望月玉泉居住地 (京都市中京区)  
The ruins of residence of Mochizuki, Gyokusen
望月玉泉居住地 望月玉泉居住地
50音索引,Japanese alphabetical order  ホーム,Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

「此辺画家 望月玉泉居住地」の石標
 室町通丸太町下ル西側に「此辺画家(このへん がか) 望月玉泉居住地(もちづき ぎょくせん きょじゅうち)」の石標が立てられている。
 この地に、江戸時代後期-近代の日本画家・望月玉泉の住居があった。
◆歴史年表 江戸時代後期-近代、望月玉泉(1834-1913)は、この地に住んだという。
 近代、 1930年、竹間教育会により石標が立てられた。
◆望月玉泉 江戸時代後期-近代の日本画家・望月玉泉(もちづき ぎょくせん、1834-1913)。京都生。父は日本画家・望月玉川(ぎょくせん、1794-1852)、望月派の祖・望月玉蟾(ぎょくせん、1693-1755)の4代目になる。子に玉渓がいる。父に画法を学び、御所造営などで御用画を描いた。1867年、パリ万国博覧会、1877年、内国勧業博覧会などで受賞した。1878年、幸野楳嶺(こうの ばいれい)らと京都府画学校の創設を建議した。1880年、画学校が開校になり東宗(大和絵)担当の教員になる。1904年、帝室技芸員になる。
 望月派、岸派、四条派を折衷した写実的な画風を確立した。作品に「雪中芦雁」など。
 墓は真如堂(左京区)にある。


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献 ウェブサイト「京都市 京都のいしぶみデータベース」、『京都大事典』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area  周辺,surrounding area   関連,relevance真如堂(真正極楽寺)     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 望月玉泉居住地 〒604-0001 京都市中京区道場町,室町通丸太町下ル西側
50音索引,Japanese alphabetical order ホーム,Home  top 50音索引,Japanese alphabetical order ホーム,Home  top
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光