金台寺(金臺寺) 〔妙心寺〕 (京都市北区)
 
Kontai-ji Temple
金台寺 金台寺 
50音索引   Home 50音索引   Home




 妙心寺境内の北東に境外塔頭・金台寺(こんたいじ)がある。
 臨済宗妙心寺派、東海派。本尊に釈迦牟尼仏を安置する。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代中期、寛忠小僧都(906-977)による創建という。かつて東山・泉涌寺の末流として、池上金臺寺、池上寺(いけがみじ)と称されたという。
 後(年代不詳)、北山に移される。
 安土・桃山時代-江戸時代、僧・元昌喝食が住したという。
 安土・桃山時代、1576年、第106代・正親町天皇より再興の綸旨が下される。
 1591年、豊臣秀吉は、朱印100石を付与する。
 江戸時代、1607年、妙心寺131世・輝獄宗暾(きがく そうとん)が国泰寺(こくたいじ)と改め、開山1世になる。
 1637年、鳳台院(鳳臺院、ほうだいいん)と改める。妙心寺門外塔頭になる。
 近代、1876年、寺号、金台寺に復する。
◆寛忠 平安時代中期の真言宗の僧・寛忠(かんちゅう、906-977)。池上僧都。敦固(あつかた)親王の第3王子。祖父・寛平法皇(第59代・宇多天皇)のもとで出家。淳祐、寛空より灌頂をうけ、真言密教広沢流の法を嗣ぐ。960年、内供奉(ないぐぶ)、968年、律師、親王の子初の僧綱(そうごう)の職に就く。969年、権少僧都、東寺長者。
◆元昌喝食 安土・桃山時代-江戸時代の僧・元昌喝食(生没年不詳)。詳細不明。妙心寺58世・南化玄興(生没年不詳)の弟子という。
◆輝獄宗暾 安土・桃山時代-江戸時代の僧・輝獄宗暾(生没年不詳)。詳細不明。公卿・五条為康(1501-1563)の次男。東海派宗下、沢彦宗恩(生没年不詳)の法孫。妙心寺131世。
◆仏像 本尊は釈迦牟尼仏を安置する。
 右脇壇に菅原道真という十一面観音が安置されている。かつて北野社にあり、1868年の神仏分離令後の廃仏棄釈により当寺に遷された。


*非公開
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『妙心寺』『妙心寺 六百五十年の歩み』


  関連・周辺妙心寺(右京区)      周辺      関連          
金台寺 〒603-8354 京都市北区等持院西町64   075-462-4831
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光