旧京都帝国大学基督教青年会会館(京都大学YMCA会館) (京都市左京区)  
Former Kyoto empire University christianity young man society Hall
旧京都帝国大学基督教青年会会館 旧京都帝国大学基督教青年会会館
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

南側


南側


南側


南側


南側、「京都大学YMCA会館」の銘鈑


南側、「地塩寮」の銘鈑


南側、「登録有形文化財」の銘鈑


南側、正面玄関


南側、正面玄関


南側、正面玄関


南側、正面玄関


南側


南側


南側、軒


南側


南側


南側


南側




東側


東側


西側


京都府立医科大学YMCA橘井寮




京都府立医科大学YMCA橘井寮


京都府立医科大学YMCA橘井寮
 旧京都帝国大学基督教青年会会館(きゅう-きょうとていこくだいがく-きりすときょう-せいねんかいかん)は、東一条通に面して建つ。現在は、京都大学YMCA会館と呼ばれている。
 ヴォーリズの設計により、現存最古級、大学YMCA会館の現存最古例になる。
◆歴史年表 近代、1914年、旧京都帝国大学基督教青年会会館は竣工した。
 現代、1999年、7月、国の登録有形文化財に登録される。
 2003年、9月、京大YMCA発足100周年記念事業として、改修工事が行われている。
ヴォーリズ 近現代のキリスト教伝道者・社会事業家・建築家 ・ヴォーリズ・ウィリアム・メレル(Vories William Merrell,1880-1964)。本名は一柳米来留(ひとやなぎ-めれる)。アメリカ合衆国カンザス州生まれ。父はジョン・ヴォーリズ、母はジュリア・ヴォーリズの長男。 1888年、8歳で転地療養のために、アリゾナ州フラグスタッフへ移る。絵画と音楽とに親しむ。1896年、コロラド州デンバーに転居した。1900年、イースト・デンバー高校卒業、コロラド大学入学した。YMCA活動を始める。1902年 、カナダ・トロントの「海外伝道学生奉仕団(SVM)」第4回世界大会にコロラド大学代表として出席し、ハワード・テイラー女史の講演に感銘を受けた。建築家の夢をあきらめ外国伝道を決意する。1904年、コロラド大学哲学科を卒業し、コロラドスプリングスYMCAの主事補になる。1905年、来日し、滋賀県県立商業学校(現・滋賀県立八幡商業高校)英語教師として着任した。日本初の中等学校YMCAを創立する。1907年、最初の設計になった八幡キリスト教青年会館(八幡YMCA)が落成する。キリスト教伝道の理由で教師解職になる。The Omi Mustard Seedを創刊した。 1908年 、 京都三条YMCAの一室に、建築設計監督事務所(現在の一粒社ヴォーリズ建築事務所)を開業する。1910年、建築家・レスター・チェービン、吉田悦蔵と「ヴォーリズ合名会社」を設立した。1911年 、 近江ミッションを結成した。本格的な伝道活動を開始する。1912年、『湖畔の声』を創刊した。1914年、メンソレータム社の創業者 A.A.ハイドの支援で、琵琶湖の伝導船「ガリラヤ丸」が進水し、各地に教会を設立する。1918年、 「近江基督教慈善教化財団(現在の公益財団法人近江兄弟社)」を設立し、理事長に就任した。日本初の結核療養所「近江療養院(近江サナトリアム、現在のヴォーリズ記念病院)」を開院する。1919年 、子爵・旧小野播主・一柳末徳(ひとつやなぎ-すえのり)の3女・満喜子と結婚した。1920年、ヴォーリズ合名会社を解散し、「近江セールズ株式会社(現在の株式会社近江兄弟社)」を設立する。メンソレータム(現在の近江兄弟社メンターム)を販売開始した。1922年、私立清友園幼稚園(現在の学校法人ヴォーリズ学園)を設立する。1930年、母校コロラド大学よりLLD(名誉法学博士号)を受ける。同志社大学社友に推薦された。1931年、外皮用薬八幡工場(現在の近江兄弟社工場)が完成する。1933年、近江勤労女学校を設立した。1934年、 近江ミッションを近江兄弟社と改称した。1941年 、日本国籍を取得し、一柳米来留と改名する。京都帝国大学、同志社大学などで教え、1942年、東京帝国大学講師を勤める。戦時中は軽井沢で過ごした。1945年 、マッカーサー元帥と近衛文麿元首相との会談実現のために尽力する。1947年、 近江兄弟社小学校、中学校、1948年、高等学校を開設した。1951年、社会公共事業に対する功績により藍綬褒章を受ける。1957年 、軽井沢で倒れ、近江八幡の自宅に帰り、療養生活に入る。 1958年、近江八幡市名誉市民第1号に推される。1960年 、日米修好通商百周年に功労者として顕彰を受ける。1961年 、建築部門は独立し、「一粒社ヴォーリズ建築事務所」が設立される。黄綬褒章を受けた。1964年、亡くなる。正五位勲三等瑞宝章を受ける。著『吾家の設計』『失敗者の自叙伝』など。83歳 。遺骨は近江兄弟社霊園恒春園(近江八幡市)に眠る。
