表記について
表記について 表記について
50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Home 50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Home
 当ウェブサイト内の表記について記述します。

ページ ページ(ファイル)数は、 2000ほどあります。番号は無作為であり、変更する場合もあります。欠番については、作成中か削除したファイルです。
 コンテンツのカテゴリは、大別して市内・市外のそれぞれ神社、寺院、そのほか史跡関連の3種に分類されます。
 原則として、項目は1ページ内に記述するようにしています。

記述 記述は、独自のカテゴリに沿って行っています。
 時系列に記述し、本史につながる前史、近年の事項についても記述するようにしています。
 経緯などついて諸説ある場合も多く、その際には併記しています。関連事項など多岐にわたる記述をしています。他のページに関連する事項リンクを行っています。
 不定期ですが、内容の更新を続けてます。全面的な改定も行っています。

用語 現在では使われない用語も、歴史的な事実を示すものとして使用している場合があります。
 適宜、全サイトを通じて用語の統一を行っています。用語の見直しを行っています。

時代区分 時代区分は概要として一応次のようにしています。
 縄文時代(12000年前-紀元前3世紀頃)、弥生時代(紀元前3世紀-3世紀中後期)、古墳時代(3世紀中後期-7世紀前半)、飛鳥時代(507-710)、奈良時代(710-794)、平安時代(794-1185)、鎌倉時代(1185-1333)、南北朝時代(1333-1392)、室町時代(1392-1573)、安土・桃山時代(1573-1603)、江戸時代(1603-1868)、近代(1868-1945)、現代(1945-)としています。
 ただ、重複期間もあり厳密ではない場合もあります。
 長期にわたる時代は、前期、中期、後期と分けて記しています。古代(奈良時代-平安時代)、中世(鎌倉時代-室町時代)、近世(安土・桃山時代-江戸時代)などを用いている場合もあります。
                    ↗
年号 原則として西暦に換算しています。一部、元号も併記しています。西暦で統一したのは、煩雑さを避けるためです。
 月日については、近代以前は太陰暦、近代以後は太陽暦になります。太陰暦、太陽暦の混在は、単純に正確な月日が判明しないと、太陽暦に換算できないためです。混乱を避けるために、新暦、旧暦と併記している場合もあります。
 なお、年号は確定していない場合も多々あり、その際には併記するようにしています。

数値 各種数値、データについて確定していない場合も多く、出典により誤差があります。その際にはなるべく併記するようにしています。

文献 参考・参照文献についてはこちらで、著作物の出所の明示を記述しています。各ページにも簡易な表記するように心がけています。
 当サイトは論文ではないため、論文などに求められる引用の原則には対応していません。ただ、全文の引用の際には、これらの原則に従っています。
 近年では、各種ウェブサイトのデータベースも充実してきており、参考にするようになりました。それらも、参考文献として表記するようにしています。

検索 グーグルカスタムの全文検索が利用できます。各種検索条件に対応しています。ただ、更新がすぐに反映されていません。また、現時点ですべてのページを検索することは不可能なようです。
 なお、目的の事項を探すには、サイト内検索、50音索引、地域などを利用して到達できることもできます。

地図 地図についてはオリジナルで、グーグルを使用しています。大規模な社寺については、建造物、史跡についても表記しています。また、徐々に地図の全面的な改定も行っています。
 一つのカテゴリによる関連した地図も作成しています。

変更 日常の更新は不定期に行っています。
 記述内容の全面的な書き換え、ファイル自体の削除の可能性もあります。
                 
50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Hometop 50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光