円山公園 (京都市東山区)
Maruyama-koen Park

ホーム・京都風光   

円山




樹齢800年以上の祇園枝垂桜。1949年に先代に代わり植栽された。エドヒガン桜の変種という。サクラの銘木として名高い。


他方公園内に、祇園枝垂桜の後継木が育てられており、こちらも見事な花を咲かせているようになってきた。
 円山公園(まるやま こうえん)は、東山の景観を取り入れた、京都で最も古い公園としていまも親しまれている。 
 公園は、明治維新の廃仏毀釈による寺院破壊の跡地を整備し、1886年に造られた。1890年に、京都府から京都市に移管されている。
◆歴史年表 平安の頃、辺り一面の台地には葛やススキが生い茂り、真葛ヶ原(まくずがはら、真葛原)と呼ばれていた。
 鎌倉時代、佐渡に流された順徳院(順徳天皇、1197-1242)は、「深山より杉の風や通ふらん真葛ヶ原に露のこぼるる」と詠んだ。鎌倉時代の慈円僧正は、「わが恋は 松を時雨の染めかねて 真葛ヶ原に 風さわぐなり」と歌い、それ以来和歌の名所になっている。
 かつてこの一帯は、祇園社の社域の一部であり、円山安養寺、長楽寺、双林寺などの寺院も建ち並んでいた。円山の名は、この円山安養寺に因んでいる。
 江戸時代の南画家・池大雅(1723-1776)も住んだ。江戸時代、一帯は祇園林と呼ばれ、夜桜の名所となっていた。また、六阿弥(正阿弥、春阿弥、庭阿弥、連阿弥、也阿弥、左阿弥)といわれる料亭などもあり、遊興地ともなっていた。多蔵庵春阿弥の名庭園は、相阿弥の作庭といわれる。なお現在は、京料理の料亭・左阿弥(1849-)のみが残されている。
 明治維新の廃仏毀釈(神仏分離令は1870)、上知令(1871)で、祇園感神院(現八坂神社)は壊され、仏像や経典も燃やされた。祇園社の宝寿院、宝光院、神福院、竹房、鳥居房などの三院三坊もこの時打ち壊され、寺領は官に没収された。その後公園が整備された。
◆庭園 公園は、8万6641㎡の敷地があり、作庭は、「植治」の小川治兵衛による。1913年から3年をかけて造られた庭園には、かつて琵琶湖疏水の水が引かれていた。さらに第二疏水の水も新たに引かれ、「せせらぎ」の流れを作っていた。現在は井戸水が利用されている。
 1931年に国の名勝に指定された。
◆桜 公園には、680本とも850本ともいう桜が植えられ、花見の名所としても知られている。
 かつての宝寿院には枝垂桜もあった。1866年、八坂神社や茶店などが焼け落ちたが、この桜は生き残った。その後、桜の木が印鑑の材に伐られかかった際に、明石博高(1839-1910)が、買い取ったことから「五両桜」の異名もある。
 明石は公園内で、「吉水(きっすい)温泉」(1873-)を経営し、また舎密局にも関わった。1906年、京都初のホテル・也阿弥ホテル(1879-)の火災により、吉水温泉も類焼した。だが、この桜だけは再び残っている。なお、火災ではなく、寺の打ち壊しの際に桜だけが残ったという説もある。
 現在の祇園枝垂桜(イトザクラ)は、二代目となる。先代は樹齢200年を誇っていたが、枯死した。1979年、「植藤」の15代・佐野藤右衛門によって現在の桜が移植された。
◆花暦 桜、杜若、藤、菖蒲、紅葉、梅。
◆文学 与謝野晶子には「清水へ祇園をよぎる桜月夜 今宵あふ人みな美しき」の歌がある。川端康成『古都』『虹いくたび』、林芙美子『放浪記』にも登場する。


   八坂神社     周辺     関連       

山鉾館、祇園祭の各山鉾が収められている。

「祇園小唄歌曲碑、譜面銅版」、「月はおぼろに東山 霞む夜毎のかがり火に 夢もいざよう紅桜 しのぶ思いを振袖に 祇園恋しや だらりの帯よ」の祇園小唄は、マキノ映画の「絵日傘」(1930)の主題歌として大流行した。作詞は小説家、作詞家の長田幹彦(1887-1964)、作曲は作曲家・佐々紅華(さっさ こうか、1886-1961)。4世井上八千代(1905-2004)が曲に振り付けしたことから、祇園の芸舞妓による代表的な舞踏のひとつとなった。碑は、1961年に「吉うた」の二代目女将・お龍の長年の呼びかけにより、祇園甲部をはじめとする各界の協力により建立された。

ラジオ塔、1932年、NHK京都放送局開局の際に、ラジオ普及のために建てられた。当時は、ラジオ体操、野球中継も流された。

働く少年の像

坂本竜馬、中岡慎太郎の銅像

かつての「六阿弥」のうち唯一いまも残る料亭「左阿弥」(1849-)、邸内に織田有楽斎二男・頼長の墓碑が残っている。頼長は出家し、雲生寺入道道八と称した。父とともに茶も嗜み、茶室も再現されている。

花灯路・竹灯り「幽玄の川」(3/14-23)

円山音楽堂南にある阿弥陀堂右脇に新しく建てられた祇園女御の塔、かつてここにあった阿弥陀堂、祇園女御の塔は、京田辺市天王に移設されたという。

阿弥陀堂左手にある尊王山祇園寺の碑、祇園寺(尊勝寺阿弥陀堂)は、祇園女御によって1105年、祇園社の巽(辰巳)に建立され、阿弥陀仏が安置された。平清盛は白河法皇の落胤説が有力であり、その母はこの祇園女御とも、祇園女御の妹とも伝えられる。祇園女御は祇園社に関わりがあったと見られている。
円山公園 グーグルマッブ・ストリートビュー
 円山公園 京都市東山区円山町 
ホーム・京都風光     
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp