霊洞院 〔建仁寺〕 (京都市東山区)
Reito-in Temple
霊洞院 霊洞院 
50音索引  Home 50音索引  Home





参道








庫裡

 建仁寺境内の南東に塔頭・霊洞院(れいとういん/れいどういん)がある。山門に「専門僧堂」と掲げられており、多くの建仁寺管長、老師を輩出してきた。
 臨済宗建仁寺派。本尊は観音菩薩。 
◆歴史年表 南北朝時代、1334年、建仁寺26世・高山慈照(こうざん じしょう)没後、弟子・海雲禅慧らがその塔所として創建した。高山は追請開山とする。
 1352年、延暦寺と宮辻子の敷地を巡り争う。
 1355年、霊洞庵など6塔頭が焼失する。
 1357年、延暦寺が霊洞庵の宮辻子の領有を認める。
 室町時代、1552年、兵火により焼失する。
 1555年、希三宗燦(きさん そうざん)により再建された。
 江戸時代、1853年、妙心寺63世・全室慈保(ぜんしつ じほ)により現在の建物が再建される。(「坊目誌」)
 1859年、全室慈保が再興するともいう。
 近代、1891年、僧堂常住となり、護国院を禅堂とする。
 1898年、建仁寺派の専門道場を併置している。
 1925年、竹田黙雷(たけだ もくらい)が退隠し、「左辺亭」が建てられる。以後、本派の専門道場が置かれた。
 現代、1974年、庭園が国の名勝に指定された。 
◆高山慈照 鎌倉時代-南北朝時代の臨済宗の僧・高山慈照(こうざん じしょう、1266-1344)。天台学、律を学ぶ。無本覚心(むほん かくしん)の法嗣。南浦紹明(なんぽ じょうみん)、高峰顕日(こうほう けんにち)らに師事。紀伊・大慈寺の住持、万寿寺、建仁寺26世。1340年足利直義の求めにより祈雨し、2日目に降雨させたという。俗姓は菅原といい、菅原道真の命日に死すと予言し果たした。法灯系。諡号は広済禅師。
◆海雲禅慧 南北朝時代?の臨済宗の僧・海雲禅慧(生没年不詳)。詳細不明。高山慈照の弟子。1334年、建仁寺・霊洞院を創建する。
◆希三宗燦 室町時代の臨済宗の僧・希三宗燦(きさん そうざん、生没年不詳)。詳細不明。1555年、建仁寺・霊洞院を再建した。  *燦は王偏とも
◆全室慈保 江戸時代の臨済宗の僧・全室慈保(ぜんしつ じほ、生没年不詳)。詳細不明。妙光寺63世、建仁寺348世。文化年間(1804-1818)、建仁寺・大中院の堂宇を再建した。
◆竹田黙雷 近代の臨済宗の僧・竹田黙雷(たけだ もくらい、1854-1930)。黙雷禅師。壱岐の生まれ。妙心寺の越渓守謙(えっけい しゅけん)、猷禅玄達(ゆうぜん げんたつ)に学び、玄達の印可をうける。建仁寺・石窓紹球(せきそう じょうきゅう)の法嗣、1892年、建仁寺派管長。1925年、霊洞院に退隠し、「左辺亭」が建てられる。別号は左辺亭。
◆建築 1925年、竹田黙雷が退隠し、境内に隠寮「左辺亭(さへんてい)」が信者の寄進により建てられる。二階建て、四畳半、一畳台目の茶室がある。
◆文化財 鎌倉時代(13-14世紀)、第92代・伏見天皇(1265-1317)宸翰、紙本墨書「読漢書詩」一幅(重文)。東京国立博物館寄託。
 室町時代(1474)、紙本墨書「村庵霊彦墨跡 尺牘」。南北朝時代(1386)、紙本墨書「石室善玖墨跡 道号偈」。南北朝時代(1338)、紙本墨書「高山慈照墨跡 福成寺条々規式事」。南北朝時代(1372)、紙本墨書「中巌祖稜墨跡 盆石記」。室町時代(1436)、紙本墨書「伯師祖稜墨跡 秉払上堂謝語」。室町時代(1483)、紙本墨書「天隠龍澤墨跡 希三号」。室町時代(1522)、紙本墨書「常庵龍崇墨跡 玉成号」。室町時代(1528)、紙本墨書「道旧疏」。室町時代(1549)、紙本墨書「希三宗さん墨跡 秉払上堂謝語」。江戸時代(18世紀)、紙本墨画「達磨図 白隠自画賛」。
 明時代(15世紀)、鶴亭筆、絹本墨画淡彩「山水図」。明時代(15世紀)、絹本墨画淡彩「三鷹図」。清時代(17世紀)、周震筆、絹本墨画「二老観泉図」。清時代(1856)、彪新錦筆、紙本墨画淡彩「山水図」。
 江戸時代(1643)、紙本墨書「朝鮮国書契」。
 元(14世紀)の「青磁陰刻牡丹唐草三足香炉」。
 安土・桃山時代(16世紀)、海北友松筆、紙本淡彩「琴棋書画図」6曲1双(重文)、京都国立博物館寄託。安土・桃山時代(16世紀)、海北友松筆、紙本墨書「唐人物花鳥押絵貼屏風」6曲1隻。
◆障壁画 安土・桃山時代(16世紀)、海北友松筆、絹本著色「花鳥図襖」4面。
◆庭園 書院の南、東に観賞式庭園(国の名勝)がある。800㎡の広さがあり、江戸時代中期、享保年間(1716-1735)に作庭されたとみられる。作庭者は不明。江戸時代の「都林泉名勝図会」(1799)に記されている。
 東山を借景にして、池の背後に苔の低い築山、その外に植込みがある。書院前の狭い苔地に飛石、その先に横に広がる池がある。南正面の対岸池畔には青石の蓬莱石(1.5m)を立てている。その前に横長い切石6枚の橋が架かる。橋の四隅に橋添石がある。池中には亀石を置き、寄せ灯籠、十重石造層塔、小祠なども立つ。
 近代、明治期(1867-1912)、土橋が石橋に変えられている。昭和期(1925-1989)、重森三玲(1896-1975)により修復された。


*非公開
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『建仁寺』『京都の禅寺散歩』『建仁寺 建仁寺と栄西禅師』『京都・山城寺院神社大事典』『旧版 古寺巡礼京都 6 建仁寺』『京都古社寺辞典』『京都秘蔵の庭』『京の茶室 東山編』


   関連・周辺建仁寺       周辺      関連       

隠寮「左辺亭」
霊洞院 〒605-0933 京都市東山区小松町592,大和大路通四条下る   075-525-2774 
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光