三善清行邸跡  (京都市下京区)
The ruins of the residence of MIYOSHI Kiyoyuki
三善清行邸跡 三善清行邸跡 
50音索引  Home 50音索引  Home

「三善清行邸跡」の石標
 醒泉(せいせん)小学校敷地の西側に「三善清行邸跡(みよし きよゆき ていあと)」の石標が立つ。
 かつてこの地には、平安時代中期の学者・政治家・三善清行(みよし きよゆき)の屋敷があったという。清行は、出没する物の怪にも動じなかったとされる。
◆歴史年表 平安時代初期、付近に三善清行(847-918)の屋敷があったという。清行は古い寝殿造の家を買い求めて住んだ。
◆三善清行 平安時代中期の儒学者・官人・三善清行(みよし きよゆき/きよつら、847-918)。善相公。淡路守氏吉の3男、母は佐伯氏の娘。巨勢文雄(こせ の ふみお)に師事、873年、文章生(もんじょうしょう)、874年、得業生、881年、方略試を受け不合格となる。問頭博士は菅原道真だった。874年、文章得業生、大学少允(しょうじょう)。886年、少内記、887年、従五位下大内記となる。同年、第59代・宇多天皇が藤原基経に与えた勅書の文字「阿衡(あこう)」をめぐる「阿衡紛議」は、基経が権勢を天皇に認めさせるものだった。清行は、藤原佐世(ふじわら の すけよ)らに与し、橘広相(たちばな の ひろみ)・道真に対抗した。893年、清行は備中介(びっちゅうのすけ)となり、地方政治に関わる。中国伝来の辛酉(しんゆう)革命・甲子(かっし)革令を唱え、これらの年には政変があると説いた。900年、刑部大輔(ぎょうぶたいふ)、文章博士となり、右大臣・道真に「厄逃れ」のために辞職を勧め、「辛酉革命の議」を上奏した。901年、辛酉の年に当たり、道真の左遷後、延喜(えんぎ)に改元される。以後、60年毎に改元される。(964年以後は、甲子毎も)。大学頭(だいがくのかみ)となり、藤原時平らと延喜格式(きゃくしき)の編纂に加わる。914年、「意見封事十二箇条」を第60代・醍醐天皇に上奏した。中央の奢侈が地方を疲弊させているとして律令政治の再編を警世した。917年、参議・宮内卿。著『円珍和尚伝』。漢詩・漢文にすぐれ、陰陽道に通じた。
◆屋敷 三善清行は、五条堀川の辺にあった家を買い取り移り住んだという。物の怪が出る荒れた屋敷だった。『今昔物語集』90、「三善清行の宰相の家渡の語」には、これらの逸話が書かれている。古い5間の寝殿造であり、悪しき家とされ、久しく住む者もなかった。親族は清行が家に移ることを引き留めたが、清行は聞き入れなかった。
 清行が一人で眠ていると、夜半に天井の組入子(格子)毎に顔が現れた。清行が騒がずにいると、やがて顔は消えた。続いて板敷より、丈一尺(30㎝)ほどの者が、馬に乗り続き、西より東に40、50人ほど渡った。さらに、動じないでいると、塗籠(ぬりごめ)の戸より、座高三尺(90㎝)ほどの気高い女が現れた。口元を覆っていた扇を除けると、口は耳脇まで四五寸(13-15㎝)も切れ、牙も見えた。清行は騒がないため、塗籠の戸に入り消えた。
 明るい有明の月の下、今度は翁が文を携えて現れた。翁は、自分たちの住処を奪われた嘆きを清行に訴える。清之は、家は人から人へ移るものであり、人を住まわせないのは非道とし、鬼神とは道理を知るものと説いた。翁は恐れ入り、その後、恐ろしいことは止んだという。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都 歴史案内』『京都大事典』


  関連・周辺      周辺      関連         
平安京オーバレイマップ
map  三善清行邸跡 〒600-8488 京都市下京区篠屋町59,醒ヶ井通松原下る東側 醒泉小学校内
50音索引  Home  top 50音索引  Home  top
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光