真光院 〔萬福寺〕 (宇治市)
Shinko-in Temple
真光院  真光院
50音索引  Home 50音索引  Home


 萬福寺境内の北西端に塔頭・真光院(しんこういん)がある。  
 黄檗宗。
◆歴史年表 江戸時代
、1711年、悦峰道章(えっぽう どうしょう)が幻梅院を改めて創建した。
 1712年、幕府側用人・譜代大名の柳沢吉保の夫人・真光院の菩提所とされた。
◆悦峰道章 江戸時代の黄檗宗の渡来僧・悦峰道章(えっぽう どうしょう、1655-1734)。浙江省生まれ。1686年来日、長崎・興福寺住職。1694年独湛性瑩(どくたん しょうけい)の法嗣。1707年悦山道宗を継いで萬福寺8世。江戸で5代将軍・徳川綱吉に拝謁する。綱吉の側用人・大老格の柳沢吉保の帰依を受ける。1710年柳沢家家老・薮田重守に招かれ甲斐・永慶寺の開山。後に永慶寺は柳沢の国替に伴い大和郡山に移った。
◆曽雌定子 江戸時代の女性・曽雌定子(そし さだこ、1661-1713)。旗本・曽雌定盛の次女。母は曽雌定次の娘。1676年母方の親戚・柳沢吉保(保明)の正室。1702年江戸城大奥で将軍御台所・鷹司信子に異例の拝謁をする。別邸(現在の六義園)で没した。法名は「真光院殿海月映珊大師」。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都の禅寺散歩』『黄檗文化』



  関連・周辺萬福寺     周辺     関連          
真光院 〒611-0011 宇治市五ケ庄三番割34-1  0774-32-1370
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光