大覚寺・大沢池 (京都市右京区)
Daikaku-ji Temple

ホーム・京都風光   ホーム・京都風光








玄関門(表門)、江戸時代初期、木造切妻造、本瓦葺、素木造り、屋根は切妻造の四脚門。


玄関門


玄関門


勅使門(唐門)、江戸時代、嘉永年間(1848-1854)に再建された。1間1戸の四脚門、切妻造銅瓦葺、正面、背面は漆塗り・金鍍金飾りの軒唐破風門は天皇関係者にしか開けられない。ただ、華道・嵯峨御流の数年に一度の献花式の際には開門されるという。


勅使門


玄関門の鬼瓦



明智陣屋(庫裏)、江戸時代初期建立の明智光秀が城主だった亀山城から、江戸時代、1871年に移築されたといわれている。明智門もある。











式台玄関、江戸時代、木造入母屋造瓦葺、正面は銅板葺唐破風。妻飾りは木連格子懸魚附き。第108代・後水尾天皇の中宮・東福門院(徳川2代将軍秀忠の娘)(1607-1678)の女御御所、長局(ながつぼね)の一部が移築されたという。


式台玄関は御所より移築された。


嵯峨菊


式台玄関の狩野永徳筆「松に山鳥図」(模写)と九曜菊紋入の後宇多天皇の紋が入る、天皇が使用した輿ともいう。ただ、後期の復元ともいう。


宸殿(重文)、一重入母屋造、檜皮葺御殿風(寝殿造)、廊下、広縁は鴬張。
 かつて第108代・後水尾天皇の中宮・東福門院(徳川2代将軍秀忠の娘)の女御御殿の宸殿(1619)で、第109代・明正天皇の仮御御所になり、その後、江戸時代、17世紀(1601-1700)後半に移築されたという。



宸殿


宸殿、入り口の格子戸・蔀には蝉の留め金が施されている。広縁が付き鴬張り。部屋は5つある。移築後の改修により、蔀部分は1間後退し、縁が付けられた。


宸殿「牡丹の間」は33畳。格式高く、折上小組格天井となっている。襖絵は、狩野山楽。(模写)


宸殿、松の間は18畳、格天井。


宸殿




回廊、「村雨(むらさめ)の廊下」


御影堂(心経前殿)


御霊殿(安井堂)


五大堂(本堂)


五大堂(本堂)


本堂では毎日、「般若心経」の写経が行われている。

南北朝の頃の歴代天皇

→88 後嵯峨→南北朝分裂→89 後深草(持)→90 亀山(大)→91 後宇多(大)→92 伏見(持)→93 後伏見(持)→94 後二条(大)→95 花園(持)→96 後醍醐(大、南1)→97 後村上(大、南2)→98 長慶(大、南3)→99 後亀山(大、南4)→南北朝合一→100 後小松(持、北6)→101 称光

持明院統
→92 伏見(持)→光厳(持、北1)→光明(持、北2)→後崇光(持、北3)→後光厳(持、北4)→後円融(持、北5)→100 後小松(持、北6)






勅封心経殿(心経殿)、国登録文化財指定(1997)


正寝殿(客殿)(重文)


正寝殿、墨絵「花鳥の図」、江戸時代、元禄の頃の渡辺始興筆「野兎の図」(模写)などが見られる。


正寝殿、上段の間、8畳。後方4畳に玉座がある。奥に帳台構、右に平書院。ここで、後宇多天皇の院政が行われた。冠を傍らに置いたことから「御冠(おかんむりの間」ともいわれた。部屋の奥に、南北朝時代終焉の場にとなった「剣璽(けんじ)の間」がある。狩野山楽の障壁画がある。