 伝道の一環として多岐にわたる活動を行う。建材・オルガン輸入、保育施設、幼稚園から高等学校の教育活動、図書館運営、出版、建築(住宅、学校、教会、デパート、ホテルなど)は幅広く手がけた。主な設計作品に、第1作の近江八幡YMCA会館(1906)、大丸心斎橋店本館(1922)、駒井家住宅(1927)、関西学院大学の建物群(1929)、神戸女学院の建物群(1933) (重文)、豊郷小学校(1937)など数多い。
◆建築 ◈旧京都帝国大学基督教青年会会館は、近代、1913年に竣工された。ヴォーリズ合名会社の設計による。ヴォーリズ設計としては初期の作風が見られる。現存最古級、大学YMCA会館の現存最古例になる。
 南面して建つ。煉瓦造で、外壁をモルタル塗り仕上げにしている。ハーフティンバー風(テンバーは木材であり、柱・梁・筋違などの骨組みを外に見せ、その間に煉瓦などを充塡し壁にしたイギリスなどに見られる様式)に見せている。外観は左右対称であり、中央に正面玄関、東端、西端に切妻屋根を載せている。
 2003年9月改修工事が行われた。建設当初のレンガ色に、玄関周辺、付柱、軒、窓枠などが塗り直されて復元された。建物の随所に配されている「逆三角形」の意匠は、YMCA正章の一部で、精神、知性、身体の均整のとれた全人的成長への願いを表している。塀も煉瓦造であり、同様にモルタル仕上げになっている。
 施工は不詳、煉瓦造2階建、スレート葺、建築面積197㎡。
 ◈「地塩寮(ちえんりょう)」は、近代、1913年に青年会会館の北側に隣接して竣工した。ヴォーリズの設計による。北米YMCAの寄付を元にしている。名は、聖書の一節「汝らは地の塩なり」に由来する。京都帝国大学YMCAが寮を運営する。1968年に再建され、旧寮は現存していない。
 ◈西に隣接する「京都府立医科大学YMCA橘井寮」も、1913年に竣工されている。ヴォーリズの設計による。
◆YMCA キリスト教青年会(Young Men’s Christian Association)は、1844年に創立された。イギリス・ロンドンの呉服商店員・ウィリアムズ(George Williams、1821- 1905)ら12人の青年による。当時の苦境にあった青少年労働者のために、キリスト教の信仰に基づく人間教育、社会奉仕を目的にした。その後、1855年に、パリで世界YMCA同盟が結成されている。1886年に、アメリカ合衆国マサチューセッツ州マウント・ハーモンで大学生のための夏期学校が開かれた。以後、海外宣教運動に端を発し、学生の運動も始まる。
 日本では、近代、1880年に英語教育家・神田乃武(かんだ-ないぶ、1857-1923)らの提唱により東京に設立された。1882年に大阪、1886年に神戸にも設立されている。京都では、1887年に「京都青年会」の活動が、実業家・大沢善助(1854-1934)、実業家・政治家・中村栄介(1849-1938)、同志社出身の牧師・井手義久らにより始まっている。
 1888年に学生部の「東京帝国大学学生基督教青年会」が設立された。1899年に京都帝国大学の学生を中心にした「京都帝国大学YMCA」が設立されている。
 1903年2月に、キリスト教系教育者・田村初太郎(1852-1915)、医師・教育者・福田令寿(1873-1973)らも加わり、「京都基督教青年会」が再建創立されている。1904年に仮会館(三条通御幸町西入ル)に英語学校が創立された。日曜講話、講演会、聖書研究会なども行っている。1910年に三条柳馬場(現・三条本館)に移された。


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 ウェブサイト「文化財データベース-文化庁」、『京都大事典』、ウェブサイト「京都YMCA」、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area京都大学旧本部本館(百周年時計台記念館)   周辺,surrounding area   関連,relevance     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 旧京都帝国大学基督教青年会会館(京都大学YMCA会館) 〒606-8302 京都市左京区吉田牛ノ宮町21 
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光