佐藤政養招魂碑・佐藤継信・忠信塚碑 (京都市東山区)  
grave of Sato, Seiyo
佐藤政養招魂碑・佐藤継信・忠信塚碑 佐藤政養招魂碑・佐藤継信・忠信塚碑
50音索引,Japanese alphabetical order    ホーム,Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home

「佐藤継信・忠信之塚碑 正六位政養之碑」

「佐藤嗣信・忠信之墓」


「佐藤嗣信・忠信之墓」



「佐藤嗣信・忠信之墓」


「佐藤嗣信・忠信之墓」、地蔵尊


「佐藤嗣信・忠信之墓」


「佐藤嗣信・忠信之墓」




「佐藤文褒翁之碑」


「佐藤政養招魂碑」

「佐藤政養招魂碑」、題額は勝安房(海舟)


「佐藤政養招魂碑」


佐藤政養像、「佐藤政養先生顕彰会」の説明板より
 渋谷通東大路東入ル北側の路地奥に「佐藤政養招魂碑(さとう せいよう しょうこん ひ)」が立つ。
 周辺に、石標「佐藤継信・忠信之塚 正六位政養之碑」、「佐藤嗣信(継信)・忠信之墓」、「佐藤文褒翁之碑」の関係碑・石標3基が立っている。
◆歴史年表 平安時代末、この地の西側(左手)に、武士・佐藤継信・佐藤忠信の墓とされる「十三重石塔」2基が立てられていたという。
 江戸時代、1654年、十三重石塔について記され「たゝのふつきのふ石たう」ととある。(『新板平安城東西南北町并洛外之図』)
 近代、1873年、技術者・佐藤政養は、佐藤継信・忠信兄弟を先祖として、この地を買い取る。十三重石塔の横に、新たに「佐藤嗣信・忠信之墓」を立てた。
 1876年、政養は、父・文褒の功績を顕彰した「佐藤文褒翁之碑」を敷地の東側に立てた。
 1877年、政養が亡くなる。
 1878年、妻・岸子ら遺族により「佐藤政養招魂碑」が立てられる。
 1927年、佐藤政治郎により、十三重石塔、政養招魂碑の所在を示す石標「佐藤継信・忠信之塚 正六位政養之碑」が、渋谷通に面した敷地入口に立てられた。
 現代、1945年、戦後すぐに十三重石塔はこの地から撤去される。現在は京都国立博物館庭園に立てられている。
 2013年、山形県遊佐町は、関係碑の敷地を買収し周辺を整備した。
◆佐藤忠信 平安後期-鎌倉時代の武士・佐藤忠信(さとう ただのぶ、1161?-1186)。四郎兵衛尉(ひょうえのじょう)。陸奥(福島県)生まれ。豪族・佐藤元治の子。佐藤継信の弟になる。当初は藤原秀衡(ひでひら)の郎党だった。1180年、秀衡の命により、兄・継信と共に奥州平泉の源義経に従う。源頼朝の陣営に参じる。以後、義経と共に西国各地を転戦する。1184年、一ノ谷、1185年、屋島、壇ノ浦などで戦う。同年、功により兵衛尉に任命された。義経が兄・頼朝と不和になり、京都堀川第で刺客・土佐房昌俊に襲われた。忠信は義経に従い吉野山に潜伏した。山僧・横川覚範の来襲を受け、義経の名を騙り奮戦した。1186年、忠信は主人の身代わりになり、京都四条室町第(中御門東洞院)に潜伏した。糟屋有季(かすや ありすえ)に襲われ自害した。26歳。
 「義経四天王(ほかに佐藤継信、鎌田盛政、鎌田光政)」の一人。兄弟は『義経記』、能、浄瑠璃、歌舞伎などの題材になった。
◆佐藤継信 平安時代後期の武士・佐藤継信(さとう つぐのぶ、1158?-1185)。 通称は三郎、兵衛尉(ひょうえのじょう)。陸奥(福島県)生まれ。豪族・佐藤元治の3男。佐藤忠信の兄。当初は、藤原秀衡(ひでひら)の郎党だった。1180年、秀衡の命により、弟・忠信と共に奥州平泉の源義経に従う。以後、義経と共に各地で平氏と転戦し、戦功をあげた。1185年、屋島で義経の身代わりになり、平教経(のりつね)に矢に射られて殺されたという。(『平家物語』)。義経四天王(ほかに、弟・佐藤忠信、鎌田盛政、鎌田光政)の一人といわれた。