狩野派障壁画、金碧濃彩画、水墨淡彩画がある。大和絵と、宋・元伝来の唐絵を折衷し、発展させた。金箔に墨で骨書し、盛胡粉に岩絵具で、松草花、鶴亀、竜虎などを描いた。


御影堂南にある庭は、白川砂により大海を表す。 右近の橘、左近の桜が植えられている。庭の中央にある舞楽台、奥は勅使門。


御影堂南にある庭、背後の借景は嵐山。


御影堂北の苔の庭


サルスベリ


霊明殿



霊明殿
 嵯峨野、大沢池の畔に大覚寺(だいかくじ)はある。日本最古の庭園、離宮嵯峨院の庭に創建された。創建以来、皇室とのゆかりが深い。
 「嵯峨御所」「大覚寺門跡」、正式には旧嵯峨御所大覚寺門跡という。山号は嵯峨山といいう。
 真言宗大覚寺派の本山。本尊は五大明王。
 近畿三十六不動尊霊場の第13番札所。神仏霊場会89番 京都9番。御朱印(3種類)が授けられる。
◆歴史年表 平安時代、810年、この地には、第52代・嵯峨天皇(786-842)の皇子時代に山荘が営まれていた。後に離宮嵯峨院(嵯峨荘、嵯峨山荘、嵯峨山院、嵯峨別館、嵯峨の荘)に引き継がれる。嵯峨の地名は、唐に憧れていた天皇が、唐の都・長安の北にある景勝地、嵯峨山に因み名付けたという。
 811年、810年とも、嵯峨天皇の勅願により、空海が刻んだという五大明王を安置する五覚院が、空海により建立されたという。
 814年、嵯峨院の初出になり、嵯峨天皇が嵯峨院に立ち寄る。(『日本後紀』)
 818年、嵯峨天皇は空海の勧めにより、紺紙金泥の「般若心経」一巻を書写し、前年から続いていた旱魃・大飢饉、疫病退散を祈願した。以来、各天皇もこれに倣い、「般若心経」の書写、奉納が続いた。
 834年、嵯峨天皇は譲位後、現在地に御所を設けて遷居した。以後、皇后嘉智子(壇林皇后)とともに、最晩年をこの地で過ごす。
 842年、嵯峨天皇が亡くなる。
 876年、嵯峨天皇皇女で第53代・淳和天皇皇后正子(せいし)内親王により寺に改められた。第56代・清和天皇より寺号を贈られ大覚寺とした。(『三代実録』)。皇后が嵯峨天皇、淳和両天皇の遺徳を偲ぶためという。開山は、淳和天皇第2皇子・恒寂(こうじゃく)法親王による。親王は、阿弥陀如来像、諸経論を安置し、定額僧14口を置く。(「後拾遺往生伝」上)。療養施設の済治院、不壌化身院が併設されていた。
 881年、勅により山城国葛野郡二条山田の地36町が大覚寺に施入された。付近にあった嵯峨上皇、檀林皇后、淳和太后の御陵、檀林寺の管理を大覚寺が任された。検校する公卿別当が置かれる。
 918年、宇多法皇(第59代)が両部灌頂を修した。2世・寛空が門跡になる。
 その後、一時荒廃した。
 天元年間(978-983)、定昭は、興福寺内に一乗院を創建し、以来、1268年(1223年とも)まで一乗院主が大覚寺を兼帯、兼領した。
 鎌倉時代、1268年、後嵯峨上皇(第88代)が入寺し、素覚と称し21世になった。以後、亀山、後宇多野と院政をしく。
 1289年、第90代・亀山天皇は金剛眼と称し22世になる。
 1307年、第91代・後宇多天皇が剃髪し、金剛性と称して住し、23世として中興する。
 1308年、後宇多上皇は、寺内の蓮華峰寺を仙洞御所(嵯峨御所)として院政を行う。上皇は中興の祖となる。以来、相次いで上皇・皇子が住持を務め、後世に大覚寺統(南北朝時代には南朝)と呼ばれた。
 1318年、後宇多法皇は亀山殿で仁王経を修した。
 1321年、後宇多法皇により再建される。金堂、僧坊が建つ。供僧、定額僧を置く。
 1324年、後宇多法皇没後、蓮華峯寺陵に葬られる。
 1325年、後宇多法皇第4皇子・性円親王が24世門主に就く。
 南北朝時代(1336-1392)、大覚寺統(南朝)と、持明院統(北朝)の対立が続く。
 1336年、後醍醐天皇と光明天皇・足利尊氏の対立により、当寺は大覚寺統であるため足利軍に火をかけられ焼失する。
 1337年、性円親王により再建される。
 1348年、後宇多法皇弟の寛尊親王が門主になる。
 1383年、第94代・後二条天皇孫の大金剛院深守准后が門主になる。
 1389年、後光厳院(北朝第4代)皇子の寛教親王が門主に就く。
 1392年、第99代・南朝第4代の後亀山天皇は、3代将軍・足利義満の仲介により、大覚寺御冠の間において、北朝第6代・後小松天皇に三種の神器を譲る。ここに、南北朝合一(講和)が実現したが、その後も混乱は続き、南朝本拠の大覚寺は以後荒廃した。
 室町時代、1394年、後亀山天皇は、寺内の小倉御殿に隠棲した。
 1419年、足利義満の子・義昭准后が門主になる。
 1437年、31世・義昭の乱が起こる。
 1442年、鷹司関白房平の子・性深准后が門主になる。
 1467年、1468年とも、応仁・文明の乱(1467-1477)で、攻め込んだ丹波勢により2度にわたり当山は焼失した。その後、荒廃する。
 1528年、武将・柳本賢治(?-1530)により、破却、焼失する。古文書なども消失した。
 1529年、足利義稙の猶子・義俊が門主になる。
 1530年、33世・性守は盗賊の凶刃に倒れた。
 1562年、義俊は戦乱を避け、江州志加津に移る。
 1568年、近衛稙家の子・尊信准后が門主になる。
 安土・桃山時代、1575年、織田信長の寺領寄進がある。
 1576年、織田信長による寺領寄進がある。
 1585年、豊臣秀吉による寺領寄進がある。
 1587年、第107代・後陽成天皇が参詣する。
 1588年、豊臣秀吉が寺領寄進した。
 1589年、空性が門主になる。
 江戸時代初期、皇室による外護があり再建が行われた。
 1615年、性演を招き、大覚寺が兼帯していた太秦の安井門跡が再興される。
 寛永年間(1615-1644)、伽藍の整備が進む。
 1651年、性真親王が門主になる。
 1672年、第108代・後水尾天皇が参詣、大沢池で舟遊びする。
 1674年、後水尾天皇が参詣する。
 1678年、後水尾天皇が参詣した。
 1686年、宸殿が建てられる。
 1697年、性応が門主になる。
 1711年、塔頭・覚勝院の聖天堂が建てられる。
 1722年、寛主大僧正が門主になる。
 1733年、五大堂が瓦葺になった。
 天明年間(1781-1789)、五大堂が再建される。
 1807年、亮深准三宮が門主になる。
 1829年、未生斎広甫が嵯峨御所華務職になる。
 1837年、慈性法親王が門主になる。
 1846年、慈性法親王は江戸・輪王寺に移り、大覚寺を兼帯する。
 
嘉永年間(1848-1854)、勅使門(唐門)が再建された。
 近代、1868年、神仏分離令後の廃仏毀釈により、寺領上知により荒廃、一時無住になる。大沢池畔にあった江戸時代中期の庭湖館が移築された。
 1871年、江戸幕府の定めた三門跡制(宮門跡、摂家門跡、准門跡)は廃止になり、門跡の称号も廃された。安井門跡蓮華光院の御影堂が移築され御霊殿(安井堂)となる。
 1873年、神海が入寺し復興する。東山安井(現在の安井神社)の蓮華光院、観勝寺・真性院と光明院は大覚寺に移り、その後1876年に廃寺になる。明智陣屋(庫裏)が亀山城より移築されたという。
 1876年、宮中の寄進により復興される。
 1878年、各寺(仁和寺、広隆寺、神護寺、法隆寺、薬師寺、西大寺、唐招提寺)と合同し、西部真言宗と称した。
 1885年、旧門跡は復称をゆるされた。
 1900年、1901年とも、古儀真言宗大覚寺派として独立した。
 1923年、大沢池、名古曽滝跡が名勝指定を受ける。
 1924年、1925年とも、高野山・仁和寺と合同し古義真言宗となる。
 1925年、御影堂(心経前殿)が建立される。写経会が始まる。
 1931年、華道盛瓶部が新設になる。
 1938年、境内全域が大覚寺御所跡として国指定史跡になった。
 現代、1946年、大覚寺派、高野山真言宗が合併する。嵯峨伝灯学院が開設になる。
 1950年、真言宗大覚寺派として高野山真言宗より独立する。
 1960年、霊明殿が建てられる。
 1967年、心経宝塔が建立される。
 1971年、嵯峨美術短大が設立になる。
 
