晴明神社 (京都市上京区)
 
Seimei-jinja Shrine 
晴明神社 晴明神社
  Home   Home



神紋の晴明桔梗印











 晴明神社(せいめい じんじゃ)は、平安時代の陰陽師・安倍晴明(あべの せいめい)の屋敷跡にあるともいう。かつては、晴明御霊といわれていた。
 祭神は、安倍晴明と倉稲魂命(うかのみたまのみこと)。
 魔除け、方除守護、厄除け、火災守護、病気平癒・病除守護、縁結び・結婚、合格祈願、進学、開業、向上祈願子供の命名などの信仰がある。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代、1007年、第66代・一条天皇の勅旨により、安倍晴明は稲荷大神の分霊であると尊び、晴明を祭神として宅地跡に創建されたともいう。
 室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)で焼失した。
 室町時代後期、現在地に移る。
 安土・桃山時代、豊臣秀吉の都市改造、戦火などにより広大な敷地は縮小された。
 江戸時代、1853年以降、再興されている。
 近代、1868年、神仏分離令後の廃仏毀釈により、一度廃社になりかける。紫野斎院の斎宮を主神(摂社・斎稲荷社、稲荷大明神)として存続した。
 1928年、御大典事業に伴い、本殿、社務所が造営された。
 現代、1950年、境内地を拡張している。
 1997年、本殿が修復された。
◆安倍晴明 平安時代の陰陽師・安倍晴明(あべの せいめい/ はるあきら/ はれあき、921?-1005)。摂津国阿倍野、また、大和国桜井の安倍に生まれたともいう。大膳大夫・安倍益材、また、淡路守・安倍春材の子ともいう。母は加茂社家ともいう。幼くして京都に移る。陰陽師・賀茂家の忠行・保憲父子に陰陽道、天文道を伝授されたという。唐に渡り、帰国後、陰陽道を確立したともされる。948年、大舎人。第61代・朱雀天皇の信を得て以来、960年、天文得業生として第62代・村上天皇に占いを命ぜられた。967年、天文得業生になる。972年、天文博士に任ぜられる。979年、皇太子師・貞親王(後の第65代・花山天皇)の信を得、その命によ り那智山の天狗を封ずる儀式を行った。その後も、第66代・一条天皇など6代の歴代天皇に仕え、藤原道長の信も得る。987年、第66代・一条天皇の直属の蔵人陰陽師となる。993年、正五位上に昇る。997年、主計寮の主計権助、1002年、左京権大夫。穀倉院別当、播磨守などを歴任した。
 鎌倉時代-近代、1870年まで、陰陽寮を統括した安倍氏(土御門家)の祖。安倍氏は、賀茂氏と並ぶ陰陽道の家となる。著『占体略決』。中世より伝えられる墓所の一つに、安倍晴明墓所(右京区嵯峨)がある。 
◆陰陽道 陰陽道は、古代中国の陰陽五行説に基づき、自然界の現象を陰陽のニ気と、木火土金水の五行の変化と組み合わせで説明する。天文、暦数によって吉凶を占い、凶事を回避するためのさまざまな術を使った。
 安倍氏(土御門)と賀茂氏(幸徳井)の職掌となっており、前者が陰陽頭、後者が陰陽助に任じられた。土御門家は暦の作成には、一度を除いて携わらなかった。
◆式神 晴明は、12体の式神(しきじん、職神)を使ったと伝えられる。式神は、恐ろしい容貌をしており、不思議な現象を起こすとされる精霊のような霊的存在とされた。晴明は、蔀戸の上げ下ろし、表門の開け閉めにも式神を使ったという。一般人には見えないという。
◆晴明屋敷跡 社はかつての晴明の屋敷跡にあるという。内裏の北東、鬼門の位置に広大な敷地を有していたという。
 晴明の屋敷跡としては、現在の清明神社付近(江戸時代の『山州名跡志』」)、「土御門大路(上長者町通)から北、西洞院大路(西洞院)から東」(平安時代後期の『今昔物語』)、「土御門大路と町口小路(長者町通新町通)」(平安時代後期の『大鏡』)、「一条堀川西へ入町」(江戸時代の『京羽二重』)などともいう。
 現在では、「左京北辺三坊二町南西角の六戸主」(上京区土御門町周辺、現在の京都ブライトンホテル南西の駐車場西付近)が最有力視されている。(『日本歴史』632号、2001年、山下克明「安倍晴明の宅邸とその伝領」)。
◆晴明井 祭殿内にある「晴明井」は、晴明が密法を行った際に祈誓により湧きだしたという。山城名泉の一つとされる。一時期涸れていたが、さらに井戸を掘り下げて復活した。
 近年、この地に利休屋敷があったことが確認されている。この井戸水は千利休も使ったとされている。
◆千利休 安土・桃山時代の茶人・千利休(1522/1521-1591)。堺の魚問屋に生まれた。号は宗易。10歳代で武野紹鴎に茶の湯を学ぶ。1568年、織田信長の茶のひとりとなる。1583年、豊臣秀吉の茶頭となる。1587年、秀吉の大茶会(北野大茶湯)を演出する。だが、1889年、大徳寺山門の一件が問題化し、その責をとって切腹を命じられ自害した。
 この地に聚楽屋敷を構え、茶事を催し、茶湯に用いた井戸があった。 
◆末社 末社・齋稲荷社(いつき いなりしゃ)は、倉倉稲魂命(うがのみたまのみこと)ほか二柱(天満社、地主社)を祀る。本殿の祭神・安倍晴明は、倉稲魂命の分霊という。そのため、齋院御所より遷座されたという。産業振興、食品安全の神。
 晴明の母は、和泉・信太森(しのだもり)に棲むという霊狐(信太明神)という。江戸時代の古浄瑠璃「しのだづま」により広まった。晴明の父・保名は白狐化身・葛の葉(くずのは)と結ばれ、童子丸(晴明)が生まれた。だが、正体が発覚し去る。
◆文化財 「晴明公画像」は、晴明の子・安倍尊真筆という。宿曜師(すくようし)といい、星宿(せいしゅく)呪術を操る密教僧だったという。ただ、系図にはないという。
◆年間行事 歳旦祭(元日)、節分祭(2月節分)、晴明に始まるとされる火災除祈願祭(6月26日)、晴明祭(9月秋分日とその前日)、御火焚祭(11月23日)。


