市川神社・椙杜 (京都市右京区)  
Ichikawa-jinja Shrine
市川神社 市川神社
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home





本殿


稲荷社

 太秦椙ヶ本町(うずまさ すがもとちょう) の住宅地の一角に、小社の市川神社(いちかわ じんじゃ)がある。旧市川村の産土神になる。
 祭神は 速秋津日子神(はやあきつひこのかみ )、速秋津比売神(はやあきつひめのかみ) の男女一対の2神を祀る。穢(けがれ)を祓い、水戸(みなと/みずと、港、水の出入りする門口)の神になる。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 年代不詳、大堰川(桂川)は度々氾濫した。渡来系の秦氏は、一帯の治水灌漑工事を手掛ける。その後、水に関係する2神が守り神として祀られたという。社は常に泥沼の中にあり、洪水時にはあたかも水の上に浮かんでいるようだったという。
 平安時代、871年、山城国澄水(しみず)の神とともに、当社は従五位下の神位に叙せられた。当社は、それ以前に祀られていたとみられている。(『三代実録』)
 近代、大正期(1912-1926)、ご神木の大杉が落雷により枯死した。
 現代、昭和期(1926-1989)中期、現在の社殿が建てられた。
◆椙杜・ご神木 一帯には、かつて「椙杜(すがのもり)」と呼ばれる森が広がっていた。広隆寺牛祭の祭文にも「榎本 椙本」とある。
 境内中央東南角には、かつて、ご神木の大杉があり、注連縄が張られていた。幹回りは大人5人が手を広げて繋いだ太さがあり、高さは30mあった。
 近代、大正期(1912-1926)に落雷あり、その後、枯死している。
◆三王社 「三王社(山王社)」は、山王権現を祀る。かつて、太秦村小字大石中里にあり、その後、当社に遷され合祀された。
 木島神社(右京区)の祭礼では、五社の鉾の2番になる。
◆末社 末社・稲荷社がある。
◆建築 祠の本殿、末社・稲荷社、神輿蔵、神明鳥居がある。
年間行事 例祭(子供神輿の渡御がある。)(10月10日前後の日曜日)。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*年間行事(拝観)などは、中止、日時・内容変更の場合があります。
*参考文献 当社由来(案内板、『昭和京都名所図会 4 洛西』


関連・周辺  周辺   関連     

エノキ
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 市川神社 〒616-8126 京都市右京区太秦椙ケ本町10-8
50音索引,Japanese alphabetical order Home  top 50音索引,Japanese alphabetical order Home  top
© 2006- Kyotofukoh,京都風光