仲源寺(目疾地蔵) (京都市東山区) 
Chugen-ji Temple

  


「雨奇晴好」の扁額が掛る。










本堂
 四条通の南側、鴨川の東にある仲源寺(ちゅうげんじ)は、「目疾地蔵(めやみじぞう)」、「仲源さん」と親しまれている。眼病平癒祈願がある。また、祇園の芸舞妓さんの篤い信仰を集める。山号は福寿山という。
 浄土宗、本尊は目疾地蔵尊を安置する。 
 観音堂の千手観音菩薩は、洛陽三十三観音巡礼第16番札所。江戸時代には、洛陽四十八願所地蔵めぐり(京都四十八願寺)の第37番札所、札所本尊は目疾地蔵。京の通称寺霊場26番、目疾地蔵。
 眼病回復、雨やみ祈祷、心身堅固、所願成就、開運厄除、祇園界隈などの信仰を集める。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代中期、仏師・定朝(?-1057)が開山となり創建されたともいう。また、塩瀬浄因が開基となったともいう。(「仲源寺略縁起」「雍州府志」)
 鎌倉時代、1228年、鴨川の氾濫時に、防鴨河使・勢多判官為兼(ぼうがし せたの はんがん ためかね、中原朝臣為兼)が、地蔵菩薩のお告げにより洪水を未然に防ぐことができた。その報恩に地蔵尊坐像を安置し、雨止(めやみ)地蔵と名づけたという。(「雍州府志」)。
 その後(年代不明)、勅願寺になる。仲源寺の勅額を贈られたともいう。以後、祇園村の惣堂になる。(「坊目誌」)
 安土・桃山時代、1585年、豊臣秀吉の命令により、四条橋の東北辺より現在地に移ったともいう。(「坊目誌」)
 江戸時代、1660年、僧・満誉が中興したという。(「坊目誌」)
 寛文年間(1661-1673)、目疾地蔵尊は第112代・霊元天皇の命により、僧・宝山が洛外・六地蔵以外の48か寺の地蔵尊を選んだ洛陽四十八願所の霊場のひとつになる。
 1684年、地蔵堂の名が記されている。(「雍州府志」)
 1867年、類焼する。(「坊目誌」)
 第121代・孝明天皇(在位1846-1867)の援助により再興される。(「坊目誌」)
◆伝承 いくつかの伝承がある。鎌倉時代、「畦(くろ)の地蔵(畦地蔵)」と呼ばれ、四条大橋近くの畦道にお堂があり、鴨川の氾濫を鎮める地蔵として信仰を集めていたともいう。(「雍州府志」)
 また、鎌倉時代、洪水を防いだ禹王の故事に因み、夏禹廟(燕丹の社とも)が鴨川東岸に祀られたという。禹王(うおう)は、中国古代の聖王で治水の功があった。
 江戸時代、地蔵は禹王の化身として、鴨川の治水神とされた。鴨川の東岸のこの地に、かつては禹王社を名乗る神明社が隣接していたことに起因しているともいう。これには前段の話がある。鎌倉時代、四条橋下に綴法師と呼ばれる乞食僧がおり天下の悪党とされた。六波羅探題の後藤某という武士が捕えて首を撥ねた。その後、怨霊が祟ったため、五条橋(四条橋の誤りとも)下に夏兎王廟を祀り、防水祈願した。それが神明社であり、後身が仲源寺になるともいう。
 また、江戸時代、俄雨などの際には、界隈の芝居街(祇園社、知恩院の参詣者とも)の雨宿り場として寺が利用されたことから、雨止(あめやみ)地蔵と呼ばれたという。さらに、「雨止」が転訛し「目疾」(めやみ)になり、眼病平癒信仰になったともいう。
◆勢多判官為兼 鎌倉時代の勢多判官為兼(中原朝臣為兼)、鴨河使(防鴨河使)とは、平安時代初期に設置された令外(りょうげ)の官であり、鴨川の堤防修築を司った。
 1228年8月、鴨川の氾濫時に、為兼は、第86代・後堀河天皇の命により鴨川の視察を行う。鴨川の氾濫により川に流された人が、この地蔵堂に取り付いて助かった場面に出くわした。小さな堂には地蔵大仏が安置されていた。稚児が現れ、「人君徳を失い、庶人義を去りて利に走る時は、天道怒りて災を降すに水火の害を以てす。この水に克つものは土なり。土の神を地蔵菩薩という。汝早く地蔵尊を念じ、威神力をたのみて民人を救うべし」と告げて去ったという。(「仲源寺目疾地蔵尊略縁起」)。そのため、為兼は地蔵尊坐像を安置したという。