1973年、東宮仮御所より移され、貴賓館・秩父宮御殿として建てられた。
 1994年、奈良国立文化財研究所による名古曽(なこそ)の滝跡付近の発掘調査が行われ、中世の遣水が発見されている。
 2014年、「綴プロジェクト(文化財未来継承プロジェクト)」は、伝狩野山楽筆「四季耕作図襖」16面の高精細複製品を同寺に寄贈した。
◆空海 平安時代の真言宗の開祖・空海(くうかい、774-835)。讃岐国の豪族・ 佐伯直田公(義通)の子。788年、15歳で上京し、渡来系氏族の母・玉依方の叔父・阿刀大足に師事し儒学を学ぶ。791年、大学明経科に入るが、退学して四国の大滝岳や室戸崎などで山林修行した。798年、槙尾山寺で沙弥となり、教海と称したという。804年、東大寺戒壇院で具足戒を受ける。遣唐使の留学僧(804-806)として唐に渡る。805年、青竜寺の恵果により両界、伝法阿闍梨の灌頂を受ける。当初の20年の義務期間を2年に短縮して、809年、帰国し、大宰府観世音寺に滞在し高雄山に入る。811年、別当になる。813年、東大寺別当になる。816年、嵯峨天皇の勅許により、高野山に真言密教の道場を開く。818年、嵯峨天皇は空海の勧めにより、般若心経一巻を書写し、疫病平癒を祈願した。819年頃、高野山を開く。822年、東大寺 灌頂道場(真言院)を建立した。823年、嵯峨天皇の支援の下に東寺を給与される。824年、高雄山寺を神護寺と改名する。827年、大僧都に任じられる。828年、綜芸種智 院を創立する。高野山で亡くなり東峰に葬られた。834年、宮中に念願の真言院を建立した。第52代・嵯峨天皇、橘逸勢と共に三筆のひとりとして数えられている。東寺境内に日本最初の私立学校 「綜芸種智院」も創立している。唐で学んだ土木技術により、各所で灌漑、土木工事などを行い、祈雨の伝承も残っている。
◆嵯峨天皇 平安時代の第52代・嵯峨天皇(さが てんのう、786-842)。第50代・桓武天皇の第2皇子、母は皇后藤原乙牟漏。同母兄に第51代・平城天皇、異母弟に第53代・淳和天皇。皇后は橘嘉智子(檀林皇后)。806年、兄・平城天皇の皇太弟、809年、即位した。810年、平城太上天皇の変(薬子の変)で平城上皇と対立し、これを抑え上皇が出家して決着する。蔵人頭を任じ、戦勝を祈願し賀茂斎王を置く。上皇御所として冷泉院と朱雀院を設けた。漢詩文を好み、唐風文化を取り入れた。書は空海、橘逸勢と共に三筆のひとりとされた。華道嵯峨御流の開祖。 没後2日後に承和の変が起きた。
 天皇と弘法大師(空海)の出会いは、809年のことで、空海は前年に唐より帰国していた。天皇は、文人、書家としての見解を尋ねたという。嵯峨の地名は、唐の文化に憧れていた天皇が、唐の都・長安北方の景勝地、嵯峨山になぞらえたことに因む。
 天皇は、自らの陵墓について、草木が生えるままにと遺し、遺骸は人知れない山中に葬られた。近代、嵯峨天皇山上陵が、大覚寺の北西、朝原山山頂に造営されている。
◆橘嘉智子 平安時代の女性・橘嘉智子(たちばな の かちこ、786-850)。橘清友の娘。第52代・嵯峨天皇皇后。美貌の人だったという。809年、入内。815年、皇后。仏教を信仰し、禅院檀林寺を創建したことから檀林皇后ともいわれた。第54代・仁明天皇(正良親王)、正子内親王(第53代・淳和天皇皇后)などを生む。橘氏としては最初で最後の皇后となり、嵯峨上皇没後も皇太后、太皇 太后として勢威をふるう。兄・公卿橘氏公とともに橘氏の教育のために大学別曹学館院を設立した。仁明天皇の皇太子恒貞親王が廃された政変の承和の変 (842)にも関わったという。嵯峨院で亡くなり、深谷山に葬られた。
◆正子内親王 平安時代前期の第53代・淳和天皇皇后・正子内親王(せいし/まさこ ないしんのう、879-809)。父は第52代・嵯峨天皇、母は橘嘉智子。825年、淳和天皇の第2皇子・恒貞親王を産む。827年、淳和天皇皇后となる。831年、旱に際して囚徒を録し、作役を廃するよう天皇に勧め降雨したという。833年、第54代・仁明天皇が即位、恒貞が立太子となる。840年、夫没後、出家し尼になる。842年、承和の変では謀反首謀者とされ恒貞親王は廃太子、摘発者は母・嘉智子だった。860年、菩薩戒を受け、法名は良祚と称した。876年、大覚寺を建立し、僧尼の病い治療のための済治院を建てた。淳和院を道場とし尼の居所とした。孤児の養育を行う。
◆恒寂親王 平安時代前期の皇族・恒貞親王(つねさだ しんのう、825-884)。恒寂。第53代・淳和天皇の第2皇子。嵯峨天皇の孫、母は正子内親王。9歳で皇太子になり、淳和天皇の後継とされたが、842年、承和の変により、皇太子を廃された。藤原氏による陰謀といわれている。その後、出家し、恒寂と称した。真如法親王から灌頂を受け、嵯峨大覚寺の初祖になる。860年、具足戒を受ける。晩年に大覚寺に私財を施入、丈六の阿弥陀像を造立したという。884年、第57代・陽成天皇退位後の即位を拒絶したと伝えられ、その年に没した。
◆定昭 平安時代中期の真言宗僧・定昭(じょうしょう、906-983)。定照、嵯峨僧都、一乗院僧都。左大臣・藤原師尹(もろただ)の子。仁こうに法相を学び、寛空に灌頂を受ける。大覚寺別当に任じられた。興福寺に一乗院をひらく。966年、権律師、979年、金剛峰寺座主、東寺長者・法務、979年、大僧都。
◆明円 平安時代末期-鎌倉時代初期の仏師・明円(みょうえん/めいえん、?-1199)。三条仏所・長勢の流れをくむ円派。1166年、近衛基実の法要、阿弥陀如来、観音菩薩、不動明王の3体を造る。法橋位に叙せられる。1167年、大覚寺の五大明王像、1191年、焼打ち後の復興で、興福寺金堂の造仏を手がける。
◆後宇多天皇 鎌倉時代の第91代・後宇多天皇(ごうだ てんのう、1267-1324)。亀山天皇第2皇子、皇后は藤原佶子(京極院)。 亀山上皇による院政下、8歳で即位した。治世中、モンゴルの来襲(1274年、1281年、元寇、文永・弘安の両役)が起こる。1287年譲位後、自らも94代・後二条天皇、96代・後醍醐天皇時に院政を敷いた。1307年、仁和寺で落飾し、金剛性と称し、大覚寺に入寺、門跡になった。1308年、東寺灌頂院で伝法灌頂を受法した。 
 大覚寺では、伽藍僧坊の造営、法印・法眼・法橋などの称号・位階を設け、称号の授与に関する権限を大覚寺に与える「永宣旨」(えいせんじ)を出した。春秋に灌頂法を行う。大覚寺御所で亡くなる。
◆性円法親王 鎌倉-南北朝時代・性円法親王(しょうえん ほっしんのう、1292-1347)。南池院宮。後宇多天皇の第4皇子。母は藤原忠子(談天門院)。1307年、出家、大覚寺に入る。1313年、法皇より灌頂を受けた。
◆足利義昭 室町時代の僧・足利義昭(あしかが よしあき、1404-1441)。足利義満の子として京都生まれた。1414年、准后宣下を受け、1415年、11歳で得度、大覚寺に入る。1419年、入壇、僧正、東寺長者に補任、大僧正、長者に再任。1428年、くじで義教が室町幕府6代将軍となる。1437年、義昭は大覚寺を出て、大和吉野に拠り、還俗して義有と称した。手を結んでいた足利持氏が鎌倉で殺され、日向櫛間に逃れる。島津氏に匿われるが殺された。
◆狩野山楽 安土・桃山時代-江戸時代初期の画家・狩野山楽(かのう さんらく、1559-1635)。近江に生まれた。父・木村永光は浅井長政の家臣。当初は長政に仕え、後に豊臣秀吉の近侍となる。秀吉の推挙で狩野永徳の門人となり、養子となり狩野氏を許された。1590年、秀吉の命により、病に倒れた師・永徳を継ぎ、東福寺法堂「蟠竜図天井画」(1881年焼失)の修復を完成させる。1594年伏見城、1597年、再建の伏見城、1604年、大坂城の千畳敷大広間の障壁画にも参加した。1615年、豊臣家滅亡で大坂城を脱出し、男山八幡宮の社僧で山楽の弟子・松花堂昭乗のもとに身を隠した。於江与(崇徳院)らの取成しにより京都に帰る。2代将軍徳川秀忠、3代将軍家光に重用され、再建された四天王寺、大坂城本丸障壁画、妙心寺・天球院障壁画などにも加わる。代表作に正伝寺方丈、養源院の障壁画がある。
 泉涌寺に葬られた。山楽、山雪の子孫は京都に住み京狩野と呼ばれた。
◆尾形光琳 江戸時代前期の画家・尾形光琳(おがた こうりん、1658-1716)。京都の呉服商・雁金屋 (かりがねや)の尾形宗謙の次男。弟は陶芸家の尾形乾山、曾祖父・道柏の妻は本阿弥光悦の姉。少年時代から能楽、茶道、書道などに親しんだ。父、山本素軒より狩野派の画法を学んだ。1687年、父の遺産を相続する。35歳頃より光琳と称した。30歳代の終りより画家となる。1701年、法橋に叙せられた。1703年、奢侈禁止令の咎により「京市中住居お構い」により京都を追われる。1704年、江戸に一度出る。「中村内蔵助像」を描く。1709年、京都に戻る。作品に繰り返される絵柄で構成された「燕子花図屏風」(国宝、18世紀前半)。宗達を模写し、宗達の「風神雷神図屏風」を意識した傑作「紅白梅図屏風」(国宝、18世紀前半)などがある。本格的な画業を始めたのは、晩年の20年ほどだった。屏風絵のほか、香包、扇面、団扇、小袖、蒔絵、水墨画など幅広く手がけた。妙顕寺興善院に葬られた。
