願徳寺宝菩提院跡・山城寺戸跡 (京都府向日市)  
The ruins of Gantokuji-hobotaiin Temple
願徳寺宝菩提院跡・山城寺戸跡 願徳寺宝菩提院跡・山城寺戸跡 
50音索引,Japanese alphabetical order    Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home



「願徳寺宝菩提院跡」の標柱


右上の四角内が願徳寺宝菩提院の寺域であり、中央の四角い点が湯屋跡になる。例慶公園は、境内の南西にあたる。左下に五塚原古墳がある。「向日市教育委員会 願徳寺宝菩提院跡」の説明板より。


【参照】菩薩半跏像、「向日市教育委員会 願徳寺宝菩提院跡」の説明板より


【参照】湯屋跡の発掘現場(向日市寺戸町西野)、大形竃跡には河原石が敷き詰められていた。「向日市教育委員会 願徳寺宝菩提院跡」の説明板より


「寺戸城跡」の表示柱


「寺戸城跡」の表示柱
 寺戸町古城(てらどちょう こじょう)の小さな例慶(れつけい)公園内に、「願徳寺宝菩提院跡(がんとくじほうぼたいいんあと)」標柱が立つ。その裏に「寺戸城跡(てらどじょうあと)」と書かれている。
 寺院は寺戸町の地名の由来になったという。
◆歴史年表 
飛鳥時代、679年、向日丘陵東麓(向日市寺戸)に寺院が創建された。第41代・持統天皇の夢告により、薬師如来を本尊としたという。天台宗の仏華山願徳寺と称し、付近の有力豪族の氏寺とされる。境内は南北800m、東西1300mの境内に伽藍がある大寺院だった。
 784年、長岡京遷都の頃、「京下の七寺」の一つとして、「長岡寺(ながおかでら)」と呼ばれたともいう。
 791年、山背国の諸寺の塔修理に際して修復される。
 810年、長岡寺は、第52代・嵯峨天皇の病気回復を祈願した。
 864年、本尊の薬師如来は、太秦・広隆寺に遷されている。
 平安時代、寺号は願徳寺と称されていた。徳のある願いによって建てられたことに由来するという。
 一時衰退する。
 平安時代後期、小川殿(東山区)の宝菩提院(東山三条小川)に住した平教盛の子・忠快が院と共に移り、中興したという。台密の中心的な寺院として隆盛した。
 平安時代-鎌倉時代、忠快弟子・承澄(しょうちょう)に継がれる。天台密教の秘法を行い、穴太流や西山派を生む密教大寺院になる。承澄は、第88代・嵯峨天皇の勅により寺領を再興し、薬師、地蔵尊を遷したともいう。
 鎌倉時代、1331年、元弘の乱で焼失した。その後、衰微する。
 鎌倉時代末期-南北朝時代、澄豪により中興される。平敦盛の小川殿にあった宝菩提院の本尊・地蔵菩薩を遷し、院号も移され宝菩提院願徳寺になる。宝菩提院が併設され、天台密教の道場になる。
 室町時代、1469年、応仁・文明の乱(1467-1477)の兵火により焼失する。
 安土・桃山時代、1571年、織田信長の元亀の乱の兵火により焼失する。
 天正年間(1573-1592)、再興された。
 江戸時代、1603年、徳川家康の加護を受け再興される。
 近代、明治期(1868-1912)、旧地(向日市)での発掘調査が行われている。
 1877年、衰微した。
 昭和期(1926-1989)に入り、荒廃が進む。
 現代、1962年、本尊の観音像、諸仏が勝持寺(西京区)に遷された。
 1964年、旧地(向日市寺戸町西野)の宝菩提院は廃寺になる。
 1973年、勝持寺東隣の現在地(願徳寺、西京区)に移転し、本堂と庫裏が再建された。
 1978年、旧地(向日市)での発掘調査が行われている。
 1996年、本尊などが勝持寺より願徳寺に戻される。
 2003年、旧地(向日市)の寺院跡地より湯屋(蒸し風呂)跡が発掘された。東大寺の湯屋より古く、平安時代前期、9世紀(801-900)以前のものとみられている。
◆遺跡 願徳寺の旧跡地(向日市寺戸町西野)での発掘調査により、飛鳥時代の瓦窯跡、 飛鳥時代の幢幡遺構、そのほかの時代の平瓦穴、幢干支柱、軒瓦、近世の塼仏池、中世-近世の柱穴・溝などが出土している。
 ◈願徳寺の旧跡地(向日市寺戸町西野)での発掘調査は、近代、1912年、大正期(1912-1926)以来行われた。心礎石、土器、瓦類などが発見されている。敷地は2町(200m四方)と推定されている。
 ◈「宝菩提院瓦窯」では、創建時の瓦を焼成しており、灰、灰原が出土した。「大衆院跡」(寺戸町西垣内)では、僧侶が生活した。平安時代、9世紀前半の井戸から雑器、食器が出土し「大膳」「寺」「供養」などと書かれていた。
 ◈2003年の向日市埋蔵文化財センターによる発掘調査(向日市寺戸町西野)では、平安時代初期(9世紀後半)の「浴場跡(湯屋遺構)」も検出された。鎌倉時代、1239年の東大寺の湯屋よりも古く、国内最古の遺構とされている。
 敷地は斜面地にあり、堀立柱(ほったてばしら)建物内(東西7.4m、南北2.7m)の東に、大形竃(かまど)跡(直径1.7m)が見つかっている。ほぼ完全な形で出土した釜場(湯釜)には、河原石が敷き詰められていた。竃は粘土を固めた半円形であり、ここに鉄釜を据え、湯が沸かされた。西か北に浴室があり、方形石敷遺構の上で「湯浴(ゆあ)み」が行われた。隣接して井戸、石(直径15㎝)を敷き詰めた排水溝跡も見つかっている。
 浴場は寺の僧侶が暮らした大衆院にあり、僧侶は、仏事法会の前にこの湯屋で心身を清めていたとみられている。僧侶だけではなく、一般にも開放されたとみられている。奈良時代の法隆寺の財産目録「流記資材帳」(746年)にある施設、釜場の規模などともほぼ一致していたという。
◆寺戸城 寺戸城の詳細は不明。例慶(れつけい)公園内北側に「寺戸城跡」の標柱が立つ。
 室町将軍直轄家臣団・西岡被官衆(西岡中脈衆)の一人、土豪・竹田氏の居城だった。築城年代は不明という。南北朝時代、1336年に、竹田掃部左衛門入道成忍が足利尊氏に与し、寺戸郷地頭職を安堵された。このため、竹田氏はこれ以前より寺戸に移住していたともいう。
 室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)では、1468年にこの地に東軍が陣取る。ただ、寺戸城主は野田氏だった。同年、西軍の泰忠ら西岡衆軍勢は、寺戸山(五塚原古墳?)の陣より、東軍の鶏冠井城を攻撃する。
 現在地の南に地名の「古城」、周辺には、「垣内」などが残されている。


*原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 向日市教育委員会の説明板、『京都・山城寺院神社大事典』『京都おとくに歴史を歩く』『昭和京都名所図会 6 洛南』『京都大事典』、ウェブサイト「京都府埋蔵文化財情報第122号 京都府埋蔵文化財調査研究センター」、ウェブサイト「京都府の城」、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺    周辺慶昌院    関連宝菩提院(願徳寺)    関連        
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 願徳寺宝菩提院跡・山城寺戸跡 〒617-0002 京都府向日市寺戸町古城 例慶公園内
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top
© 2006- Kyotofukoh,京都風光