橋姫神社 (宇治市)
Hashihime-jinja Shrine
橋姫神社 橋姫神社 
  Home   Home



橋姫神社




摂社・住吉社、『源平盛衰記』には、「平等院の北東の方結の神の後より武者二騎…」とあるという。




宇治橋


旧宇治橋の「三の間」、宇治橋右岸


現在の宇治橋の「三の間」
 宇治橋西詰近く、南に下がった地に橋の守り神とされる小社・橋姫神社(はしひめ じんじゃ)がある。
 祭神は、瀬織津比咩尊(せおりつひめのみこと、瀬織津媛)を祀る。
 縁切りの神、悪縁切りとして信仰篤く、婚礼の列は社前を通ることを避けるという。
◆歴史年表 創建の詳細は不明。かつて、宇治川上流の櫻谷に祀られていたという。
 飛鳥時代、646年、大和・元興寺(がんこうじ)僧・道登(どうと)と道昭が、共同で宇治川に宇治橋を架けた。それ以来、橋の鎮護のために、宇治橋の橋の上、川の上流側にある張出部分「三の間(三ノ間)」に祀られていたという。
 橋は幾度となく洪水により流出し、そのたびに架け替えられ、社殿も再建された。
 近世(安土・桃山時代-江戸時代)、社殿は、宇治橋の川岸、西詰北の宇治茶師・上林味卜邸隣に遷された。この時、櫻の馬場(宇治川左岸)に祀られていた水運の神・住吉神社と合祀される。社は、味卜家が管理したという。
 近代、1870年、1868年とも、宇治川堤防決壊で社殿は流される。
 1906年、現在の場所に遷された。
◆三の間 かつて、宇治橋の上流側にある張出部分「三の間(三ノ間)」には、橋の守り神、橋姫が鎮座する橋姫神社が祀られていた。
 宇治川の名水は、この三の間から汲まれ、茶の湯として茶人に尊ばれた。秀吉も汲み上げたという。
 現在も、名水汲み上げの儀(10月第一日曜日)が行われている。
◆伝承・物語 祭神の瀬織津比咩尊は、女神であり橋姫とも称される。男神(離宮神)は橋姫のもとに毎夜通った。暁になるとおびただしい波の音がしたという。橋姫は愛(は)し姫の掛詞ともいわれる。平安時代以来、多くの歌に詠まれた。古歌「さむしろに衣片敷き今宵もや我を待つらん宇治の橋姫」(『古今和歌集』)とある。
 橋姫にまつわるいくつかの伝承がある。橋姫は身籠り悪阻(つわり)に苦んでいた。食事も受け付けず、夫に伊勢七磯の若布だけは食べたいと乞う。夫は橋姫のために伊勢に旅立ち、戻ることはなかった。橋姫が伊勢のある家に出向くと、老尼が現れる。尼が言うには、夫は海の竜王に捕らえられという。今夜、夫は当家を訪れることになっている。ただし、火にかけた鍋の中を、決して覗いてはいけないと告げた。果たして夫は現れ、先の古歌を繰り返し、橋姫との再会を約束して立ち去った。その後、夫のもう一人の妻もまた、橋姫に聞いた通りに夫に会おうと試みた。だが、鍋の中を覗いてしまう。現れた夫は橋姫を想う古歌を繰り返した。もう一人の妻は橋姫に嫉妬する。すべてのものが消えうせ、ただ、貝一つだけが残された。橋姫は再び家を訪れた。だが、家は跡形もなく消え去っていたという。
 橋姫神社は悪縁切りの神とされている。神は川の汚れを流すとされ、苦しみ、悪縁も消し去るとして信仰されてきた。社は、平安時代中期の『源氏物語』第45帖の『宇治十帖』1帖「橋姫」の舞台とされた。薫と宇治に住む八の宮、その姫君の大君(おおいきみ)と中君(なかのきみ)が登場する。光源氏の子・薫は大君に出会い、橋姫にたとえた歌を送る。「橋姫の心をくみて高瀬さす棹のしずくにぞ濡れぬる」。
 鬼女橋姫の話は、鎌倉時代の『平家物語』、その異本『源平盛衰記』の「剣巻」にも取り上げられている。
  平安時代、第52代・嵯峨天皇の頃(809-825)、とある公家の娘は、男に心離れられる。娘は相手の女への嫉妬心に駆られた。娘は、貴船神社に7日間籠り、貴船大明神に鬼神に変えるようにと祈念する。この丑の刻参りの呪法により、明神は宇治川に浸るように告げる。
 娘は顔に朱をさし、身に丹を塗り、髪を松脂で捏ね上げた。五つの角を立て、さらに鉄輪を被せ、三本の足に松明を結わえ、口には両端に火が付いた松明をくわえた。この奇体で宇治川に21日間浸り、生きながらに鬼と化した。相手の女と縁者などを次々に殺めていく。源頼光の四天王の一人・源綱は、夜、一条堀川の戻橋で一人の女に逢う。綱は女を家に送ることにし、馬に乗せた。途中、突如その女は鬼に変わり、綱の髪を掴み北西の空に飛び立つ。綱は鬚切で鬼の腕を斬り落とし、自らは北野の社に落ちたという。鬼は手を斬られたまま愛宕へと消え去ったという。
◆摂社 橋姫神社の隣にある住吉社は、住吉明神を祀る。
◆名水 かつて、宇治に「宇治七名水」があり、飲料、茶の湯に用いられた。
 宇治七名水は、①桐原水(宇治上神社境内)、②阿弥陀水(平等院鳳凰堂南崖)、③法華水(平等院塔頭・浄土院の北)、④公文水(橋姫神社付近)、⑤泉殿(JR宇治駅北)、⑥高浄水(こうじょうすい、泉殿付近)、⑦百夜月井・桃の井(ももよづきのい、宇治町四番保)になる。
 桐原水以外は廃絶するか、所在不詳とされている。
◆年間行事 例祭(6月10日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『おんなの史跡を歩く』『京都府の歴史散歩 下』『京都大事典』『昭和京都名所図会 6 洛南』『京のしあわせめぐり55』『源氏物語を歩く旅』


   関連・周辺橋寺放生院      関連・周辺興聖寺      関連・周辺宇治川・宇治橋      周辺平等院      周辺縣神社      関連北野天満宮      関連貴船神社       関連一条戻橋      関連愛宕神社          

「三の間」、川上に迫り出している。かつて橋姫(はしひめ)神社はここに祀られていた。 

近くにある宇治七名水の一つ「公文水」
 橋姫神社 〒611-0021 宇治市宇治蓮華47   0774-21-2017 
  Home     Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp