休務寺 (京都市中京区)
Kyumu-ji Temple
休務寺  休務寺
 Home  Home


 錦大宮町に休務寺(きゅうむじ)がある。山号は豊蔵山という。
 浄土宗西山禅林寺派、本尊は阿弥陀如来。
 洛陽四十八願所地蔵めぐり(京都四十八願寺)の第5番、札所本尊・萬人講地蔵。第6番、札所本尊・延命地蔵を安置する。 
◆歴史年表 江戸時代、1613年、貢空の開基によるという。
 寛文年間(1661-1673)、第112代・霊元天皇の命により、僧・宝山が洛外・六地蔵以外48か寺の地蔵尊を選ぶ。この洛陽四十八願所霊場のひとつになる。
◆石田幽汀 江戸時代の画家・石田幽汀(いしだ ゆうてい、1721-1786)。播磨国の人。京都・石田家の養子。鶴沢探鯨に学ぶ。禁裏絵師、法眼に叙せられた。門下に円山応挙、田中訥言、原在中など。作品に三時知恩寺「草花図屏風」、醍醐寺三宝院襖絵など。明石で没し、休務寺に葬られた。
◆墓 江戸時代の画家・石田幽汀、その子・友汀(?-1815)の墓がある。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『旧版 京のお地蔵さん』『京都 歴史案内』


  関連・周辺     周辺     関連       

「圓山慶應擧の師 故法眼 石田幽汀之墓 此寺内在り」の石標

本堂

「第六番 萬人講地蔵尊」とある。

十三重塔

 休務寺 〒604-8365 京都市中京区錦大宮町154-2,錦小路通大宮西入南側  075-841-1222
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光