後二条天皇 北白河陵 (京都市左京区)  
Imperial mausoleum of Emperor Gonijo
後二条天皇北白河陵 後二条天皇北白河陵
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home



「後二条天皇 北白河陵」の石標


後二条天皇 北白河陵



「邦良親王御墓」の石標

邦良親王御墓


 白川追分町(おいわけちょう)の京都大学構内の東端に、北白河陵(きたしらかわのみささぎ)がある。
 鎌倉時代後期の大覚寺統の第94代・後二条天皇(ごにじょう-てんのう)、その第1皇子・邦良親王(くになが-しんのう)が葬られている。
◆歴史年表 鎌倉時代、1308年、8月25日(新暦9月10日)、後二条天皇は二条高倉殿で亡くなる。8月28日、北白川殿で火葬にされ、その地を陵として埋葬されたという。
 1326年、3月20日(新暦4月23日)、邦良親王が亡くなる。
 その後、荒廃した。福塚(ふくつか)と称された。
 江戸時代、元禄年間(1688-1704)、幕府探陵で陵所になる。
 1864年、陵の修補が行われた。
◆後二条天皇 鎌倉時代後期の第94代・後二条天皇(ごにじょう-てんのう、1285-1308)。邦治(くにはる)。京都の生まれ。第91代・後宇多天皇の第1皇子、母は西華門院(せいかもんいん)源基子 (きし、内大臣・源具守[とももり] の娘) 。1286年、親王宣下を受けた。この頃、皇位は天皇家の持明院統、大覚寺統の間で争われていた。1298年、持明院統の第92代・伏見天皇に続き、その子・第93代・後伏見天皇が皇太子になる。大覚寺統の総帥・後宇多上皇は、大覚寺統内部での3派分裂の兆しがあり、鎌倉幕府に両統迭立(てつりつ)の法をたてさせた。上皇の意により、執権・北条貞時が調停に当たる。1301年、大覚寺統の邦治親王が践祚(せんそ、皇嗣が天皇の地位を受け継ぐ)し、後二条天皇(邦治親王)が即位した。大覚寺統に乗り換えた西園寺実兼の策謀があった。この時、5人の上皇がおり、後宇多上皇が院政を敷く。皇太子に、持明院統の富仁(とみひと)親王(第95代・花園天皇)が立つ。1302年、後二条天皇皇子・邦良(くによし)の親王宣下、後二条天皇弟・尊治の親王宣下も行う。1308年、大覚寺統の後継だった後二条天皇は、二条高倉殿で早世した。歌集に『後二条院御集』など。京都で没した。24歳。
 陵墓は北白河陵(左京区)にある。分骨所は後宇多天皇蓮華峰寺陵になる。
◆邦良親王 鎌倉時代後期の皇太子・邦良親王(くになが-しんのう、1300-1326)。惟善(これよし)、邦良(くによし)。京都の生まれ。第94代・後二条天皇の第1皇子、母は典侍・藤原宗子(むねこ)。永嘉門院瑞子女王に養われる。1302年、親王宣下を受けた。1308年、父・後二条天皇の急逝後、持明院統と大覚寺統の和議が成立した。祖父・後宇多上皇(第91代)は、邦良親王を大覚寺統の後嗣にし、中継ぎは次子・尊治親王(第96代・南朝初代・後醍醐天皇)にする。1318年、尊治は践祚(せんそ、皇嗣が天皇の地位を受け継ぐ)し、後醍醐天皇(尊治親王)が即位した。邦良親王は立太子し、次期天皇に予定された。その後、後醍醐天皇は皇位を離れず、邦良親王との確執が生じる。1324年、後宇多上皇の没後、対立は激化した。後醍醐天皇は、鎌倉幕府討伐を企て失敗する。(正中の変)。1326年、邦良親王は、即位することなく亡くなった。京都で没した。27歳。
 陵墓は北白河陵(左京区)にある。
◆陵形  ◈後二条天皇北白河陵は、封土の円丘(円墳)になる。南面する。周囲に空堀がある。
 
鎌倉時代、1308年8月25日(新暦9月10日)、後二条天皇は二条高倉殿で亡くなる。8月28日、北白川殿で火葬にされ、その地を陵として埋葬されたという。1326年、3月20日(新暦4月23日)、邦良親王が亡くなる。
 その後、荒廃した。福塚(ふくつか)と称された。江戸時代、元禄年間(1688-1704)、幕府探陵で陵所になる。 1864年、陵の修補が行われた。
 古墳は、古く「泓(ふけ)塚」と呼ばれた。「泓」とは、水が深くて広い意味がある。かつて、塚の周囲に水の淀みがあったという。
 「福塚」とも呼ばれた。「大福長者」と称された平安時代-鎌倉時代の公卿・藤原邦綱(ふじわら-の-くにつな、1181-1122)の墓と伝えられた。
 伝承がある。塚は、古く霊神が棲むとされ恐れられていた。吉田村の浪人が、人の制止も聞かず、墳上の葫菜(こな、ニンニク)を採ろうとして蛇に睨まれた。その夜、浪人は、発熱し悶死したという。(『山州名跡志』巻5)
  ◈邦良親王の墓は、北白河陵敷地内の西南に東面してある。小円墳になる。


88 後嵯峨天皇(在位:1242-1246)→89 後深草天皇(持明院統)(在位:1246-1259)→90 亀山天皇(大覚寺統)(在位:1259-1274)→91後宇多天皇(大覚寺統)(在位:1274-1287)→92 伏見天皇(持明院統)(在位:1287-1298)→93 後伏見天皇(持明院統)(在位:1298-1301)→94 後二条天皇(大覚寺統)(在位:1301-1308)→95 花園天皇 (持明院統)(在位:1308-1318)→96 後醍醐天皇(大覚寺統、南朝1) (在位:1318-1339)


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 『昭和京都名所図会 3 洛北』、『歴代天皇年号事典』、『京都大事典』、『歴代天皇125代総覧』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺  周辺  関連歴代天皇データ     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 後二条天皇 北白河陵 〒606-8224 京都市左京区白川追分町(おいわけちょう)
50音索引,Japanese alphabetical order Home  top 50音索引,Japanese alphabetical order Home  top
©2006- Kyotofukoh,京都風光