大日寺跡 (京都市山科区)  
The ruins of Dainichi-ji Temple
大日寺跡 大日寺跡
50音索引,Japanese alphabetical order    ホーム,Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home

「大日寺跡」の石標


周辺の景観


周辺の水田
 勧修寺北大日町(かんしゅうじ きただいにち ちょう)の丘陵地には田畑などが広がる。その一角に、「大日寺跡(だいにちじ あと)」の石標が立てられている。
 この地には、平安時代初期-中期に、大日寺があったという。名刹として知られた。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代
前期、この地に大日寺が創建されたという。
 平安時代中期、寺は存在していた。
 天永-保安年間(1110-1124)頃、説話集に当寺が記されている。(『今昔物語集』巻15』)
 鎌倉時代中期頃、当寺が記されている。(『拾芥抄(しゅうがいしょう)』)
 近代、1936年頃、この地から、緑釉骨壺、土器、瓦などが発見された。正式な発掘調査は行われなかった。
 現代、1976年、京都洛東ライオンズクラブにより石標が立てられた。
◆大日寺 大日寺について、詳細は分かっていない。北大日町の地名は、当寺に由来するとみられている。
 平安時代初期に創建され、中期までは存在したとみられている。丘陵南斜面の2町四方に境内があったという。
 天永-保安年間 (1110-1124) 頃の説話集『今昔物語集』巻15に、当寺の「大日寺の僧広道往生の語」が収められている。『延喜式』主税上の「摂津国大日寺」とは当寺ともいう。鎌倉時代中期頃の『拾芥抄(しゅうがいしょう)』の諸寺部にも、当寺が記されている。
 1936年頃、この地から、緑釉骨壺、土器、瓦などが発見された。緑釉骨壺(高さ17.5㎝)(重文)は、平安時代初期の骨臓器であり、火葬後に埋納された。


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献 ウェブサイト「京都市 京都のいしぶみデータベース」、『京都市の地名』『山科の歴史を歩く』『昭和京都名所図会 6 洛南』


関連・周辺,relevance&surrounding area    周辺,surrounding area藤原胤子小野陵      関連,relevance      
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 大日寺跡 〒607-8237 京都市山科区勧修寺北大日町
50音索引,Japanese alphabetical order  ホーム,Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  ホーム,Home   top
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光