い立ち上がり部分)にもセセッション風の特色が見られる。瓦屋根ではなく、平面状の屋根である陸屋根も構内初例になる。玄関の持ち送り、柱頭に装飾が施されている。階段室にはステンドグラスが嵌め込まれている。
 施工は直営、鉄筋コンクリート造2階建、陸屋根、前面48.2m、側面18m。
 ◈ 「製図室」も、1922年に同時に竣工している。本館の背後に建てられた。構内で最初の鉄筋コンクリート造だった。現存していない。
◆建築学科 京都帝国大学建築学科は、1920年8月に、当初は3講座で創設された。1964年4月に建築学第二学科が創設されている。
 1996年4月に建築学科と建築学第二学科を統合し、大学科・建築学科になった。


*内部は通常非公開
原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献 ウェブサイト「文化財データベース-文化庁」、『京都市の近代化遺産』、『近代京都の名建築』、『京都の洋館』、『武田五一の建築標本』、ウェブサイト「京都大学」、ウェブサイト「京都大学工学部建築学科」、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area京都大学旧本部本館(百周年時計台記念館)   関連・周辺,relevance&surrounding area京都大学人文科学研究所分館  周辺,surrounding area  関連,relevance     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 京都大学旧建築学教室本館(総合研究15号館) 〒606-8317 京都市左京区吉田本町   
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光