光林寺 (京都市下京区)
Korin-ji Temple
 光林寺   光林寺
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home





「太祇居士墓 四明翁句碑 当寺内に在り」の石標



本堂





庫裏
 光林寺(こうりんじ)境内には保育園が併設されている。山号は慶照山という。
 浄土宗西山禅林寺派、本尊は阿弥陀如来。
 洛陽四十八願所地蔵めぐり(京都四十八願寺)の第2番札所、札所本尊は水那上地蔵(みながみじぞう)。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 年代不明、僧・法空の開基によるという。
 江戸時代、寛文年間(1661-1673)、第112代・霊元天皇の命により、僧・宝山が洛外・六地蔵以外の48か寺の地蔵尊を選んだ洛陽四十八願所の霊場の一つになる。
 1788年、天明の大火後、堂宇が再建された。
◆炭太祇 江戸時代中期の俳人・炭太祇(たん/すみ-たいぎ、1709-1771)。江戸の生まれ。別号は水語、宮商洞、三亭、不夜庵、徳母、法号は道源。雲津水国(くもつ-すいごく)に俳諧を学ぶ。1734年、水国が没し、慶紀逸(けい-きいつ)に学び、江戸座の宗匠になった。1751年、奥羽を行脚し、手習師匠兼業の宗匠になった。1752年、五雲とともに九州、京都に戻り住みつく。1753年、大徳寺・真珠庵に入り、道源と名乗る。1754年、京都・島原遊郭内に「不夜庵」を営み、妓楼主人・俳人・桔梗屋呑獅(どんし) 、妓楼主人、遊女に俳諧を教えた。1756年、江戸へ帰省している。晩年、与謝蕪村とも交わる。句集『太祇句選』 (1768) 、『太祇句選後編』 (1777) 、編著『都のつと』 (1752) 。63歳。
 墓は光林寺(下京区)にある。「不夜庵太祇墓」と刻まれている。
◆中川四明 江戸時代後期-近代の俳人・中川四明(なかがわ-しめい、1849-1917)。名は勇蔵、登代蔵、字は重麗、号は紫明、霞城、霞城山人など。京都の生まれ。下田耕作の次男、中川重興の養子。京都中学に学ぶ。教員、日本新聞、京都中外電報、大阪朝日新聞などを経て、1896年、知恩院楼門前の茶店で水落露石らと「京都満月会」を興す。1904年、俳誌『懸葵(かけあおい)』を刊行した。編著『俳諧美学』、句集『四明句集』など。68/69歳。
 光林寺(下京区)に句碑が立つ。墓は高山寺(右京区)にある。
◆本尊 本尊の「阿弥陀如来」は、平安時代前期の僧・恵心僧都(源信、810-869)作という。
◆句碑 近代の俳人・中川四明(1849-1917)の句碑がある。「同じ寺の 土になる身と 薪折で」。句碑は中川が俳人・太祗を偲び立てた。
◆墓 江戸時代の俳人・炭太祇、江戸時代の儒医・松田正禎、江戸時代の儒者・三浦桂居などの墓がある。 
 江戸時代の医師・松川理三の墓誌は頼山陽(1781-1832)の文による。
 頼山陽のえい髪塚がある。「山紫水明居士」と刻まれている。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都市の地名』、『京都歴史案内』、『旧版 京のお地蔵さん』 、ウェブサイト「コトバンク」  


関連・周辺  周辺  関連島原    
光林寺 〒600-8383 京都市下京区綾大宮町39,綾小路通大宮西入ル南側   075-841-2124
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光