愛染院 (京都市左京区) 
Aizen-in Temple
愛染院 愛染院 
50音索引  Home 50音索引  Home

「大聖歓喜天尊 愛染院」の石標

 岩倉幡枝の住宅地、山を背にして愛染院(あいぜんいん)はある。寺号は、本尊に愛染明王を安置することから呼ばれている。 
 真言宗智山派、本尊は愛染明王。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 かつて、六角堂(頂法寺)の塔頭であり、その東(中京区六角通東の洞院西入ル堂の前町)にあった。当初は天台宗に属した。
 近代、1868年、頂法寺より分離独立する。
 現代、1997年、現在地に移転する。
◆仏像 本尊の「愛染明王坐像」は鎌倉時代作になる。
 十一面観音立像、大日如来像、弘法大師、大黒天、歓喜天などが安置されている。
 収蔵庫に安置の「十一面観音立像」(重文)(167.5㎝)は、旧護摩堂の本尊だった。平安時代、10世紀作という。豪華な宝冠を載せ、顔は角張る。瞼は重く、鼻は据わり、唇も厚い。右手をほぼ垂直に下げ、左手に宝瓶をしっかりと握る。体躯は全体的に直線的で重量感があり、矮躯になる。腰部の衣文は翻波式衣文が見られる。光背・台座は後補による。木造、一木造、古色。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都大事典』『昭和京都名所図会 5 洛中』『仏像めぐりの旅 4 京都 洛中・東山』 



  関連・周辺      周辺      関連     

「大楽山」の扁額
愛染院 〒606-0015 京都市左京区岩倉幡枝町1035   075-711-2014 
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光