 仁和寺境内にある「遼廓亭」は、光琳の住居跡ともいう。大覚寺の障子絵「たわむれるうさぎ図」(重文)はこの亭より通い描いたという。
◆慈性 江戸時代後期の天台宗の僧・慈性入道親王(じしょう にゅうどう しんのう、1813-1868)。有栖川宮韶仁親王の第2王子。大覚寺に入り、1822年、光格天皇の養子になり親王宣下、その後出家した。1837年、大覚寺の44世門主となる。1842年、東大寺別当を兼務、1846年、東叡山輪王寺門跡、1862年、天台座主となる。一品、准三宮を受ける。江戸の東叡山輪王寺の門主が亡くなったため、後継として幕府の介在により、韻仁の兄の慈性に朝廷より勅令が下った。輪王寺は天台宗であり、真言宗の大覚寺としては受け入れがたいものだった。慈性は、やむなく、大覚寺に必ず還ることの言葉を残して、唐門(勅使門)から江戸へ旅立ったという。幕府は、慈性が、反幕尊攘派の旗手に担がれることを危惧し、目の行き届く江戸に置いたとの説がある。1867年、慈性は、帰京の準備中に急逝し、最後の門跡になった。その死因については、暗殺されたとの説もある。
◆津崎村岡の局 江戸時代末-近代の女性・津崎村岡局(つざき むらおか の つぼね、1786-1873)。規子(距子)。北嵯峨の大覚寺宮の家来・津崎左京の家に生まれた。1798年、公卿・近衛忠熈(ただひろ)に侍女として仕え、その長である老女になり、村岡と称した。「近衛家の清少納言」(梅田雲浜)といわれた。1856年、篤姫(島津斉彬養女)は忠熈の養女資格で家定の室となり、局は養母格で江戸に下る。尊攘派の志士、近衛家、公卿との間の連絡に当り、僧・月照、西郷隆盛らとも親しくし、二人を西国に逃がしたともいう。幕府の日米条約調印勅許を阻止し、安政の大獄(1858-1859)に連座、1859年、京都西町奉行所、その後江戸で投獄される。尋問の末、30日の永押込(ながおしこみ)の刑になる。その後、一度帰京し、1863年、再び逮捕された。以後、直指庵に隠棲し、付近の子女の教育に努めた。
 大沢池畔に1892年に建立の「津崎邨(むら)岡碑」が立つ。
◆南北朝時代 鎌倉時代、第91代・後宇多天皇による大覚寺を本拠とする大覚寺統(南朝)と、第89代・後深草天皇、第92代・伏見天皇による持明院殿を里内裏とする持明院統(北朝)の「御二流」が生まれた。
 1272年、後嵯峨上皇(第88代)が亡くなり、上皇が生前に後継者を明言しなかったため、朝廷は幕府に裁定を委ねた。候補者には後深草上皇(第89代)、第90代・亀山天皇があり、二人の母・大宮院は、亀山天皇とした。亀山天皇は、第2皇子・第91代・後宇多天皇に譲位し、自らは院政をしく。他方、後深草上皇は、出家すると言い出したため、幕府は、その皇子・熙仁(ひろひと)親王(第92代・伏見天皇)を後宇多天皇の皇太子に立てた。
 伏見天皇の即位後、後深草上皇の院政が行われた。今度は、次期後継をめぐり伏見天皇皇子・胤仁(たねひと)親王(第93代・後伏見天皇)と、後宇多上皇皇子・邦治親王(第94代・後二条天皇)が対立した。後伏見上皇は、北条貞時と折り合い悪く、その後は、大覚寺統の後二条天皇が即位し、後宇多天皇の院政がしかれる。
 二統が皇位継承を争う南北朝時代(1336-1392)になり、室町幕府を含め三つの政府が並存する混乱状態が続いた。幕府は、両統の調停を装い、介入し、北朝を支援した。3代将軍・足利義満は、君主の地位を奪う皇位簒奪(こういさんだつ)の意図があったとする説もある。次期天皇に子・義嗣を予定していた。
 義満は、南朝の第99代・後亀山天皇に和解策を提示した。南北交代で皇位を継ぐ両統迭立(りょうとうてつりつ)、南朝の領地と正当性も認め、三種の神器を南朝から北朝へ渡すというものだった。
 1392年、両朝講和の際には、南朝の後亀山天皇は、当寺の「剣璽(けんじ)の間」で、北朝の第6代・後小松天皇に神器を譲り、その後、隠棲した。だが、両統迭立は反古にされ、100代には、後小松天皇が即位、後亀山法皇皇子・小倉宮の即位は実現しなかった。
 その後、各地で南朝方の騒乱があり、大覚寺門跡31世・義昭は、足利家の出身ながら、兄の4代将軍・足利義教に対して挙兵した。だが、義昭は日向で敗北し、遺骸は大覚寺で荼毘に付された。後南朝の抵抗は、15世紀(1401-1500)半まで続いた。
◆蓮華光院 かつて、当寺とも関係する蓮華光院が存在した。
 鎌倉時代、1200年、殷富門院の御願により、仁和寺境内に建立された御堂が建てられる。安井御所、安井法華堂と呼ばれた。道尊が引き継ぎ院家の一つに なる。安井門跡、院号は蓮華光院と呼ばれた。その後、門跡は大覚寺兼帯になりやがて廃絶した。江戸時代、東岩倉山観勝寺旧地・下河原(左京区南禅寺)に道場を建立し、安井門跡は復活した。1695年、崇徳院御影堂のあった東山安井に、後継の道恕により寺が移される。この時、観勝寺の真性院、光明院も移る。この境内の一角に金毘羅宮(現在の安井神社)が祀られた。両寺は、近代、1873年に大覚寺に移り、1876年に廃寺になる。東山安井には御殿が残り、小学校の校舎として使われる。その後、1908年に殿舎は仁和寺に移された。旧地(東山安井)には安井金毘羅宮(安井神社)が現存する。
◆歴代門跡 平安時代、寛空(918)、鎌倉時代、性円親王(1325)、南北朝時代、大金剛院深守准后(1383)、室町時代、義昭准后(1419)、性守准后(1494)、義俊准后(1529)、尊信准后(1568)、安土・桃山時代、空性親王(1589)、江戸時代、尊性親王(1615)、性真親王(1651)、性応親王(1697)、寛守親王(1722)、寛深親王(1734)、深真親王(1792)、亮深准后(1807)、慈性入道親王(1837)。
◆仏像 三組の五大明王像がある。
 かつて、本堂五大堂の本尊の「五大明王像」は、「金剛夜叉明王」、「降三世明王」、「不動明王」、1176年に明円作の「軍荼利明王」(重文)(75.1㎝)、水牛に乗る「大威徳明王」(重文)(62.3㎝)がある。造立は平安時代後期(1176-1177)、1176年とも、1177年ともいう。七条殿弘御所仏師、円派の明円作といわれ、現存唯一の仏像とされている。(金剛夜叉明王の台座裏に1176年の墨書銘が入る)。後白河院のために造仏された御願仏という。不動明王以外は東寺講堂の五大明王像を模した。大威徳明王は肉身に群青、手に緑青、腹、耳穴に朱、条帛、裳に彩色、截金が施されている。現在は収蔵庫内に安置されている。木造、ヒノキ材、細分化した寄木造、彩色、截金。
 現在、五大堂に安置されている「五大明王像」(43㎝)は、1975年、現代の仏師で人間国宝、松久朋琳(1901-1987)、その子・宝琳(1926-1992)作による。
 収蔵庫に平安時代(12世紀)から鎌倉時代作、室町時代補作の「五大明王像」(重文)3体もある。平安時代の踏割蓮華に立つ「軍荼利明王」(重文)(206.3㎝)、水牛に乗る「大威徳明王」(重文)(110.6㎝)。2体は、室町時代、1501年に修理が行われている。
 平安時代の「十一面観音立像」、鎌倉時代作の毘沙門天像」、鎌倉時代後期の「愛染明王像」(33.2㎝)は3目6臂の忿怒像で、獅子冠を載せる。
 心経殿内陣に、右に「嵯峨天皇」、「空海尊像」、左に後「宇多天皇」、「恒寂入道親王」が安置されている。
 多宝塔外陣に鎌倉時代の「毘沙門天立像」が安置されている。
 護摩堂に安置の不動明王立像(81cm)は、平安時代後期作とされる。磐石に立ち天地眼、彫眼。
◆建築 伽藍配置は、南より唐門、御影堂、心経殿が南北に直線状に並んでいる。さらに、北の心経殿と南西の宸殿、南東の五大堂が正三角形をなしている。
 「宸殿」(重文)は、一重入母屋造、檜皮葺御殿風(寝殿造)、廊下、広縁は鴬張。かつて第108代・後水尾天皇の中宮・東福門院(徳川2代将軍秀忠の娘)の女御御殿の宸殿(1619)で、第109代・明正天皇の仮御御所になり、その後、江戸時代、17世紀(1601-1700)後半に移築されたという。
 「回廊(橋廊)」は、「村雨(むらさめ)の廊下」といわれる。柱を驟雨に例えている。回廊は各伽藍(宸殿、正寝殿、御影堂)を結んでいる。高欄付、床は鴬張りになる。回廊は折れ曲げて付けられ、侵入者が直進できないようにした。天井が低く造られているのも、刀を抜いた立ち回りができないようにしたためという。欄干部分はかつては取り外せたといい、非常時には武器として使われたという。
 
「五大堂(本堂)」は、嵯峨天皇が天下泰平、五穀豊穣を祈念して建てた。現在の建物は、江戸時代中期天明年間(1781-1788)の再建による。1975年造仏の五大明王を安置している。東の大沢池に面しており、池を見晴らす1間の広縁(観月台)がある。堂は写経道場になっている。木造入母屋造、瓦葺、向拝1間付。正面5間、側面5間で正面中央は双折桟唐戸、両脇各2間は蔀戸。
 
「御影堂(心経前殿)」は、近代、1925年に建立された。第123代・大正天皇即位式場に建てられた饗宴殿が移築されている。北にある心経殿の前殿のため、内陣正面は心経殿を拝するために開ける。内陣左右に嵯峨天皇、秘鍵大師(弘法大師)、後宇多法皇、恒寂入道親王などの像を安置する。外陣は70畳。木造入母屋造、瓦葺。
 「客殿(正寝殿)」(重文)は、宮中の紫宸殿を移した。宸殿(重文)は、第108代・後水尾天皇の寄進による。入母屋造、檜皮葺、桃山時代様式の書院造。12の部屋(剣璽の間、御冠の間<南北朝講和の間>、紅葉の間、竹の間、雪の間、鷹の間、山水の間、聖人の間、狭屋の間など)に分かれている。内向きの客を迎えた間として使われた入母屋造、檜皮葺、桃山時代様式の書院造。
 「勅封心経殿(ちょくふう しんぎょうでん、心経殿)」(国登録文化財指定、1997)は、近代、1925年、法隆寺の夢殿を模して建立された。内部に、嵯峨天皇、後光厳、後花園、後奈良、正親町、光格の歴代天皇の「勅封心経」を収蔵し、薬師如来立像が安置されている。天皇の命により封印した経典は、60年に一度開封されている。嵯峨天皇宸筆、般若心経などが薬師如来立像とともに納められている。正面昇り階段と段上まわりには、卍崩しの組子を施した高欄がある。校倉様の壁になる。内部は、大正天皇即位式用二条離宮(現二条城)の第一車寄の用材が使われた。外壁はコンクリート仕上げ、錺金具・高欄間に銅製品、組物・長押もコンクリート製、設計・藤井厚二(1888-1938)、施工・清水組。鉄筋コンクリート造、八角円堂、平屋建、鋼板葺。
 
「勅使門(唐門)」は、江戸時代、嘉永年間(1848-1854)に再建された。1間1戸の四脚門、切妻造銅瓦葺、正面、背面は漆塗り・金鍍金飾りの軒唐破風門は天皇関係者にしか開けられない。ただ、華道・嵯峨御流の数年に一度の献花式の際には開門されるという。
 
「霊明殿」は、1958年に東京の寺より移築された。江戸時代末期の建立による。嵯峨御流関係者の位牌が安置されている。朱塗。
 
「御霊殿(安井堂)」は、江戸時代中期建立の安井門跡蓮華光院の御影堂が、近代、1871年に移築された。僧形の後水尾天皇が安置されている。
 
「庭湖館」は、大沢池畔にあった江戸時代中期の建物、1868年に移築された。上段の間には、江戸時代、名僧・慈雲尊者の大幅掛軸の掛かる「六大の間」がある。
 貴賓館・「秩父宮御殿」は、1923年に東宮仮御所に建てられていたものが1973年に移築された。
 大沢池辺の「多宝塔」は、1967年に建立された。基壇内部に如意宝珠を納めた真珠の小塔を安置する。秘鍵大師(弘法大師)像を安置する。鉄筋コンクリート造。 
 
「五社明神」は、弘法大師が離宮の鎮守社として勧請したという。布袋像神前に置かれており、火防祈願の信仰がある。 
◆済治院、不壌化身院 平安時代、876年、嵯峨天皇皇女で第53代・淳和天皇皇后正子(せいし)内親王は、療養施設の済治院、ハンセン氏病患者のための不壌化身院を寺に併設して建てた。院では、多くの尼僧が看護にあたっていた。
◆文化財 鎌倉時代初期、最古例という絹本著色「五大虚空蔵菩薩像」(重文)。
 歴代天皇の宸翰が数多い。鎌倉時代の「後宇多天皇宸翰」(国宝)、鎌倉時代、1315年の「後宇多天皇宸翰 弘法大師伝」(国宝)、鎌倉時代の「後宇多天皇宸翰 伝流抄目録 並 禅助消息」(重文)、「後宇多天皇宸翰 灌頂私註 上」(重文)、「後宇多天皇宸翰 悉曇印信口決 悉曇印信文」(重文)、「後宇多天皇宸翰 護摩口決」(重文)、「後深草天皇宸翰 消息」(重文)、「花園天皇宸翰」(重文)。平安時代の「孔雀経音義」(重文)、「袈裟印」(重文)、鎌倉時代の「金剛界伝法灌頂作法」(重文)、「抄録(青裏)」(重文)など。
 鎌倉時代、「後宇多天皇像」(重文)、鎌倉時代と室町時代の「後宇多法皇像」(重文)など。
◆障壁画 大玄関の松に、狩野永徳(1543-1590)筆の「山鳥図」がある。
 狩野山楽(1559-1635)筆とされるものに、宸殿の紅梅の間に代表作、金碧画「紅梅図」8面、「牡丹図」18面、御冠の間に水墨画「山水図」16面、鷹の間に「松鷹図」13面がある。
 牡丹の間の山楽筆、安土・桃山時代の優品とされる金碧障壁画、紙本金地着色「牡丹図」18面(重文)は、牡丹、岩、小禽が色調を抑えて描かれている。岩山(中国産の太湖石)を中心にし、写実的な白い牡丹の大輪が描写される。花弁に微風が当たり、揺れる様も描写する。右隅手前に一輪の紅の牡丹が描かれ、遠近観により全体の奥行きを出す。画面に左右対象の花が配されている構図は、大和絵の描法を取り入れたものという。
 紅梅の間の山楽筆「紅白梅図」8面(重文)は、太い紅白梅の木が画面を突き破って表現され、鳥も配される。かつて豊臣秀吉の小姓だった山楽は、片隅の白梅は豊臣家、中央の紅梅は徳川家を表し、その再起の意味を込めたともいう。師・永徳の大画方式を取り入れ、さらに繊細な筆致を尽くした。
 紅梅の間に狩野派一門の「柳燕図」8面、「竹雀図」2面がある。
 式台玄関の松の間に、永徳筆という金碧画の「松に山鳥図」。
 正宸殿の鷹の間に、山楽筆の代表作とされる水墨画「松鷹図」13面(重文)は、太い老松の枝に一羽の鷹が羽を休めている。障子の腰に描かれた彩色の10数羽の兎絵は、尾形光琳系の筆によるものともいう。
 御冠の間に山楽筆水墨画「山水図」16面(重文)がある。岩山が帳台元4面、壁1面、襖5面、障子腰貼6面に描かれている。。
 狭屋板地に狩野派の「虎豹図」(重文)、江戸時代の琳派の渡辺始興(1683-1755)筆「雪景山水図」、板地に始興筆「野兎図」(重文)がある。杉板に草蔭に遊ぶ愛らしい4羽の兎が描かれている。御冠の間の帳台構に「嵯峨蒔絵」。鎌倉時代の「太刀」(重文)。
◆写経 都で流行った疫病、また飢饉の際に、嵯峨天皇は、『般若心経』を写経し、皇后は薬師三尊像を浄写したという。天皇の親交厚かった弘法大師は、護摩を焚き、五覚院の五大明王に祈願したという。 その後、疫病が治まったと伝えられ、以後も、当寺での写経会が行われ、「心経写経の本山」、「写経の根本道場」とも呼ばれる。
 寺には、嵯峨天皇、後光厳、後花園、後奈良、正親町、光格天皇の写経が、「勅封心経」として心経殿に奉祀されている。
◆庭園・大沢池 宸殿前には、白砂の庭が広がり、左近に梅、右近に桜が植えられている。御影堂の正面には能舞台が造られている。
 境内の東側に広がる大沢池(国指定の名勝)は、平安時代の池泉舟遊式庭園(林泉式庭園とも)になる。池は「三大名月鑑賞地」(ほかに奈良・猿沢池、滋賀・石山寺)のひとつに数えられている。作庭者は、平安時代の宮廷絵師・巨勢金岡(こせのかなおか、生没年不詳)、また、貴族で画家・百済河成(782-853)ともいわれる。
 814年頃、嵯峨天皇が離宮嵯峨院の造営にあたって、中国の洞庭湖(どうていこ)を模して造られたところから、庭湖(ていこ)とも呼ばれる。離宮は池の北側に建てられていた。周囲約1kmの日本最古の人工の林泉で、北の朝原(あさはら)山(御廟山)、西の小倉山を借景とした。池中に天神島、菊ケ島、庭湖石が造られ、この二島一石の配置は、華道嵯峨御流の基本型にも通じているという。池底には、水漏れを防ぐために粘土が塗られ、その上に石が敷かれていたという。
 池辺には、桜や楓が約650本植えられ、桜楓の名所になっている。また、古くより京都随一という観月の名所として知られていた。
◆名古曽の滝跡 大沢池の北に名勝「名古曽(なこそ)の滝跡」がある。現在は、三尊石組が復元され、遣水を通じて水は池に注ぐ。京都市内に現存している最古の庭園の遺構とされる。
 平安時代、離宮嵯峨院(810)には、池の畔、北西に寝殿を中心とする本館(大院)、百済慶命の別館(小院)、山麓には滝があった。滝殿庭園内に滝を見るために滝殿が建てられていた。『今昔物語』では、渡来系の百済河(川)成(782-853)が作庭し、壁画を描いたという。なお、名古曽の名称が使われ出したのは江戸時代以降という。
 平安時代、999年、公卿・歌人、三十六歌仙のひとり藤原公任(きんとう、966-1041)は、滝を訪ねた公卿・藤原道長(966-1028)に対し、「滝の音は絶えて久しくなりぬれど 名こそ流れてなお聞こえけれ」と詠んだ。9世紀末、滝の水はすでに涸れている。嵯峨天皇没後、庭石は、左大臣・藤原藤嗣(773-817)の閑院内裏(二条西洞院)作庭の際に持ち出されていた。
 後に西行(1118-1190)も訪れ、「今だにも かかりといひし 滝つせの その折までは 昔なりけり」と残した。
 鎌倉時代、後宇多上皇により改修が行われ、その後、土砂に埋もれた。近年、1994年、奈良国立文化財研究所の発掘調査により、中世の遣水が発見され、現在はその一部が復元されている。
◆千代の古道 大沢池近くに「千代の古道(ちよのふるみち)」の石標が立てられている。千代の古道とは、平安貴族が北嵯峨、大覚寺(嵯峨院)に向かった際に用いた古道をいう。現在、梅宮大社から広沢池、大覚寺間には複数の石標が立てられている。
 道筋は、常盤付近(右京区)より、山越、広沢池付近に続く道ともいう。双ヶ岡、常盤(ときわ)、鳴滝、広沢池への道ともいう。現在の下立売通西端から嵯峨に通じる嵯峨街道筋とも、伏見の芹川(せりかわ)付近ともいう。
 歌枕にもなっており、歌の上だけに存在する道ともいう。平安時代の在原行平(818-893)に、「さがの山みゆき絶にし芹川の千代のふる道跡はありけり」(「後撰集」)がある。芹川を詠んだ藤原家隆(1158-1237)に、「春くれば千代の古道ふみわけてたれ芹川に若菜つむらん」がある。(「夫木抄」)
◆華道 御所の伝統を伝える嵯峨御流(ごりゅう)は、嵯峨天皇が大沢池の舟遊びの際に、菊ヶ島の野菊を瓶に挿したことに始まるという。後宇多天皇は、称号「永宣旨(ようぜんじ)」を発布した。
 江戸時代中期、大坂に未生庵一甫の流れを汲む香林堂如今日(二代未生庵一甫)の庵家、流祖未生庵直弟子・未生斎広甫(みしょうさいこうほ)の斎家があり、江戸時代末期、未生斎広甫が大覚寺華道職(花務職)に就き、華道・御室御流の隆盛になった。
 伝統的な伝承花(生花、盛花、瓶花、荘厳華)と心粧花(折り花、才の花、想い花)に分けられる。
 数年に一度の献花式では、太鼓橋から唐門(勅使門)を通ることがゆるされている。男性は嵯峨模様の王朝衣装、女性は女官姿になる。
◆文学 名古曽の滝跡について、藤原公任(966-1041)は、「滝の音は絶えて久しくなりぬれど名こそ流れてなお聞こえけれ」(999)と詠んだ。赤染衛門(956? -1041)は「あせにけるいまだにかかり滝つ瀬のはやくぞ人は見るべかりける」と、西行(1118-1190)はそれを受けて「今だにもかかりと言ひし滝つ瀬のそのをりまでは昔なりけん」と詠んだ。
 『源氏物語』の『松風』の帖には、光源氏が無常観を感じ、藤壺との恋の贖罪から出家を考えて建てたという御堂が登場する。大覚寺の南にあり、滝殿などもあった。想定されているのは、かつての境内地だった現在の棲霞観(清凉寺)付近ともいう。
◆嵯峨 地名の嵯峨、嵯峨野は、唐長安の北にある景勝地「嵯峨山」に因んでいる。嵯峨天皇は、唐の文化に憧れていという。
◆菊展 嵯峨菊展(11月1日-11月30日)では、大覚寺で栽培されている門外不出の嵯峨菊、約600鉢が公開されている。
 嵯峨菊は、かつて大沢池菊ヶ島(菊島)に自生していた野生種だという。江戸時代に品種改良が進んだ古典菊の一種で、日本三大菊の一つになる。一本の茎に7、5、3の割合で淡い色の細い平弁の花を付ける。紀友則にその様を詠んだ「ひともとと思ひし花をおほさはの池の底にも誰かうゑけん」がある。
◆太鼓橋 唐門前(南側)に石橋が架かる。太鼓橋(おなみだ橋)といわれ、江戸時代、1625年に架橋された。長さ5m、幅3m。
◆石仏群 20基を越える石仏群が、大沢池畔に安置されている。平安時代後期の作による。光背様があり、中央の7体が大きく右より薬師、釈迦、法界定印の大日、上品上生定印の弥陀、弥陀、菩薩<観音、弥勒>などが並ぶ。花崗岩製、1.2m前後、ほかに、鎌倉時代中期の地蔵立像は右手は与願印、左手に宝珠を持つ。
◆嵯峨の山 歌枕の嵯峨の山(さがのやま)とは、嵯峨一帯の山の総称になる。「嵯峨の山みゆきたえにし芹河の千世の古道あとは有りけり」(『後撰集』雑一、在原行平、一〇七五)。
◆映画 大覚寺で時代劇映画「雨月物語」(監督・溝口健二、1953年、大映)の撮影が行われた。元は百姓の藤兵衛(小沢栄)が敵軍大将の首を拾う。
 現代劇映画「炎上」(監督・市川崑、1958年、大映)は、三島由紀夫の原作『金閣寺』を題材にしており、主演は市川雷蔵による。大沢池の天神島には、セットの「驟閣寺」が建てられている。金閣寺の半分の大きさで組まれた。映画中ではほかに2種の「驟閣寺」が使われている。
 時代劇映画「一心太助 天下の一大事」(監督・沢島忠、1958年、東映京都)の撮影が大沢池で行われた。設定は上野・不忍池だった。
 大覚寺で時代劇映画「鮫」(監督・田坂具隆、1964年、東映)の撮影が行われている。京都を襲った飢饉の最中、主人公・鮫(中村錦之助)は侍の列より槍を奪おうとする。
 時代劇映画「ちいさこべ」(監督・田坂具隆、1962年、東映京都)、時代劇映画「冷飯とおさんとちゃん」(監督・田坂具隆、1965年、東映京都)でも撮影された。
 大沢池は、現代劇映画「細雪」(監督・市川崑、1983年、東宝)で桜の場面で登場する。現代劇映画「華の乱」(監督・深作欣二、1988年、東映京都)では、与謝野晶子(吉永小百合)が大沢池畔、満開の夜桜の中を人力車で鉄幹のもとへ走る。
 時代劇映画「福沢諭吉」(監督・澤井信一郎、1991年、東映)、時代劇映画「豪姫」(監督・勅使河原宏、1992年、松竹)では大沢池にセットが建てられた。
◆樹木 境内にアカマツ、五所明神近くにイチイガシがある。クスノキ、クロマツ、放生池・五社明神近くにコジイ、多宝塔近くにダイオウショウ、モミ、天神島にヤマモモ、アメリカ(モミジバ)フウ、大沢池にタブノキがある。
 大沢池周辺にはサクラが植えられている。後水尾天皇が桜を愛でたことから「後水尾桜」と呼ばれている。天皇により花見の趣が始められたとされている。
 池辺にカエデがある。
◆体験修行 毎日9:00-16:30に、五大堂(写経道場)で写経が行える。「般若心経」、短い「羯諦(ぎゃーてい)写経」、縁結びの「愛染写経」の3種がある。
 法要、写経ができる写経法会・法話は、毎月1日(1月1日は除く)、11日、21日の10:00・13:00に写経道場で行われる。  
◆年間行事
 修正会(1月1日-2日)、新年拝賀式(1月5日)、節分会・星祭り(2月節分)、嵯峨天皇奉献華道祭(4月中旬)、青葉祭(弘法大師降誕会)(6月15日)、宵弘法・万燈万華会(五大堂での門跡修法、大沢池畔施餓鬼棚前での祈り、送り火(嵯峨送り火)の祭壇に火が灯る。池には灯籠が流される。)(8月20日)、観月会(池に龍頭船・鷁首<ぎけす>船が浮かべられ、満月法会、供花などが行われる。その起源は嵯峨天皇の舟遊びにあったという)(9月13-15日)、嵯峨菊展(11月1日-30日)、夜間特別拝観(11月)、除夜の鐘(鐘が撞ける。修正会。)(12月31日)。
 写経法会・法話(毎月1日、11日、21日)。護摩堂での護摩祈願(毎月28日)。


