京都大学文学部陳列館(文学部博物館) (京都市左京区)  
Exhibition Hall in the Department of Literature,Kyoto University
京都大学文学部陳列館 京都大学文学部陳列館
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

南側


南側、正面、ペディメント


南側、正面、キーストーン、小円窓


南側、正面、ポーチ


南側、正面、「京都大学文学部陳列館」の銘鈑


南側、正面、「登録有形文化財」の銘鈑


南側、正面、ポーチ


南側、正面入口


南側、正面、ポーチ天井


南側、正面、ポーチ


南側、正面


南側、正面


南側


南側


北側

北側


北側

北西側


北東側
 京都大学の本部構内に、京都大学文学部陳列館(きょうとだいがく-ぶんがくぶ-ちんれつかん) が建てられている。京都帝国大学拡張期の代表的建築の一つになる。
 設計は、京都帝国大学営繕の建築家・山本治兵衛、永瀬狂三らによる。
◆歴史年表 近代、1906年、文科大学(のちの文学部)が開設された。
 1914年、陳列館の南半分(煉瓦造)が竣工した。
 1923年、東側中央部が完成する。
 1925年、東側北半が建設された。
 1929年、北西部分(鉄筋コンクリート造)が完成した。
 現代、1959年、2月、陳列館を「文学部博物館」と改称する。
 1986年、新館が竣成した。
 1997年、4月、文学部博物館(旧陳列館)は京都大学総合博物館に移管される。
 1998年、9月、文学部博物館(旧陳列館)は登録有形文化財に指定される。
◆山本治兵衛 近代の建築家・山本治兵衛(やまもと-じへえ、1854-1919)。江戸の生まれ。工部省の建築技術者・立川知方に師事し、設計・製図を修めた。1878年、東京府庁土木課に入り、病院建築・河川開鑿工事などを手がける。1881年、東京府御用掛・土木課工事部、1883年、土木家屋橋梁掛に転任した。1884年、小笠原出張所庁舎建築工事に関わる。1885年、工部省鉄道局、鉄道局属になった。1887年、 文部省に入る。1888年、第三高等中学校に出張した。1892年、東京美術学校技手兼文部属になる。1893年、文部属専任になり、営繕掛長・久留正道のもとで勤めた。1896年、文部技手になる。1898年、京都帝国大学に出張になり、文部技師になる。1900年、新設された文部省京都出張所長になる。1905年、文部省福岡出張所長、1906年、文部省京都出張所長になった。1907年-1919年、 新設された京都帝国大学技師・初代建築部長になった。文部省京都出張所長心得を兼任した。65歳。
 高等教育機関、病院の建築を多く手がける。主な関わった工事は、小笠原出張所庁舎(1884)、京都第三高等中学校(1887)、京都帝国大学(1898)、岡山・第六高等学校(1900)、金沢・第四高等学校(1900)、鹿児島第七高等学校造士館(1900)、京都帝国大学福岡医科大学(九州帝国大学、1905)、奈良女子高等師範学校本館(奈良女子大学記念館、1909)など。
◆永瀬狂三 近現代の建築家・建築学者・永瀬狂三(ながせ-きょうぞう、1877- 1955)。愛知県生まれ。父は誉。1906年、東京帝国大学建築学科を卒業後、横浜・下田築造合資会社を経て、1908年、辰野・片岡設計事務所に入る。1909年、京都帝国大学建築部嘱託に入り、山本治兵衛のもとで大学施設の建築を手掛ける。1917年、京都帝国大学工学部講師になる。1919年-1929年、山本の跡を継ぎ、京都帝国大学建築部長(1920年、組織改編により営繕課長)になる。京都高等工芸学校講師になった。1929年、退職する。その後、京都帝国大学工学部、京都高等工芸学校講師になる。1935年-1945年、京都工学校(現・京都工芸繊維大学)校長になる。77歳。
 京都帝国大学営繕組織で数多くの大学施設建設を手がけた。主な作品は、京都大学学生集会所、1912、現存せず) 、旧京都帝国大学寄宿舎(現・京都大学吉田寮現棟、1913) 、京都大学文学部陳列館(1914) 、京都大学旧生理学教室研究室(現・京都大学医学部推進センター、1914)、京都大学土木工学教室本部(1917)、京都大学理学部附属地球物理学研究所(1924) 、京都大学農学部附属農場園芸実験室 (1924、現存せず) 、京都大学理学部附属地球物理学研究所 (1924) 、京都大学本部本館(1925)、旧大和田銀行本店(現・ 敦賀市立博物館(1927)、愛知・崋山文庫(1934)など。
◆建築 文学部陳列館は、京都帝国大学営繕の山本治兵衛が設計を主導したと見られている。永瀬狂三、武田五一も加わったという。
 1914年に当初は南半分が竣工した。予算の関係で以後3次の増築を繰り返した。完成まで15年の歳月を要している。1923年に東側中央部が完成する。1925年に東側北半が竣工した。1929年に鉄筋コンクリート造により北西部分が完成した。1985年に隣接して京都大学総合博物館の建設に伴い、当館は取壊の危機があった。結果として、現在の南側正面・東側の2面のみを残して保存された。
 南面している。かつて平面は「ロ」字型をしていた。現在は保存された部分を残し、「L」字型になっている。中央部と隅部にペディメント(ブロークン・ペディメント、切妻屋根の妻壁にある三角形の部分、破風)を配している。正面のペディメントには、キーストーン(要石、アーチの頂上部分にある)、楕円形のブル・アイ(小円窓)が見られる。 正面に鉄製のポーチが付けられている。外壁はモルタル目地切り仕上げになる。屋根窓、棟上には小塔がある。ネオ・バロック(19世紀後半のヨーロッパで興きた華麗・変則的な様式)、細部装飾にはセセッション的(19世紀末のドイツ・オーストリアなどで興った革新運動、分離派)な意匠がある。
 施工は直営、1929年は津田甚組による。煉瓦造2階建、瓦葺、現存部分の建築面積732㎡。
◆陳列館・総合博物館 近代、1906年に「文科大学」が開設された。1914年には「陳列館」の最初の建物が竣工している。1919年2月に文科大学を「文学部」と改称している。1929年に陳列館は全館完成し、史学科学科各講座、美学美術史学の文化史関係資料が収蔵された。1959年に陳列館を「文学部博物館」に改称している。
 その後も博物館の狭隘化、老朽化は解消されず、1986年に新館が竣成し、一般公開を復活している。1997年4月に文学部博物館は新館に移管された。
 他方、2001年6月に文学部博物館の西隣に、新たに「京都大学総合博物館」が開館した。旧来の文化史系のみならず他学部の自然史系、技術史系多分野の学術標本資料(250万点以上)も収蔵し、公開されている。


*内部は通常非公開
原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 ウェブサイト「京都大学大学院文学研究科・文学部」、ウェブサイト「京都大学総合博物館」、ウェブサイト「文化庁 文化財データベース」、『近代京都の名建築』、『京都市の近代化遺産 近代建築編』、ウェブサイト「幻の建築家永瀬狂三-田原市博物館」、 ウェブサイト「京都大学」、『京都大事典』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area京都大学旧土木工学教室本部(総合研究14号館)   周辺,surrounding area   関連,relevance     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 京都大学文学部陳列館(文学部博物館) 〒606-8317 京都市左京区吉田本町
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光