宥清寺 (京都市上京区)
Yusei-ji Temple
宥清寺 宥清寺 
  Home   Home






 宥清寺(ゆうせいじ)は、本門仏立宗の根本道場で本山となっている。山号は青柳山という。 
 本門仏立宗大本山、本尊は十界大曼荼羅。
 日蓮宗京都16本山の一つ。
◆歴史年表 鎌倉時代、1308年、日蓮の直弟・日弁(にちべん)が、藤原定家旧邸(二条西洞院、中京区)に青柳山本門寺を建立したのを前身とする。京都における日蓮門下最初の寺院となる。
 室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)により、丹波国亀山に移転する。
 安土・桃山時代、1599年、京都へ帰洛する。
 江戸時代、1694年、天台宗の宥清寺(上京区下堅町)を改め、山号を青柳山と称した。日蓮宗の妙蓮寺の末寺となる。
 1863年、日耀以後、寺は荒廃する。
 近代、1869年、日扇が入寺し、仏立講根本道場となる。
 1933年、現在地に根本道場を建て、宥清寺を移した。
 現代、1946年、本門仏立宗を創立し、大本山となる。
◆日弁 鎌倉時代の僧・日弁(にちべん、1269-1311)。駿河に生まれた。駿河・真言宗滝泉寺に学ぶ。日蓮、日興に学び改宗した。1289年、幕政に関わった北条久時を折伏して上行寺を創立する。1308年、宥清寺創建に際しては、鎌倉時代初期の公家で歌人・藤原定家の末孫の禅僧・日寿を折伏し、定家旧邸を寺とした。1311年、法論折伏を逆怨みした暴徒により暗殺された。
◆日扇 江戸時代末-近代の日蓮宗八品派の僧・日扇(にっせん、1817-1890)。長松清風(ながまつ せいふう)、本門仏立講開導(ほんもんぶつりゅうこうかいどう)。京都の商家に生まれた。書画・詩歌、儒学・国学に通じた。1845年、本門法華の信仰に入り、1848年、出家。宗門に絶望し、在家信者の八品講(はっぽんこう)運動に関わる。1855年、還俗。1857年、大津追分・八昌寺で日本初の在家仏教教団・本門仏立講を創設する。1868年、切支丹の疑いで捕らえられる。1869年、北野の宥清寺を借り、仏立講根本道場とする。1872年、政府の命で「本門仏立講講旨」を制定、再度捕らえられた。1878年、修行の行軌(ぎょうき)「妙講一座」を制定する。1883年、退隠した。
◆木像 「木造日蓮坐像」(重文)は、鎌倉時代の作で、像高47.6cm、日蓮の肖像彫刻としては最古という。非公開。
 日法が刻し、日蓮自ら開眼、日弁により上総・鷲山寺より遷されたものという。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『日本の名僧』『京都歴史案内』『京都大事典』


   関連・周辺     周辺     関連        

本堂

納骨堂


日蓮像

ウメ

シダレザクラ
宥清寺 〒602-8336 京都市上京区滝ケ鼻町1005-1,一条通七本松西入る北側   075-602-8336
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光