京都現役最古のマンホールの蓋 (京都市上京区)  
the oldest active utility hole cover in Kyoto
京都現役最古のマンホールの蓋 京都現役最古のマンホールの蓋
50音索引,Japanese alphabetical order   ホーム,Home 50音索引,Japanese alphabetical order   Home





右から「下水」と刻まれている。


「大正五年」とある。


【参照】京都市上下水道局のマンホールの一つ
 寺町今出川通西入ル、下塔段ノ町と常盤井殿町の間の路地角に、「京都現役最古」というマンホールの蓋が一つだけ残る。
◆歴史年表 詳細は不明。
 近代
、1916年、当マンホールの蓋が製造されたという。 
◆マンホールの蓋  マンホールの蓋には「下水」「大正五年(1916年)」と陽刻されている。丸と四角の地模様があり、丸の部分は穿孔されている。「京都現役最古のマンホールの蓋」とされている。詳細は不明。直径66.5㎝、鋳鉄製。
 なお、京都で最初にマンホールの蓋が製造されたのは1913年という。
 京都の下水道事業は、1894年の京都府会での下水改良基礎調査の建議に始まる。実際には財政難から、1930年に失業応急事業として着手された。1931年11月に竣工した。その後も、第二次世界大戦での中断を挟み事業は進められている。
 このマンホールの蓋の製造年は、行政の事業時期よりも早い。


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献 ウェブサイト「京都市のマンホール」、『京都大事典』、ウェブサイト「京都市上下水道局」


関連・周辺,relevance&surrounding area  周辺,surrounding area二条家邸跡   関連,relevance     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 京都現役最古のマンホールの蓋 〒602-0836 京都市上京区寺町今出川通西入ル
50音索引,Japanese alphabetical order ホーム,Home  top 50音索引,Japanese alphabetical order ホーム,Home  top
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光