西向寺 (爪彫地蔵) (京都市北区)
Saiko-ji Temple
西向寺 西向寺 
  Home   Home








 紫野東蓮台野町に西向寺(さいこうじ)はある。地蔵板碑(爪彫地蔵、つめぼりじぞう)で知られている。
 山号は幸阿弥谷と号する。
 浄土宗知恩院派、本尊は阿弥陀如来二十五菩薩。
◆歴史年表 江戸時代、寛永年間(1624-1644)、清誉浄顕(せいよじょうけん)上人が小草庵、西向庵を結び、念仏弘通(ぐつう/ぐずう、布教)の道場としたことに始まるという。 
 1752年、6世・俊龍和尚の時、現在の伽藍が再建された。
 近代、1868年、神仏分離令後の廃仏毀釈により、廃寺になった西念寺(北区)より二体の阿弥陀如来像、地蔵板碑が当寺に遷されたという。
 1882年、本山・知恩院より寺号を得て、西向寺と改める。
清誉浄顕  江戸時代の浄土の僧・清誉浄顕(せいよじょうけん、生没年不詳)。詳細不明。江戸時代、寛永年間(1624-1644)、西向庵を結び、念仏弘通の道場とした。 
◆仏像 本堂には本尊阿弥陀如来二十五菩薩を安置している。
 南脇壇に、2体の阿弥陀如来像(京都市指定文化財)を安置する。「二葉の弥陀」と呼ばれ、藤原時代(平安時代中期-後期)中期作という。江戸時代、「慶安二年(1649年)」銘の胎内文書、本尊再興奉加帖が納められていた。かつて、上賀茂神社別所の上賀茂御堂西念寺の仏像で、近代、1868年の廃仏毀釈で廃寺になったため当寺に遷されたものという。
◆西念寺 西念寺の詳細は不明。上賀茂(北区)の南、鴨川堤の低地にあり、凹寺(くぼでら)、窪寺、くぼみ堂と呼ばれたという。奈良時代の僧・行基(668-749)の開創によるという。行基自刻の阿弥陀仏を本尊にしたともいう。また、天台宗の僧・恵心僧都(源信、942-1017)の造立だったともいう。この地は、平安時代-鎌倉時代の僧・歌人の西行(1118-1190)の発心地であり、その姉が住していたともいう。
 かつて天台宗であり、その後、浄土宗に改宗し、上賀茂神社の別所として賀茂社司の葬送に関係していたという。近代、1868年に廃寺なったという。また、廃絶の時期は不明ともいう。
◆板碑 地蔵堂東の覆屋内に、南北朝時代作の地蔵板碑が立てられている。塔婆(板石塔婆)の中央より下に地蔵菩薩立像が浅く陰線刻されており、爪彫地蔵(つめぼりじぞう)とも呼ばれている。
 板碑は上部が山形に切られ、その下に二段の切り込みが入る。周囲に長方形の輪郭が彫られている。地蔵尊の上部に火焔宝珠付きの天蓋があり、右手に錫状、左手に宝珠、胸に瓔珞を飾る。下に花瓶に挿された二対の蓮華の宝花(供花)が置かれている。高さ1.55m。幅58cm、厚さ6cm。緑泥片岩製。「京の三板碑」(正法寺、了蓮寺)の一つ。
 板碑に南北朝時代、「明徳二年(1391年)」の銘があり、信徒、一結集(いっけっしゅう)35人の逆修(ぎゃくしゅう)のためのものという。これは、生前に逆(あらかじ)め自らの死後の冥福を祈念するもので、来世と現世の功徳のために仏事を営み建立した。近代、1868年、神仏分離令後の廃仏毀釈に伴い、廃寺になった西念寺より二体の阿弥陀如来像とともに板碑も遷されたという。
◆花暦 門前に桜がある。 


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都市の地名』『京の石造美術めぐり』『新版 京のお地蔵さん』『日本の名僧』


  関連・周辺     周辺     関連       

本堂

本堂


玄関

地蔵堂

鐘楼

石仏群

地蔵板碑(爪彫地蔵)

地蔵板碑(爪彫地蔵)

鎮守社

水子地蔵尊

石塔、地蔵尊

紫雲亭

十三重塔

二宮金次郎(尊徳)像
 西向寺 〒603-8244 京都市北区紫野東蓮台野町107   075-491-0670
 Home    Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光