丸太町橋 (京都市中京区-左京区) 
Marutamachi-bashi Bridge

ホーム・京都風光    ホーム・京都風光



北方向


橋の中央部の川にせり出したバルコニー部分


 丸太町通とは材木の売買に由来する。通りに丸太町橋(まるたまちばし)が架かる。
◆歴史年表
 近代以前、丸太町橋には、木製の橋が架けられていた。鴨川の洪水により、橋はたびたび流された。 
 近代、1912年、架橋工事が始まる。広軌の京都市営電気軌道(市電)の敷設と、丸太町通の拡張工事が行われた。
 1913年、架橋が完成する。丸太町線延長により、鉄橋の丸太町橋が架けられる。熊野神社前、丸太町橋、烏丸丸太町間が通じた。
 1930年、架け替えられる。
 現代、1976年、市電は廃止された。
 1991年、現在の橋が架け替えられた。
◆丸太町橋 現在の丸太町橋の架橋年は、1991年になる。橋種は2径間連続鋼プレートガーター、橋長92m、幅員22m。
◆通リ 通りは、熊野の森、東山を見晴らす景勝の地であり、平安京の春日小路にあたる。
 近世に春日通と呼ばれ、一時は、材木町通とも呼ばれた。丸太町と変わったのは、近世、堀川に丸太を並べて橋としたことに由来しているという。また、堀川市場での丸太の売買から派生したともいう。
◆女紅場 丸太町橋西詰南には、「本邦高等女学校之濫觴(らんしょう、起こり) 女紅場(にょこうば)址」の石標が立つ。この地には旧九条家河原殿があり、その後、皇学所が開かれた。
 近代、1872年、女子に裁縫、料理、読み書きなどを教えた日本最初の女学校「新英学校及女紅場」があった。女子教育近代化の魁になる「新英学校及女紅場」は、英学と女紅(女工)の二部門に分けられていた。「新英学校」は、華士族の子女に対して、英国人イーバンス、ウェットン夫妻による外国語教育(男性も)、そのほか機織などを教えた。「女紅場」は、一般の女子に対して、裁縫、養蚕、装飾などを教えた。後に、同志社設立者・新島襄の妻になる山本八重(山本覚馬の妹)は、一時期、女紅場の舎監兼教導試補になり、養蚕を教えた。幕末の志士・梅田雲濱の未亡人・千代、娘・ぬいも教壇に立った。
 「遊所女紅場」という芸娼妓のための施設も設けられ、「八坂女紅場」として、祗園、先斗町の芸事の研修所として名称は今も残っている。また、1873年、民費による一般女紅場も設立され、郡部にも広がった。「女紅場」自体は、1881年、1882年頃に、財政的な理由により衰退する。
 1877年、新島襄は「同志社女学校」(当初は、同志社分校女紅場)を創設した。
 新英学校及女紅場は、その後「京都女学校及女紅場」(1876)、「京都女学校」(1882)、「京都高等女学校」(1887)、「京都府立第一高等女学校」(1904)などと名称変更し、現在の「鴨沂(おおき)高校」(1948)になる。
 なお、立命館大学の前身である京都法政学校(1900)の、初めての講義が行われたのは東三本木の料亭「精輝楼」大広間だった。
◆文学 梶井基次郎『ある心の風景』では、主人公の喬が眠れない夜に京都の町中をあてどなく彷徨する。丸太町橋のたもとより鴨川に下りて腰掛け、荒神橋、比叡山にも目をやる。


*参考文献 『京の鴨川と橋 その歴史と生活』『京の橋ものがたり』『文学散歩 作家が歩いた京の道』 『京都水ものがたり 平安京一二〇〇年を歩く』


  賀茂大橋    荒神橋   山紫水明処    三本木    御所   琵琶湖疏水    鞍馬寺    

橋の西詰南、旧京都中央電話局上分局(国の有形登録文化財)。当時の逓信省技師・吉田鉄郎(1894-1956)が設計した。鉄筋コンクリート造3階建、瓦葺。1923年に建てられ、屋根間部分は電話機の形をモチーフにしている。北は寄棟造の桟瓦葺、屋根に「目の形」の屋根窓がある。南は陸屋根(平坦屋根)。吉田鉄郎の表現主義から合理主義建築へ過渡に位置する作品の一つとされる。現存する鉄筋コンクリート造電話局舎の中では最も古い。
 1959年に廃局、1962年京都電信電話会館、1982年電気通信史料館となる。

橋の西詰南、「本邦高等女学校之濫觴 女紅場址」の石標

【参照】かつて橋を渡っていた市電

ありし日の精輝楼(立命館草創の地の碑より)、前身は吉田屋、その後、大和屋といわれ、1997年まで旅館としてこの地に存在した。

橋の西、京都府立第一高等女学校(現在の鴨高校)の正門、日本最初の女学校1900年に現在地に移転した。旧九条家河原町別邸で茶室なども残されている。
 運動場付近には、平安時代の貴族、廷臣の藤原道長(966-1027)によって建立された法成寺があったという。法成寺は1058年に焼失後、息子頼通により再建、孫師実と引き継がれたが、鎌倉時代末期に廃絶した。 

立命館草創の地の碑

より大きな地図で 鴨川の橋 を表示
 丸太町橋 京都市左京区東丸太町付近
ホーム・京都風光   ホーム・京都風光  
     © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp