肥前鹿島鍋島藩屋敷跡 (京都市中京区)  
The ruins of residence of Hizen-kashima-nabeshima Domain
肥前鹿島鍋島藩屋敷跡 肥前鹿島鍋島藩屋敷跡
50音索引,Japanese alphabetical order  ホーム,Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home
 新町通御池西南角の植込みに、「肥前鹿島鍋島藩屋敷跡(ひぜん かしま なべしまはん やしきあと)」の石標が立てられている。この地に、かつて当藩屋敷があったという。
◆歴史年表 詳細は不明。
 現代、1991年、京都市(京都佐賀県人会鹿島出身者会の寄贈)により石標が立てられた。
◆肥前鹿島鍋島藩 肥前鹿島鍋島藩は、肥前国鹿島に置かれた佐賀藩の支藩であり外様になる。領主は鍋島氏による。江戸時代、1609年、佐賀藩主・鍋島直茂(1537-1619)の次男・忠茂(1584-1624)が、藤津郡鹿島に所領を分与されたことに始まる。近代、1871年に廃藩になった。


*原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 ウェブサイト「京都市 京都のいしぶみデータベース」、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area  周辺,surrounding area  関連,relevance     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 肥前鹿島鍋島藩屋敷跡 〒604-8207 京都市中京区神明町,新町通御池西南角 
50音索引,Japanese alphabetical order ホーム,Home  top 50音索引,Japanese alphabetical order ホーム,Home  top
logo,kyotofukoh © 2006- Kytofukoh,京都風光