 また、同年の洪水で為兼が水を防ごうとした。だが、手の施しようがなかった。その時、異僧が現れ、川北に弁財天、夏禹廟(かのうおう)を祀ると水は引くと告げた。僧は寺に消えたため、為兼は僧の正体が地蔵尊であると知る。(「雍州府志」)。報恩のため弁財天、夏禹廟を建立し、また地蔵尊を造仏、安置したものという。
◆目疾地蔵 本尊の「目疾地蔵」は、「泣き地蔵」、「雨止み地蔵」、「眼疾地蔵」などとも呼ばれている。
 玉眼入りの眼が赤く、風眼(ふうがん、淋菌性結膜炎)を患うように見えることから眼病治癒の信仰を集めた。寺伝によれば、平安時代、1022年、仏師・定朝は、末代衆生済度のために、護持仏の厩戸王(うまやどのおう、聖徳太子、574-622)自刻という地蔵菩薩をその胎内に納め、38か月の歳月をかけ丈六の地蔵菩薩を造立したという。(「仲源寺略縁起」)。木造、寄木造、玉願嵌入。
 かつて地蔵尊を信仰する老夫婦があった。だが、夫は眼を病み失明してしまう。妻が地蔵尊に恨みを述べると、地蔵尊が現れ、寺の閼伽(あか)水で目を洗うようにと伝えた。その通りにすると眼が見えるようになったという。御礼参りに訪れると、地蔵尊の玉眼の右目が赤く、涙を流しているように見えたことから、以後、目疾地蔵と呼ばれるようになったともいう。また、地蔵尊が土中より現れた。そのため、目の彩色が曇り、風眼(やみめ)のようになったという。(「山州名跡誌」)
 地蔵尊についてもさまざまな伝承がある。かつて土中にあり、掘り出されて四条橋東北の小祠に安置されていた。鎌倉時代の仏師・湛慶の作という。祇園社の参詣者が、雨の日寺で雨が止むのを待ったので、雨止地蔵の名になった。鴨川が増水すると川を渡れなくなり、雨宿りしていたため雨止地蔵と呼ばれた。
◆仏像 観音堂に平安時代後期作の木造「十一面千手観音坐像」(重文)(248㎝)が安置されている。伝承として春日仏師作という。かつて東山・雲居寺、また、塔頭・桂橋寺の本尊であり、その後、遷されたものともいう。洛陽三十三観音巡礼第16番札所。木造、漆箔。
 本堂脇檀に、室町時代作の「山越阿弥陀如来像」が安置されている。山の形の彫刻の背後より上半身を現わしていることから呼ばれる。平安時代の恵心僧都(源信、942-1017)作との伝承がある。
 「走り大黒天」、「天道大日如来」も安置されている。
◆神輿洗 祇園祭に際して仲源寺では、神輿洗の神事(7月10日、7月28日)が行なわれる。中御座を清めるために、宮川(鴨川)から「御神用水」を汲み上げるのに先立つ午前中の神事は、鴨川とゆかりの深い当寺で行なわれている。
◆年間行事 眼病平癒・身体健康祈願(毎月23日)、水子先祖供養(毎月24日)。


*参考文献 『旧版 京のお地蔵さん』『京都・山城寺院神社大事典』『京の地蔵紳士録』『京の鴨川と橋 その歴史と生活』『京都を歩こう 洛陽三十三所観音巡礼』『京都の寺社505を歩く 上』『京都御朱印を求めて歩く札所めぐりガイド』『京都の仏像』『京の寺 不思議見聞録』


  四条大橋   八坂神社   祇園祭   白川・新橋通     

本堂

本堂

大黒天、天道大日如来、北辰妙見大菩薩

天道大日如来

地蔵尊

神職による祇園祭・神輿洗当日の神事(7月10日、7月28日)
 仲源寺 〒605-0074 京都市東山区祇園町南側585-1  075-561-1273  7:00-20:00
50音索引  ホーム・京都風光  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp