亀山公園 (嵐山公園) (京都市右京区)
Kameyama-koen Park(Kyoto Prefectural Arashiyama-koen Park)

ホーム・京都風光   ホーム・京都風光

春の頃、亀山公園の展望台からの眺望、流れているのは保津川



嵐山の山桜

秋の風景




保津川下りの船
 嵐山の景勝地に亀山公園(かめやま こうえん)はある。正式には、京都府立嵐山公園という。公園内に、鎌倉時代の第90代・亀山天皇など3天皇の火葬塚があり、亀山公園とも呼ばれている。なお、天龍寺境内に亀山陵がある。 
 公園内の展望台からは、保津峡を望むことができる。園内にも桜とツツジが植えられている。
◆歴史年表 近代、1910年、京都府立嵐山公園(亀山公園)は開かれた。
 現代、1979年、周恩来の詩碑「雨中嵐山」が建てられた。
◆角倉了以 室町時代-江戸時代の豪商・角倉了以(すみのくら りょうい、 1554-1614)。京都に生まれた。父の吉田宗桂は、家業の医者であり、勘合貿易により薬も扱っていた。了以も家業を行う。1603-1613年、御 朱印船(角倉船、800t)貿易によるアジア諸国との交易で巨万の富を得る。1606年、豊臣秀吉の命により、大堰川開削工事により保津峡に船を渡し、亀 岡と京都間の木材輸送を拓く。川を通行する舟より通舟料を得て、莫大な利益を得る。幕府の命により、1608年、富士川の疏通を完成 させる。同年天竜川開疏は失敗した。1614年、高瀬川の開疏を完成させている。墓は二尊院にある。
 公園に角倉了以像がある。現在の像は1988年に建立された。初代は、第二次世界大戦中の資材供出で撤去されている。
◆津崎村岡の局 江戸時代末-近代の女性・津崎村岡局(むらおか の つぼね、1786-1873)。規子(距子)。北嵯峨の大覚寺宮の家来・津崎左京の家に生まれた。1798年公卿・近衛忠熈(ただひろ)に侍女として仕え、その長である老女になり、村岡と称した。「近衛家の清少納言」(梅田雲浜)といわれた。1856年、篤姫(島津斉彬養女)は忠熈の養女資格で家定の室となり、局は養母格で江戸に下る。尊攘派の志士、近衛家、公卿との間の連絡に当り、僧・月照、西郷隆盛らとも親しくし、二人を西国に逃がしたともいう。幕府の日米条約調印勅許を阻止し、安政の大獄(1858-1859)に連座、1859年、京都西町奉行所、その後江戸で投獄される。尋問の末、30日の永押込(ながおしこみ)の刑になる。その後、一度帰京し、1863年再び逮捕された。以後、直指庵に隠棲し、付近の子女の教育に努めた。
 公園内に銅像がある。1928年に建てられた。
◆周恩来 中国の政治家・周恩来(しゅう おんらい、1898-1976)。江蘇省の生まれ、叔父の養子となる。天津・南開中学に学ぶ。1917年、来日、東京の東亜高等予備学校(日華同人共立東亜高等予備学校)、明治大学政治経済科に通う。1919年、南開大学学生として五・四運動に参加し投獄された。1920年、フランス留学、1921年、中国共産主義青年団の創立に加わり、1922年、中国共産党入党。1924年、帰国。黄埔軍官学校の政治部主任代理、1925年、穎超(とうえいちょう)と結婚。1926年、北伐開始により上海で労働者の蜂起を指導した。1927年、上海クーデターで武漢に逃れ、中国共産党政治局委員に選出された。1927、朱徳らと南昌蜂起、広東蜂起を指導し、失敗、香港に脱れた。1931年、江西ソビエト区党中央軍事部長、第一方面軍政治委員。1934年、紅軍の大長征最高指導者、1936年、西安事件に際して、抗日民族統一戦線の結成に努めた。抗日戦争中は重慶に移り国共両党の調整にあたり、第二次世界大戦後、マーシャル・アメリカ特使の国共調停工作にも応じた。1949年、新中国成立後、国務院(政務院)総理兼外交部長。1966年よりの文化大革命で毛沢東を支持、1971年、林彪異変以降、脱文革化した。1971年、米中接近、国連加盟、1972年、日中国交正常化に尽力した。
 再来日後、京都の友人・三高生の呉翰濤宅に寄宿し、京都大学の聴講生になる。呉により、京都大学経済学部教授・河上肇の影響を受け、後の中国革命の一つの契機になったという。
 「雨中嵐山」の詩は、1919年4月、帰国を前にした周恩来が、嵐山を訪れた際に作られた。1979年、「周恩来総理記念詩碑建立委員会」により立てられた。
◆嵐山 嵐山の地名由来について、第23代・顕宗天皇の紀(450-487)の「歌荒樔田(うたあらすだ、宇太の樔田の田)」(『日本書紀』)より、「荒樔(あらす)」が「嵐」になり、「荒樔山」が「嵐山」なったともいう。
 また、「荒樔」とは、大井川の急流部の「荒瀬」にあり、大井川が「荒樔川」と呼ばれたことに因むともいう。大井川に流入する有栖川(ありすがわ)の「有栖」も、この「荒樔」に因むともいう。
◆亀山 亀山(かめやま)は公園内にある。亀尾山(かめのをやま)ともいう。山の形が亀に似ていることから名づけられた。
 歌枕になっている。「亀山の劫(こふ)を映して行く水に漕ぎ来る舟は幾代経ぬらむ」(「貫之集」一六四)。
◆源氏物語 『源氏物語』「薄雲巻」に登場する明石の君は、光源氏との間に生まれた姫君2歳、母・尼君とともに須磨より、大堰川(おおいがわ、桂川)の山荘に移り住んだ。「大堰川のわたりにありける」山荘になる。山荘は、亀山公園付近が想定されているともいう。嵐山へは、大内裏より6.3kmあり、牛車(5km/h)で1時間ほどになる。
 明石の君は、光源氏と出会うものの、自らは二条院に住むにはふさわしくないと思った。明石の君は山荘で光源氏と再会を果たす。だが、今度は、最愛の娘が紫の上に育てられることになる。
◆桜・楓 嵐山公園には桜1500本が植えられ、春には公園の桜と共に山桜、秋には山々の紅葉が知られている。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『おんなの史跡を歩く』『京に燃えたおんな』『京を彩った女たち』源氏物語を歩く旅』『京都の地名検証』『京都の地名検証 3』『京都時代MAP 平安京編』