*年間行事(拝観)などは、中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『古寺巡礼 京都 28 大覚寺』『旧版 古寺巡礼 京都 30 大覚寺』『図解 日本の庭 石組に見る日本庭園史』『京都・山城寺院神社大事典』『京都の仏像』『京都・美のこころ』『私の古寺巡礼』『京都の寺社505を歩く 下』『日本美術全集 7 浄土教の美術』『社寺』『京をわたる 橋がつなぐ人と暮らし』『京都古社寺辞典』『京都の近代化遺産』『増補版 京都の医史跡探訪』『京都ぎらい』『稲荷信仰と宗教民俗』『あなたの知らない京都府の歴史』『おんなの史跡を歩く』『京に燃えたおんな』『京を彩った女たち』『平安京散策』『京都の地名検証』『京都の地名検証 2』『シネマの京都をたどる』『日本映画と京都』『京都シネマップ 映画ロマン紀行』『京都絵になる風景』『京都隠れた史跡100選』『源氏物語を歩く旅』『京都 神社と寺院の森』『こころ美しく京のお寺で修行体験』『京都の隠れた御朱印ブック』『週刊 古寺を巡る 29 大覚寺』『週刊 古寺名刹巡礼の旅 28 嵯峨野と高雄』『週刊 日本の仏像 第29号 清凉寺 国宝釈迦如来』『週刊 仏像めぐりの旅 5 京都 洛北・洛西・洛南』『週刊 日本の美をめぐる 室町5 38 狩野派の流れ 元信 永徳 探幽』 


  関連・周辺覚勝院〔大覚寺〕      関連・周辺清凉寺      関連・周辺神護寺      関連・周辺観空寺      周辺六道の辻(生の六道延命地蔵)      関連東寺(教王護国寺)      関連仁和寺     関連安井神社(安井金比羅宮)・蓮華光院         

霊明殿

稲荷

庭湖館

宮御殿

貴賓館・秩父宮御殿

明智陣屋

供侍

供侍

明智門



モクレン

明智門、心経写経会の板が掛る。

鐘楼

梵鐘

境内の北、東を流れる有栖川


境内の西、南を流れる御殿川

華供養塔



嵯峨菊



嵯峨御流



観月の夕べ(10月2日-4日)、竜頭鷁首の船。
大沢池周辺






大沢池









心経宝塔、1967年、大沢池の畔に建つ鉄筋コンクリート造多宝塔、基壇内部に如意宝珠を納めた真珠の小塔を安置する。秘鍵大師(弘法大師)像を安置。 

サクラ

ウメ

ハス

ハンゲショウ

大沢池

大沢池

聖天堂

大日堂

弘法大師の閼伽井戸

五社明神


仏母心院跡

茶室「望雲亭」、秋の日、嵯峨天皇、空海が大沢池に遊び、夕に天皇は漢詩「与海公飲茶送帰山一首」(経国集)に因んで名付けられた。「道俗相分数年を経たり今秋晤語するも亦良縁なり香茶酌み罷みて日云に暮れる稽首して離れを痛み雲畑を望む」

椎の根元にある社

ツブラジイの巨木

茶筅塚

嵯峨碑

津島・村岡碑、津崎村岡(矩子)碑(1786-1873)、 幕末の女性勤皇家。

紀友則詠碑、紀友則(845?-907)は、平安時代の歌人、三十六歌仙の一人、紀貫之の従兄弟。

嵯峨天皇詠碑、嵯峨天皇は、久しぶりに空海と歓談し、高野山に還る空海を見送り詠んだ。「道俗相分経数年 今秋晤語亦良縁 香茶酌罷日云暮 稽首傷離望雲烟」

石仏群、平安時代後期、20基を越える石仏が、大沢池畔に置かれている。

名勝、名古曽の滝跡(嵯峨院滝組跡)、平安時代に離宮嵯峨院の滝殿庭園内に設けられていた。『今昔物語』では百済河成が作庭したと伝えられる。最古の庭園のひとつとされている。1994年の奈良国立文化財研究所による発掘調査で、中世の遣水が発見され、復元された。

名古曽の滝跡、礫を敷き詰め景石、中島が設けられ中御所の庭の一部になっている。奥にある3石の石組は、最古の「跨はん」ともみられている。平安時代の歌人で三十六歌仙のひとり藤原公任(きんとう)は、訪ねた藤原道長に対して、「滝の音は絶えて久しくなりぬれど 名こそ流れてなお聞こえけれ」と詠んだ。すでにこの頃には、滝は涸れ荒れ果てていた。

名古曽の滝跡、築地塀跡、中御所築地塀跡、堀の基底部復元が復元され、溝が両側に掘られている。

大沢池

大沢池

大沢池、ハス

大沢池

大沢池にある天神島 

大沢池にある菊ヶ島、水位が上がり14世紀(1301-1400)に盛土された。

庭湖石、巨勢金岡(こせのかなおか)が立石を配置したという。夜泊石の原型ともいう。

名古曽の滝跡、下流の平安時代の遣水、平安時代初期には素堀りの遣水が流れていた。平安時代後期には埋まり、伏流水を集める方形の石組で、下流部のみが再生された。大沢池への注ぎ口は、景石、玉石を敷いて堰が造られていた。

名古曽の滝跡



「千代の古道」の石標

【参照】平安時代の大覚寺の復元模型、京都アスニー
周辺の関連する天皇陵

【参照】後宇多天皇、亀山天皇皇后佶子蓮華峯寺陵、亀山天皇分骨所、後二条天皇分骨所、後宇多天皇皇后?子内親王分骨所

【参照】朝原山(御廟山)山頂(190m)にある嵯峨天皇山上陵

嵯峨天皇(786-842)の陵墓は、近代に定められた。

【参照】朝原山の嵯峨天皇山上陵から見渡す嵯峨野、嵯峨の地名は、唐の文化に憧れていた嵯峨天皇が、唐の都・長安北方の景勝地、嵯峨山になぞらえたという。
綴プロジェクト「四季耕作図襖」  大覚寺 グーグルマッブ・ストリートビュー
 大覚寺 〒616-8411 京都市右京区嵯峨大沢町4  075-871-0071  9:00-17:00

より大きな地図で 大覚寺 を表示
ホーム・京都風光  ホーム・京都風光  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp