西念寺 (京都市山科区)  
Sainen-ji Temple
西念寺  西念寺
50音索引,Japanese alphabetical order    ホーム,Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home








 西念寺(さいねんじ)は、山号を紫雲山、院号は光明院という。 
 浄土宗知恩院末。本尊は阿弥陀如来像。
◆歴史年表 安土・桃山時代、天正年間(1573-1593)、創建されたという。「一心院末寺、同郷摂取院末寺、西念寺、恵南」とあり、境内は16間横9間、本堂は梁3間桁4間、藁葺だったという。(『元禄改帳』)。開基については、瑞蓮社方誉紫光西雲大徳ともいう。(『山科町誌』)。浄土宗鎮西派・知恩院末になる
 近世(安土・桃山時代-江戸時代)初期、竹鼻村には小寺院の「東堂」と呼ばれた円信寺、「中堂」の西念寺、「西堂」の地蔵寺があり、「竹鼻三ノ堂」と呼ばれていた。(『雍州府志』)
 近代、1868年、神仏分離令後の廃仏毀釈で、「竹鼻三ノ堂」のうち西念寺のみが残った。
 1938年、現在の本堂が再建される。
◆本尊 本尊「阿弥陀如来像」は、聖徳太子の丸木による作によるという。(『雍州府志』」)
◆地蔵 延命地蔵尊がある。
◆竹鼻三ノ堂 近世(安土・桃山時代-江戸時代)初期、竹鼻村には小寺院の「東堂」と呼ばれた円信寺、「中堂」の西念寺、「西堂」の地蔵寺があり、「竹鼻三ノ堂」と呼ばれていた。
 東堂は、江戸時代、寛文年間(1661-1673)に釈珂憶により再興された。
 西堂の開山は暁禅師であり、本尊の地蔵は聖徳太子作だったという。江戸時代、延宝年間(1673-1681)に、盤珪が再建した。足利尊氏の彫像があり、稲荷明神が祀られていた。
 近代、1868年、神仏分離令後の廃仏毀釈で、東堂、西堂は廃寺になった。(『雍州府志』)
 なお、境内南に「竹鼻三ノ堂」に因んだ「竹鼻堂ノ前町」の地名が残っている。
◆年間行事 お寺カフェ(毎月不定期金曜日)。


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
年間行事(拝観)などは、中止、日時・内容変更の場合があります。
参考文献 京都市の駒札、『雍州府志』、『京都山科 東西南北』


関連・周辺,relevance&surrounding area    周辺,surrounding area志賀直哉旧居跡    周辺,surrounding area護国寺     関連,relevance       

本堂

本堂 
 

鎮守社

手水舎
手水舎
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 西念寺 〒607-8089 京都市山科区竹鼻西ノ口町92 phone 075-581-0197  
50音索引,Japanese alphabetical order  ホーム,Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  ホーム,Home   top
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光