  関連・周辺直指庵      関連・周辺大悲閣(千光寺)     周辺      関連法然院         

亀山天皇火葬塚

小倉百人一首の歌碑

角倉了以像

津崎村岡局像

「雨中嵐山」の詩
詩は、当時としては斬新な新体詩(口語詩)で書かれている。
 
「雨中嵐山」 日本京都 一九一九年四月五日

     雨中二次遊嵐山、
     両岸蒼松、挟着幾株櫻。
     到尽処突見一山高、
     流出泉水緑如許、繞石照人。
     瀟瀟雨、霧濛濃
     一線陽光穿雲出、愈見姣妍。
     人間的万象真理、愈求愈模糊
     ━━模糊中偶然見着一点光明、
      真愈覚嬌妍。
       
 訳 雨の中を二度嵐山に遊ぶ/両岸の青き松に、いく株かの桜まじる/道の尽きるやひときわ高き山見ゆ/流れ出る泉は緑に映え、石をめぐりて人を照らす/雨濛々として霧深く/陽の光雲間より射して、いよいよなまめかし/世のもろもろの真理は、求めるほどに模糊とするも/―模糊の中にたまさかに一点の光明を見出せば、真(まこと)にいよいよなまめかし/(蔡子民訳)

より大きな地図で 保津川(大堰川・桂川) を表示
嵐山公園(亀山公園) 〒616-8386 京都市右京区嵯峨亀ノ尾町6
ホーム・京都風光   ホーム・京都風光  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp