巨椋神社・子守神社・巨椋 (宇治市)
Ogura-jinja Shrine
巨椋神社・子守神社  巨椋神社・子守神社
 Home  Home








 近鉄京都線小倉駅北東、大和街道沿いに巨椋神社(おぐら じんじゃ)はある。旧小倉村の産土神として崇敬されてきた。 
 祭神は武甕槌神(たけみかづちのみこと)、経津主神(ふつぬしのかみ)、天児屋根神(あめのこやねのかみ)、姫大神(ひめのおおかみ)を祀る。
 式内社。平安時代、『延喜式神名式(延喜式神名帳)』(927)中「久世郡 二十四座 大十一座 小十三座」の「巨椋神社」に比定されている。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 古代(奈良時代-平安時代)、巨椋氏の氏神として祀られたとみられている。巨椋連(おぐら の むらじ)の祖神を祀ったともいう。
 平安時代初期、第52代・嵯峨天皇(786-842、在位809-823)の勅命により創建されたともいう。
 第55代・文徳天皇皇子・惟喬(これたか)親王(844-897)が、子供の愛護のために子守神社を創建したという。
 平安時代末期、藤原氏を祀り、春日神社と呼ばれる。
 以後、近世(安土・桃山時代-江戸時代)まで、春日神社と称された。
 その後、巨椋神社と改称された。 
◆巨椋氏 古代豪族の巨椋氏は、平安時代の『新撰姓氏録』(815)に、神別氏族(初代・神武天皇以前の神代に別れた、あるいは生じた氏族404氏)のひとつとして記されている。木地師集団であり、大和政権の家臣姓のひとつ連(むらじ)、巨椋連を名乗った。
 巨椋氏は旧巨椋池の東、南部に住していたとされる。当社もその氏神として祀られたとみられている。(『京都大事典』)。池には宇治川、桂川、木津川が流入し、古代より開発され港津が開かれていた。池は、1941年に干拓事業により埋め立てられている。
◆惟喬親王 平安時代中期の皇族・惟喬親王(これたか しんのう、844-897)。第55代・文徳天皇の第1皇子、母は紀名虎の娘静子。850年、右大臣・藤原良房の娘明子との間に第4皇子惟仁親王(第56代・清和天皇)が生まれ皇太子としたため、惟喬親王は皇位継承できなかった。858年、大宰帥、863年、弾正尹、864年、常陸太守となり、上野太守に任じられたが病により辞し出家した。素覚と号し洛北小野(左京区)に隠棲、ここで亡くなった。紀有常、在原業平と親交あり河内国の別業「渚の院」へ招いた。伝承として木地師の祖神として各所で仰がれた。
子守神社 子守神社は、第55代・文徳天皇皇子の惟喬(これたか)親王が、子供の愛護のために建立したという。
 伝承が残る。昔三疋(ひき)の大鳥が、どこからともなく飛んできて子供を悩ませた。天皇はこれを聞き、惟喬親王に命じ、弓矢を持たせ諸国を廻り退治させた。親王は、河内の渚の院で大鳥を射とめ、その帰途に小倉村中の小路に立ち寄る。この地に、天磐樟船神(あまのいわくすぶねのかみ)を祀り、子守大神を創建したものという。以来、子供の守護神になる。
 祀られている子供守護尊像は、子守大神奉祀の際に祭祀された石像を摸したもので、夜泣き、かん虫、病いの霊験あるという。
 なお、この子守神社こそが巨椋連を祀った本来の神ともいう。
◆建築 南より割拝殿(6間3間、左から3番目が抜けている)、渡廊、拝所、瑞垣内の覆屋内に三間社流造(3間2間)の本殿がある。
◆巨椋 地名の巨椋(おぐら)について、元来は「大きく暗い入江」を意味しているという。また、「大きく凹んだ所」、「大きく刳(く)られた所」と諸説ある。
 巨椋(大椋)という有力氏族に因むとも、巨椋神社に祀られた巨椋連(おぐらのむらじ)の祖神に因むともいう。
 付近の地名、小倉(おぐら)については、巨椋からの転化という。
◆樹木 
境内にはエノキ、ムクノキなどの大木がある。いずれも宇治名木百選に選定されている。かつて、一帯は「巨椋の森」と呼ばれていた。
◆年間行事 例祭・秋祭(子供神輿の巡行。)(10月1日-10日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都大事典』『京都の地名検証』『宇治市史』


    関連・周辺      周辺      関連        

割拝殿

拝所、瑞垣

本殿

渡廊、覆屋内の本殿

本殿

手水舎

子守神社

子守神社

子守神社

子守神社(天磐樟船神)

八幡神社(天忍雲神、仁徳天皇)

勝手神社(手力男神)、大国主神社(大国主神)・辞代主神社(事代主神)

天満宮社(菅原道真)

エノキ、ムクノキなどの大木
巨椋神社 〒611-0042 宇治市小倉町寺内31   0774-21-2709
  Home      Home   
    © 2006- Kyotofukoh,京都風光