瑠璃光院 (京都市左京区) 
Ruriko-in Temple

 Home  Home

山門




「山露路の庭」


書院

 比叡山の麓、八瀬(やせ)の高野川(大原川、八瀬川)沿いに、瑠璃光院(るりこういん)はある。庭内には苔が自生している。そのうちの一種が、光線の加減により瑠璃色に輝いたことから、寺号は瑠璃光院と名付けられた。また、仏教語の瑠璃とは、浄土世界を意味する。 
 正式には、無量寿山光明寺瑠璃光院という。浄土真宗東本願寺派の寺院。岐阜に本山があり、京都本坊になる。本尊は、人々の所業を救うために左足を差し出したという阿弥陀如来像を安置する。
◆歴史年表 江戸時代後期-近代、この地には、京都の実業家・政治家の田中源太郎(1853-1922)の別荘が建てられていた。
 公卿、政治家・三条実美(1837-1891)により、庵は「喜鶴亭」と命名された。
 近代、大正期(1912-1926)末-昭和期(1926-1989)初期、12000坪の敷地に、240坪の数寄屋造の大改築が行われる。
 現代、1965年頃-1985年頃、「八瀬のかま風呂」を売りにした高級料理旅館「喜鶴亭」が営業し、隠れ里として知られる。
 その後、京福電鉄の所有になり空き家になる。 
 2005年、寺院に改められ、岐阜の寺院の別院になる。建物、庭園の修復が続けられた。
◆田中源太郎 江戸時代後期-近代の実業家・田中源太郎(1853-1922)。京都府旧桑田郡亀山(現亀岡市)の亀山藩御用商人の家に生まれた。実業家として、京都銀行の前身「亀岡銀行」、京都証券取引所の前身「京都株式取引所」、関西電力・京福電鉄などの前身「京都電燈株式会社」、国鉄山陰線(現JR)の前身「京都鉄道株式会社」など数多くの事業に関わった。1888年、創業した京都電燈株式会社は、日本初の営業用水力発電として蹴上発電所を稼動させた。政治家として、京都府議会議員、衆議院議員、貴族院議員などを歴任、立命館大学の前身「京都法政学校」の設立にも賛助員として加わった。
 生家は、ホテル「楽々荘」(亀岡市)として現存し、1997年、国登録有形文化財に指定されている。
◆建築 書院は、数寄屋造になっている。大正期-昭和期初期に改築された。京数奇屋大工棟梁の中村外二(1906-1997)による。
 中村は、富山県石動市に生まれた。裏千家大工として修練し、京数奇屋大工の名人といわれた。
◆庭 境内は、12000坪の広大な寺域がある。庭園は、三面あり、比叡山麓の自然の傾斜地をそのままに利用している。植えられている楓は7種とも数10種ともいう。その色は黄、橙、桃、紅色に変化するという。
 苔は4、5種とも、数10種ほどあるともいう。「万葉の花」といわれる馬酔木も、500株ほどが群生し自生している。このうち、数百本は、樹齢100年以上という。山桜も植えられている。作庭は、佐野藤右衛門一門の作という。
 山門から玄関までは「山露路の庭」といわれ、石段の参道と池、石組、樹木による。
 主庭の書院前庭の「瑠璃の庭」は、ある気象条件の下で、「瑠璃色(青色)に輝く浄土の世界」が現れるとして名付けられたという。苔と白砂、石組、遣水、植栽により構成されている。楓などの豊かな自然の緑を背景とする。苔地に、奥に据えられた巨石の岩から、比叡山の伏流水が細く緩やかな曲線を描く遣水により、手前左手に導かれる。その流れに相似するように、細く白い小径が付けられている。
 下屋敷の茶室「喜鶴亭」前庭は、池泉庭園「臥龍の庭」といわれる。石組、水の流れ、建物による昇雲の龍身が表されているという。
◆文化財 室町時代の「聖衆来迎図」、「阿弥陀三尊来迎図」、江戸時代の「洛中洛外屏風(一部)」「草花屏風」、政治家・犬養毅の書「産業立国」、日本画家・富岡鉄斎「山岳風景図」など。
◆紅葉 春は新緑(緑紅葉)、秋は紅葉、「もみじの滝」と形容されている楓の変化を満喫できる。
◆公開 春の特別公開(4月1日-5月31日)、秋の特別公開(10月1日-12月7日)。


*普段は非公開。
*年間行事は中止、日時変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都 四季の庭園』



  関連・周辺      周辺御蔭神社     周辺崇道神社     関連八瀬       

仏堂

下屋敷

下屋敷にある茶室「喜鶴亭」

八瀬の窯(かま)風呂を見学できる。八瀬の地名については伝承がある。壬申の乱(672)で、甥の大友皇子との争いに敗れた大海人皇子(おおあまのみこ、おほしあまのみこ、天武天皇、631? - 686)が矢傷を負ったことから、「矢背」(やせ)とする説がある。(「水鏡」)また、皇子は、この地の窯風呂により傷を全治させたという。
 窯風呂は、窯の中で、青松葉、生木などを焚いて、摂氏45度前後に一度暖める。次に灰を取って、塩水にひたした筵を敷き、その上に寝る。いわば蒸風呂で、現在のサウナ形式による。千利休も利用したという。

「瑠璃の庭」、苔、遣水、白砂

書院二階から見る「瑠璃の庭」


「臥龍の庭」

「山露路の庭」

比叡山系の山に自生している馬酔木



書院2階からの八瀬の遠望

周辺の紅葉の頃の高野川
瑠璃光院 グーグルマッブ・境内ストリートビュー
 瑠璃光院  〒606-0067 京都市左京区上高野東山55  075-781-4001  10:00-16:30
 Home    Home  

  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp