小結棚町会所(公益財団法人放下鉾保存会) (京都市中京区)  
The Meeting place of Koyuidana-cho
小結棚町会所  小結棚町会所 
50音索引,Japanese alphabetical order    ホーム,Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home
 新町通四条上ルに小結棚町会所(こゆいだなちょう かいしょ) はある。公益財団法人「放下鉾保存会」が置かれている。
 町は、祇園祭の山鉾「放下鉾(ほうかぼこ)」 を出している。町屋の会所は、祇園祭町会所建築の典型とされている。
◆歴史年表 江戸時代、1849年、土蔵が建てられた。
 1867年、会所家が建てられた。
 現代、1979年-1981年、大修理が施される。
 1983年、6月、京都市指定有形文化財に指定された。
◆町会所 町会所は通りに西面して建てられている。江戸時代、1867年に会所家が建てられた。1849年に奥の土蔵が建てられている。1979年-1981年に大修理が施され、表構えが復元された。
 2階建てであり、各階に出入口がある。祭りの際に、土蔵の2階と会所家2階の裏縁の間には、長大な木製の渡廊が架けられる。このため、一階天井に廊下が収納されるようになっている。
◆放下鉾 「放下鉾(ほうかぼこ)」は、真木の中ほど「天王座」に放下僧(ほうかそう/ほうかぞう)の像を祀る。放下僧は、室町中期以後に現れた僧形の芸能者をいう。放下という曲芸、歌い歩きなどで人気を博した。田楽法師の流れがある。
 山鉾頭は、日・月・星三光が下界を照らす形を示している。形が洲浜に似ているため「すはま鉾」とも呼ばれる。
 かつては「生稚児」が乗っていた。1929年より、稚児人形に変わった。稚児人形は久邇宮多嘉王(1875-1937)より「三光丸」と命名された。山鉾巡行に際し、鉾上で稚児舞ができるように作られている。


*原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 京都市の駒札、ウェブサイト「放下鉾 | 山鉾について | 公益財団法人祇園祭山鉾連合会」、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area    周辺,surrounding area     関連,relevance祇園祭      
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 小結棚町会所(公益財団法人放下鉾保存会) 〒604-8223 京都市中京区小結棚町432,新町通四条上ル phone 
50音索引,Japanese alphabetical order  ホーム,Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  ホーム,Home   top
logo,kyotofukoh  © 2006- Kyotofukoh,京都風光