西光寺 (京都市東山区)
Saiko-ji Temple
西光寺  西光寺 
50音索引  Home 50音索引  Home

「大悲山西光寺」の石標


庫裡


延命地蔵大菩薩、天道大日如来



延命地蔵大菩薩、天道大日如来
 清水坂の途中にある西光寺(さいこうじ)は、空也ゆかりの寺とされている。大悲山空也院と号する。
 浄土宗、本尊は阿弥陀如来。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代
、950年、空也が創建したという。空也寺(くうやじ)と称し、東野村(山科区東野門口町)付近にあった。当初は天台宗だった。仏殿に本尊の阿弥陀仏、脇士に観音菩薩、勢至観音、空也上人像、空也の遺骨を納めたという墓、石碑などがあった。(『山城名跡志』)
 972年、空也は旧地で亡くなったという。(『雍州府志』)
 鎌倉時代、建永年間(1206-1207)、勢観房源智が再興し、浄土宗になる。
 中世(鎌倉時代-室町時代)、以降、荒廃した。
 近世(安土・桃山時代-江戸時代)、初期まで、荒廃する。(『宇治郡名勝志』)
 江戸時代、1682年、大雲院の前住9世・光誉(高誉)性愚が三興した。空也塔(空也上人遊行之碑)が再建された。(石碑の碑文、『山城名跡志』『山城名跡巡行志』『雍州府志』)
 1749年、現在地に移る。
◆空也
 平安時代中期の浄土教の僧・空也(くうや、903-972)。詳細不明。第60代・醍醐天皇の第2皇子として生まれたともいう。寺を持たず常に市井にあったことから、市聖(いちのひじり)、弘也、阿弥陀聖、市上人とも呼ばれた。幼少より在家の優婆塞(うばそく)として全国を遍歴した。919年、17歳で市中の遺骸を念仏を唱えながら埋葬した。924年、尾張・国分寺で出家し沙弥空也と名乗る。播磨、奥州、四国で修行し、934年奥羽にも布教した。938年以来、京都で念仏を広める。939年、空也堂を開く。948年、比叡山・天台座主延昌から受戒し、光勝の法名を得たが、終生空也と名乗った。951年、都に流行していた悪疫退散のために、自ら十一面観音を刻み、車に乗せ市中を曳き廻した。病人に茶を授け、歓喜踊躍の念仏踊で病魔を鎮めた。病人は平癒したという。その典茶・皇服茶(おうぶくちゃ、王服茶)は、身分の隔てなく分け与えられた。その時の踊躍は六斎念仏として今も伝わる。963年金泥『大般若経』 600巻の書写事業を完成させている。鴨川河原に一寺(のちの西光寺、六波羅蜜寺とも)を建て供養会を行う。東山の西光寺(六波羅蜜寺)で没した。墓は全国に複数ある。
 各地で橋を架け、道路や井戸の整備、遺棄された骸を火葬して荼毘(だび)にふすなどの社会事業も行った。空也の菩薩行は行基につながる。称名念仏により、既存の国家、権勢、知識層の仏教から庶民の仏教を唱えた。後の法然、親鸞の専修念仏に影響を与える。一遍は空也を崇敬した。
◆仏像・木像 庫裏に本尊・阿弥陀如来像、空也上人像を安置する。
◆建築 かつて、本堂、廟堂(空也堂)があり、石櫃に空也の遺骨を納めていたという。
 現在は、庫裏のみが残る。
◆文化財 空也自筆の「六字名号」、鐘鼓、杖などがあったという。
◆石碑 境内に「空也上人遊行之碑」が立つ。江戸時代、1683年に立てられた。撰文は黄檗僧・高泉和尚(高泉性潡、こうせん しょうとん、1633-1695)、銘は医者・歴史家・黒川道祐(くろかわ どうゆう、1623-1691)による。寺がかつて東野村にあり、空也は旧地で亡くなった。高誉性愚により空也塔が再建されたとある。
◆墓 空也堂跡に空也上人廟がある。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都大事典』『昭和京都名所図会 1 洛東 上』 


  関連・周辺     周辺     関連      

空也堂跡、廟

空也堂跡、廟

「空也上人遊行之碑」

三重塔
平安京オーバレイマップ
map  西光寺 〒605-0862 京都市東山区清水4丁目161  075-531-0637  
50音索引  Home  top 50音索引  Home  top
 © 2006- Kyotofukoh,京都風光