悟真寺 (京都市伏見区)
Goshin-ji Temple
悟真寺 悟真寺 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home





「終南山 悟真寺」の山号寺号標


「明治元戊辰年 伏見鳥羽戦没 東軍戦死者埋骨所」


本堂



本堂
 榎町(えのきちょう)の悟真寺(ごしんじ)は、鳥羽・伏見の戦いの東軍戦死者埋骨所になっており、境内に碑も立てられている。山号は終南山という。 
 浄土宗、本尊は阿弥陀如来。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 安土・桃山時代、1575年、月公上人により創建されたという。
 江戸時代、1670年、当寺は「浄土、悟心寺」と記されている。(『山城国伏見街衢並近郊図』)
 1868年、鳥羽・伏見の戦いで、東軍戦死者埋骨所になる。
◆月公 安土・桃山時代の浄土宗の僧・月公(?-?)。詳細不明。1575年、悟真寺の開山。
◆榎本武揚
 江戸時代後期-近代の武士・政治家・榎本武揚(えのもと たけあき、1836-1908)。榎本左太夫の次男。1847年、昌平坂学問所に入る。後、中浜万次郎塾に学ぶ。1854年、箱館奉行・堀利煕の小姓として樺太探検に従う。1856年、勝海舟の長崎海軍伝習所第2期生として学ぶ。1858年、江戸築地・軍艦操練所教授方出役。1862年、オランダ留学。1866年、幕府注文の開陽丸を回送して帰国し、同艦船将、軍艦頭並など歴任した。1868年、幕府海軍副総裁になる。旧幕府軍艦を率いて品川沖を脱出し、奥羽列藩同盟軍支援、箱館五稜郭で「蝦夷共和国」樹立を宣言した。1869年、新政府軍に降伏した。(箱館戦争)。禁固後、北海道開拓事業に出仕。1874年、海軍中将兼特命全権公使として露と千島・樺太交換条約を締結した。外務大輔、海軍卿、駐清特命全権公使、逓信・文部・農商務大臣を歴任する。子爵。2カ月のシベリア横断の旅について『西比利亜日記』を著した。
◆仏像 ◈本堂に本尊の「阿弥陀如来像」を安置する。江戸時代作になる。
 ◈来迎の「阿弥陀如来立像」は、平安時代作であり、旧宝樹院の遺仏という。
 ◈「観音立像」は、室町時代作になる。
◆石造物 本堂前に「方形石」がある。室町時代作であり、上部に2体の仏像、2人の人間像を刻む。父母の菩提供養のために立てたという。
◆戊辰戦争 当寺は、江戸時代末、1868年、鳥羽・伏見の戦いの東軍戦死者埋骨所になっている。境内に会津藩士64人が埋葬されたという。
 立てられている「戊辰之役東軍戦死者之碑」は、幕府海軍副総裁・榎本武揚の筆による。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都市の地名』『昭和京都名所図会 6 洛南』 、ウェブサイト「コトバンク」   



関連・周辺  周辺明寿院(伏見庚申堂)  関連     

「戊辰之役東軍戦死者之碑」

方形石
map 悟真寺 〒612-8304  京都市伏見区榎町713
50音索引,Japanese alphabetical order  Home  top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home  top
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光