松原道祖神社(道祖神社) (京都市下京区) 
Matsubara-doso-jinja Shrine
松原道祖神社 松原道祖神社 
50音索引  Home 50音索引  Home






 松原道祖神社(まつばら どうそ じんじゃ)は、五条の道祖神(さへのかみ)、市中への往復路に当たり首途の社(かどでのやしろ)とも呼ばれたという。 
 祭神は猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)、天鈿女命(あめのうずめのみこと)。
 厄除開運、縁結び、夫婦円満、家内安全、子孫繁栄、商売繁盛、旅人の守護、交通安全などの信仰を集める。
◆歴史年表 
創建の詳細、変遷は不明。
 平安京以前より、当地で道の神・塞(さい)の神(厄災を塞ぐ神)として祀られたという。(社伝)
 平安時代末期、「五条の道祖神」として記されている。(『説話集『今昔物語集』巻20』)
 鎌倉時代、13世紀(1201-1300)前半、当社(五条道祖神)と僧・道命(どうみょう)の話がある。(説話集『宇治拾遺物語』)
 近代、1945年以前、民家の敷地内に祀られていた。
 現代、1945年、終戦直後に寄進を受ける。現在は、藪下町、富永町有志による宗教法人が管理している。
◆道命 平安時代中期の僧・歌人・道命(どうみょう、974-1020)。父は公卿・藤原道綱、母は源近広の娘。若くして出家し、比叡山に上り良源に学ぶ。京都・法輪寺の住持、1016年、摂津・四天王寺別当。花山上皇(第65代)と親交した。『宇治拾遺物語』に説話がある。『後拾遺和歌集』以下の勅撰和歌集に入集、家集『道命阿闍梨(あじゃり)集』。 
 読経の声に優れたという。阿闍梨。中古三十六歌仙の一人。
◆道命阿闍梨の読経 道祖神と道命の逸話が残る。
 道命阿闍梨という僧は、美声の持主であり読経の声に優れた。毎夜、歌人・和泉式部のもとに通っていた。ある夜、道命は和泉式部邸の寝室で、経を8巻ほど読み終え床に就こうとした。人の気配がする。一人の老人が居り、尋ねると五条西洞院辺りの道祖神という。
 道祖神は、法華経は清浄な人が読むと梵天、帝釈などの神々が聴聞する。道命は身も清めずに経を読んだため、これらの神々は近づかなかった。そのため、私(道祖神)のような者(不浄神)でも経を聴くことができた。生涯忘れることの出来ない結構な経を聴くことがきたと皮肉り、道命を戒めた。(『宇治拾遺物語』巻一、「道命阿闍梨の読経」)
◆年間行事 春秋に祭礼。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『日本地名大辞典 京都府 下』『京都 歴史案内』『京都大事典』『昭和京都名所図会 5 洛中』



  関連・周辺        周辺       関連       
松原道祖神社 〒600-8448  京都市下京区藪下町,松原通新町下る西側   
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光