豊光寺 〔相国寺〕 (京都市上京区) 
Hoko-ji Temple
豊光寺 豊光寺 
50音索引  Home 50音索引  Home










 相国寺の境内北西に塔頭・豊光寺(ほうこうじ)がある。 
 臨済宗相国寺派。 
◆歴史年表 安土・桃山時代、1599年、相国寺92世・西笑承兌(せいしょう じょうたい)が前年に亡くなった豊臣秀吉の追善のため創建した。
 江戸時代、1607年、徳川家康は豊光寺を訪れている。
 1608年、西笑没後、荒廃する。
 1788年、天明の大火で焼失する。
 近代、1882年、独園承珠(どくおん じょうじゅ)は子院・冷香軒を合併し、その客殿を移す。
 1883年、庫裡、玄関などを新築した。
 1886年、信徒・井上五郎兵衛の隠宅の寄付により書院として再建した。
◆西笑承兌 室町時代の臨済宗の僧・西笑承兌(せいしょう じょうたい、1548-1608)。相国寺承兌。山城の生まれ。幼くして出家、仁如集堯(にんじょ しゅうぎょう)に参じ、中華承舜の法嗣。1584年、相国寺92世、1585年、鹿苑院の僧録となる。南禅寺を経て再び鹿苑僧録に就く。豊臣秀吉、徳川家康の信を得て諸法度、外交文書起草、学問奨励策、寺社行政などに関わる。1592年、文禄の役後の講和交渉で、秀吉の前で明使からの冊封状を読み上げた。1600年、家康の命を受け上杉家との交渉に当たる。荒廃していた相国寺の中興の祖。著作に「異国来翰認」など。夢窓派。
豊臣秀吉 安土・桃山時代の武将・豊臣秀吉(とよとみ ひでよし、1537-1598)。小猿と呼ばれ日吉丸と称した。父は尾張国の百姓、織田信秀の足軽・木下弥右衛門、母は百姓の娘なか(天瑞院)。1551年、家出、後に今川氏の家臣・松下之綱、1554年、織田信長に仕える。1561年、浅野長勝養女・ねねと結婚し、木下藤吉郎秀吉と名乗った。戦功を重ね、1573年、小谷城主、羽柴姓と筑前守、信長の天下統一にともない西国転戦。1582年、備中高松城の毛利軍と戦いの最中に本能寺の変が起こり、和睦し軍を返し山崎で明智光秀を討つ。1584年、小牧・長久手で織田信雄、徳川家康の連合軍に敗れる。1585年、紀州根来と雑賀、四国・長宗我部元親を服した。関白に進む。1586年、聚楽第、広寺大仏造営に着手、太政大臣に進み豊臣の姓を賜わる。1587年、九州征討、聚楽第が完成する。1588年、第107代・後陽成天皇が聚楽第行幸、検地、刀狩を行う。1590年、小田原の北条氏直らの征討、朝鮮使を聚楽第に引見、1591年、利休を自刃させる。1592年、文禄の役を始め、甥の養子・秀次に関白職を譲り、太閤と称した。1593年、側室淀殿に秀頼が生まれると、1595年、秀次を謀反人として切腹させ、妻妾子女らも処刑した。1597年-1598年、朝鮮を攻めた慶長の役に敗れ、伏見城で亡くなる。没後、豊国廟に豊国大明神として祀られた。
◆荻野独園 江戸時代後期-近代の臨済宗の僧・独園承珠(どくおん じょうじゅ、1819-1895)。荻野独園(おぎの どくおん)。備前生まれ。地元の掌善寺で13歳で出家、豊後の帆足万里に儒学を学び、相国寺の大拙承演(だいせつ じょうえん)、越渓守謙に師事。師没後、心華院(大光明寺)に移る。1870年、相国寺126世。1872年、新政府、東京での教部省教導職、増上寺大教院の大教正に任じられ、臨済宗・曹洞宗・黄檗宗の総管長を兼務した。神道国教化の大教宣布に反対した。1872年、相国寺に戻り、南九州などの寺院再建に尽くした。境内の一部を同志社英学校の用地にあてることを認めた。伊達千広、山岡鉄舟らと親交した。相国寺・豊光寺で亡くなる。
◆建築 山門は平唐門で、桃山期か江戸時代初期の建立という。柱が側面の蟇股まで延び、平安時代以来の古様式を伝えている。
◆文化財 荻野独園の著した「禪林僧寶傳」、「遺偈」(承天閣美術館預)。
 玄関に富岡鉄斎(1837-1924)筆「善隣」の扁額がある。
◆退耕塔 1899年、有志により荻野独園の「退耕塔」が建てられた。碑文は富岡鉄斎による。
◆樹木 タラヨウがある。
 

*非公開
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都の禅寺散歩』、当寺サイト、『京都 神社と寺院の森』



  関連・周辺相国寺      周辺      関連          
 豊光寺 〒602-0898 京都市上京区相国寺門前町  075-211-0453
50音索引  Home  50音索引  Home 
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光