北野廃寺跡 (京都市北区)
ruins of Kitano-haiji Temple
北野廃寺跡 北野廃寺跡
   Home    Home

【参照】北野白梅町交差点東、北側にある「北野廃寺跡」の石標


【参照】北野廃寺跡出土の仏頭(京都市考古資料館-京都市埋蔵文化財研究所蔵)


【参照】北野廃寺跡出土品(京都市考古資料館-京都市埋蔵文化財研究所蔵)

【参照】北野廃寺跡出土の軒丸瓦(京都市考古資料館-京都市埋蔵文化財研究所蔵)
 北野白梅町の交差点に、「北野廃寺跡」の小さな石標が立てられている。
 北野廃寺は、飛鳥時代に創建されたといわれる。京都最古の寺とされ、かつては一帯に広大な寺域を有していた。蜂岡寺(本広隆寺)の候補地とみられている。飛鳥時代の寺院跡としては京都市内唯一になる。
◆歴史年表 創建の詳細は不明。
 飛鳥時代、蜂岡寺(本広隆寺)は、秦河勝の創建により、厩戸王(うまやどのおう、聖徳太子)から贈られた仏像を安置した。後に、 太秦に遷された。
 奈良時代、796年、「野寺」は七大寺と野寺に新銭を奉納したと記されている。(『日本後紀』、同年条) 
 平安時代初期、820年、野寺(常住寺)の名がある。(『日本後紀』)
 9世紀(801-900)後半、大伽藍(塔、金堂、講堂、鐘楼、経蔵、歩廊、中門、西南別院)が建ち並んでいた。
 858年、野寺は焼失した。
 884年、野寺は焼失している。
 室町時代、野寺は廃寺になる。
 近代、1936年、市電西大路線敷設に伴い、最初の発掘調査が行われる。大規模な瓦包含層が見つかる。
 現代、1958年、発掘調査が行われ、大量の瓦などが検出される。
 1965年、瓦積基壇が発掘される。
 1974年、1975年、溝状遺構が発掘された。
 1977年、平安時代前期の「鵤室(いかるがむろ)」と墨書された灰釉陶器が検出される。
 1979年、平安時代前期(9世紀)の「野寺」と墨書された土師器が見つかる。
◆北野廃寺 近代、1936年の発掘調査により、北野白梅町交差点の北、20m、50m地点で瓦の堆積層(飛鳥時代-平安時代)が検出された。京都市内最古の寺院跡とみられている。
 その後の調査により、交差点を中心として、225m四方の寺域があったとみられ、中心には瓦積基壇も見つかっている。講堂とみられる建物は、東西4間、南北2間以上の規模があったと推定された。また、南西に飛鳥時代-平安時代の窯窯4基、平安時代の平窯2基も発掘されている。
 寺名については「野寺(のでら、常住寺)」とも、「蜂岡寺(本広隆寺)」ともいわれ、現在も確定していない。このため「北野廃寺」と呼ばれている。
 野寺は、平安時代初期に存在 したとみられている。第50代・桓武天皇が平安遷都に際して、平野神とともに本尊・薬師如来を安置して建立した。「平安十五寺」の一つに数えられる。平安時代、858年に失火した。884年に落雷により焼失する。復興後、室町時代初期に廃寺になった。
 蜂岡寺は、飛鳥時代、秦河勝の創建により、厩戸王(うまやどのおう、聖徳太子)から贈られた仏像を安置した。後に、 太秦に遷された。
 その後の調査により、現代、1958年に飛鳥時代の十葉素弁蓮華文軒丸瓦が発見された。1963年の岩倉の瓦窯(左京区岩倉幡枝、国立京都国際会館付近)の「幡枝窯址」の発掘により、ここで創建時の瓦が焼かれていたことが確認された。1977年、北野白梅町で平安時代時代の「鵤室(いかるがむろ)」と墨書された灰釉陶器も検出され、厩戸王(聖徳太子)に関わる蜂岡寺跡の可能性も高まった。また、1979年に発掘された9世紀の土師器には「野寺」と墨書され、野寺との関わりも否定されていない。
 なお、近年の考古学的な調査結果によると、広隆寺は、厩戸王(聖徳太子)時代より現在地を離れていないことが確実視されている。
◆幡枝窯址 1963年の現在の国立京都国際会館建設に伴う発掘調査で、窯址1基が発掘された。
 飛鳥時代、7世紀前半の「窖窯(あながま、登り窯)」であり、傾斜地の地面に穴を掘り抜いて造られた。同一の窯に瓦と須恵器があり「瓦陶兼業」と呼ばれた。ただ、須恵器は窯道具の一種として用いられたとみられている。
 この窯で、北野廃寺で使われた瓦を製造している。窯址は保存されなかった。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『飛鳥白鳳の甍 京都の古代寺院』『日本の古代遺跡28 京都Ⅱ』『京の古代社寺 京都の式内社と古代寺院』『京都・山城寺院神社大事典』『京都の歴史を足元からさぐる 洛北・上京・山科の巻』『昭和京都名所図会 4 洛西』『まなびすと vol.31』


関連・周辺      周辺     関連広隆寺         
平安京オーバレイマップ
北野廃寺跡 京都市北区北野下白梅町周辺、北野白梅町交差点東北 
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光