薬師院 (来ぬか薬師) (京都市中京区)
Yakushi-in Temple
薬師院 (来ぬか薬師) 薬師院 (来ぬか薬師) 
50音索引  Home 50音索引  Home





本堂


本堂




本堂、内陣



本堂「瑠璃殿」の扁額



本堂、薬師如来御前立
 薬師院(やくしいん)は病平癒のこぬか薬師で知られている。威徳堂(いとくどう)ともいう。山号は医徳山(醫徳山、いとくさん)という。 
 黄檗宗、本尊は薬師如来(来ぬか薬師、不来乎薬師)。
 京都十二薬師霊場会第9番札所、札所観音も薬師如来。旧京都七薬師の一つ。京の通称寺霊場14番、来ぬか薬師。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 奈良時代、782年、最澄が比叡山延暦寺草創の大願のため、7体の薬師如来像を自ら刻んだという。(寺伝)
 その後、美濃国横倉に一院、医徳堂を建て薬師如来が安置されたという。(寺伝)
 鎌倉時代、1222年、5月、承久の乱が起こる。京方に尾張国山田郡の何某右馬充明長という武士があり、日頃より薬師如来を信仰していた。尤瀬川の戦で深手を負い、その最期に黒衣の僧が現れた。僧は、美濃国横倉から来たといい草を揉み武士に与えた。これを飲むと傷はたちまちにして癒えた。武士は長寿となり子孫も栄えたという。(寺伝)
 1230年、6月-7月、全国に疫病が流行り貴賎の区別なく犠牲者が出た。当寺の院主の夢に薬師如来が現れ、自らの前に来れば諸病を悉く除くと告げ「来也(こぬか)、来也」と告げたという。以後、寺に参詣者が押し寄せ、諸病が平癒し、薬師如来は来也薬師と呼ばれたという。(寺伝)
 その後、入洛した織田信長(1534-1582)が、法蓮道三藤山城守より薬師如来のことを伝え聞き、美濃から京都の現在地に移したという。(寺伝)
 江戸時代、1675年、黄檗宗の僧・真挙が再興したという。(「坊目誌」)
 1695年、僧・賢澄が寺を譲り受ける。(「坊目誌」)
 1702年、1688年とも、黄檗宗緑樹派下の鉄面寂錬が再興したという。代銀500匁で買取り隠居所にしたものという。鉄面は中興の祖とされる。(「坊目誌」)。寺は京都七薬師の一つに数えられた。(寺伝)
 1864年、蛤御門の変(禁門の変)で全焼失する。(寺伝)
 近代、1888年、緑樹院竺丈禅師、三井家、近衛家の外護により再興に着手する。(寺伝)
 1889年、縮小されて再建された。(寺伝)
 現代、戦後、荒廃する。
 2000年、庫裏を再建する。
 2012年、平安時代に始まったという京都十二薬師霊場めぐりが復活する。
◆鉄面寂錬 江戸時代の黄檗宗の僧・鉄面寂錬(生没年不詳)。黄檗宗緑樹派。美濃国・大梅寺を開山する。1702年、1688年とも、薬師院を中興する。
◆来ぬか薬師 本尊の薬師如来像は、「来ぬか薬師」「不来乎薬師」とも呼ばれている。奈良時代、782年、16歳の最澄が比叡山延暦寺の草創を願い、一刀三礼の礼を尽くして刻んだ薬師如来7体のうちの一つという。現在、延暦寺根本中堂に祀られている薬師像と同形で、現存するものとしては当院を含め2体のみという。
 その後、美濃国横倉に一院「医徳堂」を建て薬師如来1体が安置されたという。鎌倉時代、1222年、5月、承久の乱が起こる。京方に尾張国山田郡の何某右馬充明長という武士があり、日頃より薬師如来を崇敬していた。尤瀬川の戦で深手を負う。その最期に黒衣の僧が突然現れ、美濃国横倉から来たといい草を揉み武士に与えた。これを飲むと傷はたちまちにして癒えた。武士は長寿となり、その子孫も栄えたという。
 1230年、6月-7月、寒風激しく霜雪も降る天候異変があり、全国に疫病が流行り貴賎の区別なく犠牲者が出た。当寺院主の夢に薬師如来が現れ、自らの前に来れば諸病を悉く除くと告げ「来也(こぬか)、来也」と告げたという。以後、院に参詣者が押し寄せ、諸病平癒し、「来也薬師」と呼ばれたという。(寺伝)
 鎌倉時代、1230年、疫病が流行した際に、寺の住職の夢枕に薬師如来が現れ、「一切病苦の衆生、我が前に来らば諸病ことごとく除くべき。来也(こぬか)、来也」と夢告した。その後、本尊の薬師如来を「こぬか薬師」と称し全国から多くの参拝者が押し寄せたという。
 また、美濃の斎藤山城守が薬師如来を信仰し、ある時霊夢を見た。「不来乎(こぬか)、不来乎」と聞こえたため、寺を建て安置した。以後、「不来乎薬師」と呼んだという。(「拾遺都名所図会」)
◆建築 近代、1889年の再建の際に、かつての東の裏門を表門とし、縮小して再建した。現在は、本堂と庫裡だけが建っている。
◆薬師町 最盛期には、境内は大黒町二条通一帯を有していた。付近に薬市、夜店などが立って栄えた。この名残りとして現在も、二条通に薬問屋、漢方薬店が多く、また、境内の西に薬師町、薬屋町の町名も残されている。かつて薬師院の正門がこの町に開いており薬師町と付けられたものという。
◆鹿子髪 境内付近には、かつて鹿子髪(かのこがみ)を結う女性が多かったという。これは日本髪に組み込まれる布の髪飾りの手絡(てがら)の一つで、着物に合わせた。鹿子は、しぼりを筒状にして中に綿を詰めた。
 当院は女性の信仰篤かったことから、薬師如来は「鹿子(かのこ)薬師」と称されていた。それが転訛し「こぬか薬師」と呼ばれるようになったともいう。
◆宿坊・普茶料理 宿坊に宿泊できる。
◆年間行事 本尊薬師如来開扉法要(10月8日)。
 

*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都市の地名』「醫徳山薬師院略縁起」『こころ美しく京のお寺で修行体験』


   関連・周辺      周辺      関連       

本堂

地蔵尊

手水鉢
 薬師院 〒604-0014 京都市中京区大黒町694,釜座通二条上る  075-211-1890 
50音索引  Home    50音索引  Home  
 © 2006- Kyotofukoh,京都風光