二条富小路内裏跡 (京都市中京区)
The ruins of the residence of Nijo-Tominokoji-Dairi(temporary palace)
二条富小路内裏跡 二条富小路内裏跡 
50音索引  Home 50音索引  Home

「二条富小路内裏址」の石標
 富小路通夷川下る西側に「二条富小路内裏址(にじょうとみのこうじ だいり あと)」の石標が立つ。
 鎌倉時代-南北朝時代、二条富小路内裏は、歴代天皇の皇居、里内裏として用いられた。
◆歴史年表 鎌倉時代中期、この地に公卿・西園寺実氏(1194-1269)の邸宅の一つ「冷泉富小路殿」が営まれた。
 1259年、閑院内裏焼失後、第89代・後深草天皇(1243-1304)の皇居となる。その後、上皇・天皇の御所として使われた。
 1306年、焼失し、その後、再建されなかった。
 1312年、鎌倉幕府から造内裏費用が献上される。平安宮内裏の殿舎に准じた里内裏「二条富小路内裏」が造営されたた。
 第95代・花園天皇(1297-1348)の時、西の方まで拡張された。後、20年にわたり内裏になる。
 第96代・南朝初代・後醍醐天皇(1288-1339)、南朝2代・光厳天皇(1313-1364)の内裏になった。
 南北朝時代、1336年、後醍醐天皇の建武新政(1333-1336)崩壊による戦乱で焼失した。
◆西園寺実氏 鎌倉時代中期の公卿・西園寺実氏(さいおんじ さねうじ、1194-1269)。父は西園寺公経(きんつね)、母は藤原能保(よしやす)の娘・全子。第82代・後鳥羽朝以下7朝に仕える。1221年、承久の乱後、1246年、鎌倉幕府の支持で父の後を受け、太政大臣になる。幕府指名により朝幕間の連絡交渉にあたる関東申次(もうしつぎ)に任じられる。娘を第88代・後嵯峨天皇、第89代・後深草天皇の中宮とし、外祖父となる。2皇子も即位した。出家し、常盤井入道相国と称した。従一位。
 詩歌、文章に秀で和歌は『新勅撰和歌集』以下に採られた。日記に「常盤井相国記」。
◆後深草天皇 鎌倉時代の第89代・後深草天皇(ごふかくさ てんのう、1243-1304)。常盤井殿、富小路殿。第88代・後嵯峨天皇の第3皇子。母は藤原きっ子(大宮院、太政大臣・西園寺実氏の娘) )。1246年、父の譲位を受け4歳で即位した。父が院政をしく。持明院統最初の天皇になる。1259年、父の意向により、17歳で同母弟の第90代・亀山天皇(大覚寺統)に譲位した。1287年、鎌倉幕府の斡旋により、子・煕仁(ひろひと)親王が第92代・伏見天皇に即位する。以後、院政をしいた。日記に「後深草院宸記」。墓は深草北陵(伏見区)にある。  *「きっ子」の「きっ」は「女+吉」
◆花園天皇
 鎌倉時代の第95代・花園天皇(はなぞの てんのう、1297-1348)。萩原法皇。第92代・伏見天皇の第3皇子。母は藤原季子(顕親門院)。第93代・後伏見天皇の異母弟。兄・後伏見天皇の猶子になり、1301年、皇太子、1308年、大覚寺統の第94代・後二条天皇の後に12歳で即位した。父、兄が院政をしく。鎌倉幕府の大覚寺統と持明院統の迭立案(文保の和談)に従い、1318年、大覚寺統の第96代・後醍醐天皇に譲位した。伏見上皇とともに持明院殿に住した。退位後、光厳天皇の養育を行う。信心深く、1335年、円観により出家、遍行と称した。宗峰妙超、関山慧玄に帰依し、大徳寺を祈願所とした。花園の萩原殿(妙心寺・玉鳳院の旧地)に居した。学問を好み、宗学を修める。和歌は京極派の一人、『風雅和歌集』を自撰した。日記に重要な史料『花園天皇宸記』がある。墓は十楽院上陵(東山区)にある。
◆後醍醐天皇 鎌倉時代-室町時代(南北朝時代)の第96代・南朝初代・後醍醐天皇(ごだいご てんのう、1288-1339)。第91代・後宇多天皇の第2子、母は談天門院藤原忠子。1302年、親王宣下。1304年、大宰帥、1308年、持明院統の第95代・花園天皇の皇太子に立つ。1318年、即位、1321年、親政を開始する。鎌倉幕府打倒計画、1324年、正中の変の失敗、引き続く倒幕計画、1331年、元弘の変の失敗により、京都を脱し笠置山に逃れた。1332年、隠岐島に流されたが脱し、1333年、挙兵、足利尊氏の協力により復権し、天皇中心の政治 「建武の新政」を行った。1336年、新政に失望した尊氏は離反し、武家政治の再興を図る。天皇は、吉野朝廷(南朝)を開き、以後、二つの朝廷が並立する 南北朝時代(1336-1392)になった。京都に戻ることなく吉野で亡くなる。 儀式典礼に詳しく、学問、和歌も好んだ。
◆光厳天皇 鎌倉時代-南北朝時代の北朝初代・光厳天皇(こうごん てんのう、1313-1364)。量仁(ときひと)親王。第93代・後伏見天皇の第1皇子。母は広義門院・藤原寧子。1326年、第96代・後醍醐天皇皇太子・邦良親王没後、鎌倉幕府の支持により皇太子となる。1331年、元弘の変後、即位し、父・後伏見上皇が院政をしく。1332年、後醍醐天皇の隠岐島配流、1333年、鎌倉幕府の滅亡後、後醍醐天皇は吉野に移り南北朝に分裂した。光厳天皇は廃され太上天皇(上皇)となる。建武新政後、足利尊氏は挙兵し、1336年、光厳上皇の院宣により朝敵を免れた。尊氏の政権掌握後、光厳上皇は、弟の北朝第2代・光明天皇を即位させ院政をしく。1348年、北朝第3代・崇光天皇にも院政をしく。1351年、第97代天皇・南朝第2代・後村上上皇は崇光天皇を廃した。1352年、光厳上皇ら北朝3代は南朝軍に拉致され河内、大和などに移され幽閉された。1342年、上皇は夢窓疎石に帰依、1352年、賀名生で出家した。河内の金剛寺に移り、孤峰覚明に帰依、1357年、帰京し伏見深草・禅庵金剛寿院に入る。1362年、巡礼に出る。最晩年、京北の常照皇寺で余生を送り山国陵に葬られた。塚には松柏のみを植えることを許した。天龍寺・金剛院に遺髪塔がある。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都 歴史案内』『京都大事典』


  関連・周辺       周辺      関連            
平安京オーバレイマップ
map  二条富小路内裏跡 〒604-0000 京都市中京区富小路通夷川下る西側(御所南小学校第二運動場前) 
50音索引  Home  top 50音索引  Home  top
 © 2006- Kyotofukoh,京都風光