地蔵院 (京都市北区杉坂) 
Jizo-in Temple
地蔵院 地蔵院 
 Home  Home

手島右卿(てしま ゆうけい、1901-1987)書





 山間の杉坂川のたもとに、「桃源山」と山号を刻んだ巨大な石碑が立つ。地蔵院(じぞういん)は、証空ゆかりの寺になる。 
 浄土宗西山禅林寺派の寺院。永観堂の末寺。本尊は阿弥陀如来。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 鎌倉時代、西山証空上人が法然のもとで23年間修行した。その頃に創建されたものという。
 近代、1897年以降、下宿の地蔵院をこの地に移したという。
◆証空
 平安時代-鎌倉時代の僧・証空(しょうくう、1177-1247)。善恵房証空。鑑知国師、西山国師。加賀・源親季の子、久我通親の猶子。1190年、14歳で出家、浄土宗開祖・法然の弟子となる。以後、法然臨終までの23年間師事した。日野の願蓮に天台学、政春に台密を学ぶ。1212年、法然の死去により、善峯寺中尾・蓮華寿院に入り、やがて道覚法親王に譲り、北尾往生院(三鈷寺)に移った。1227年、嘉祿の法難に際して流罪を免がれる。1229年、奈良・当麻寺の「観経曼陀羅」に感得した。1243年、第88代・後嵯峨天皇の勅により、歓喜心院を創建する。宮中で度々講じ円頓戒を授与した。白河・遣迎院で亡くなる。門弟により遺骸は西山三鈷寺の華台廟に葬られた。建立した主な寺院は、西山善峯寺北尾往生院、歓喜心院、浄橋寺、遣迎院などがある。浄土宗西山義の派祖。
◆仏像 本尊は阿弥陀如来を安置する。
 左脇壇の厨子内に納められた地蔵菩薩立像(84㎝)は、惟喬親王の念持仏だったという。ほかに、毘沙門天は弘仁仏という。不動明王、弘法大師像も安置されている。
◆文化財 1869年に廃寺になった明王寺の什宝の一部が当寺に移された。
 額は宝鏡寺宮の筆という。
◆山頭火 境内には山頭火「音はしくれか」の句碑がある。種田山頭火(たねだ さんとうか、1882-1940)は自由律俳句で知られる。
文化財 近代、1869年、真言宗の明王寺が廃寺になる。古文書の一部が当寺に移された。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『事典 日本の名僧』『京都発見三 洛北の夢』


  関連・周辺      周辺道風神社     関連         


山頭火句碑「音はしくれか」

杉坂道風町
 地蔵院  〒601-0113 京都市北区杉阪道風町102 
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光