 牟礼(むれ)の林に埋葬された。
◆佐藤文褒 江戸時代後期の佐藤文褒(?-?)。詳細不明。与兵衛。子に佐藤政養がある。
◆佐藤政養 江戸時代後期-近代の蘭学者・技術者・佐藤政養(さとう まさやす、1821-1877) 。通称は与之助。号は李山。出羽(でわ、山形県)生まれ。父は農民・與兵衛。地元で蘭学を学ぶ。江戸に出て、1854年、勝海舟の塾で蘭学、河川管理学、測量術、機械、砲術などを学ぶ。江戸湾内の測量、神奈川台場の築造に携わる。1855年、海軍伝習生になった海舟の従者として、長崎・幕府海軍伝習所に学んだ。海舟とともに神戸海軍操練所創設し、蘭書翻訳方になる。勝の「大坂塾」、「神戸海軍塾」の塾頭になり、測量学、土木学を教えた。その後、西宮、和田岬などの台場築造を行う。1861年、地図の模範になった『新刊興地全図』(跋文・勝海舟)を刊行した。1862年、二等御軍艦組出役、1863年、大坂表御台場築立御用になる。1864年、摂南海御台場取立御用、諸組与力格御軍艦組、神戸操練所詰になった。将軍家茂の摂海巡覧で「翔鶴丸」に乗り込み、大阪城で将軍引見を受けた。操練所廃止後の事後処理を行った。1869年より、東海道道線敷設のための地理検分、新橋-横浜間の鉄道敷設の調査を行った。その後、鉄道掛京都出調書事務管理者、明治新政府のもとで初代鉄道助に任じられる。1875年、「自西京至敦賀鉄道布設建白」を提出した。著に『測量三角惑問』など。
 「日本鉄道の父」と呼ばれた。坂本龍馬、陸奥宗光、高松太郎、沢村惣之丞、近藤長次郎らと親交があった。
 墓は青山墓地(東京都)にある。
◆十三重石塔 現在地には、平安時代末の武士・佐藤継信・忠信の兄弟の墓とされた2基の「十三重石塔(馬町十三重塔)」があった。ただ、石塔の一つに鎌倉時代の「永仁3年(1295)」の銘があり、石塔は後世に造られている。
 石塔は、江戸時代、1654年刊『新板平安城東西南北町并洛外之図』に「たゝのふつきのふ石たう」と記される。ほか、江戸時代の京都地図にも複数の記載があり、石塔は江戸時代には名所旧跡として知られていた。
 石塔2基は、1945年、戦後すぐにこの地から撤去された。現在は、京都国立博物館の前庭に並んで立てられている。
◆招魂碑 「佐藤政養招魂碑」は、1878年に遺族により建立された。碑文は啓蒙学者・中村敬宇、撰は旧長州藩士・内務官僚・教育者・國重正文(1840- 1901)、題額は幕臣・政治家・勝安房(海舟)(1823-1899)、書は海石邨田壽、鐫(せん)は榎木源輔による。
 玉垣は私塾門弟の寄進による。


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献 ウェブサイト「京都市 京都のいしぶみデータベース」、説明文「佐藤政養先生顕彰会」、『京都幕末維新かくれ史跡を歩く』、『京都大事典』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area    周辺,surrounding area     関連,relevance      
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 佐藤政養招魂碑・佐藤継信・忠信塚碑 〒605-0874 京都市東山区常盤町468-15,渋谷通東大路東入ル北側
50音索引,Japanese alphabetical order  ホーム,Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  ホーム,Home   top
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光