*商業利用の写真撮影禁止。
*年間行事は中止、日時変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『陰陽道と平安京 安倍晴明の世界』『安倍晴明・紫式部を歩く』『陰陽師 安倍晴明に出会う旅』『安倍晴明読本』『京都・山城寺院神社大事典』『京都府の歴史散歩 上』『京都の寺社505を歩く 上』『京都時代MAP 平安京編』『お稲荷さんの起源と信仰のすべて 稲荷大神』『続・京都史跡事典』『京都隠れた史跡100選』『京のしあわせめぐり55』  



   安倍晴明の屋敷跡       一条戻橋       堀川        安倍晴明の墓所(嵯峨野)      安倍晴明の墓所(松原)       稲住神社       梅林寺       真如堂(真正極楽寺)                  

狛犬

「横神明町」灯明


本殿

本殿



本殿

本殿、神紋の晴明桔梗印(五芒星、ペセーマン印、ンタグラム、ペンタグランマ)は、陰陽の呪符で魔除の印とされる。陰陽道五行説の木、火、土、金、水の働きが星形の相克関係にある。木は土の養分を吸収することから土に勝ち、土は土塁により水を止め水に、水は火に、火は金属を溶かすことから金に、金は木を切ることから土に勝つ。

安倍晴明坐像

厄除桃、桃は魔除、厄除の果物とされる。「桃」が木扁に「兆」と書くことによる。桃に厄除を撫でつけ身を祓う。


齋稲荷社(いつきいなりしゃ)、晴明の母は狐だったという伝承がある。


齋稲荷社、天満社、地主社

名水、晴明井の晴明水、室町時代から安土・桃山時代の茶人・千利休(1522-1591)が茶の湯に使ったともいう。飲むと悪病難疾が治るとされている。立春に、神職が五芒星部を回転させ、取水口がその年々の恵方を指すようになっている。1000年以上も湧水が続いているともいう。

北斗七星、星宿信仰のある陰陽道では、
赤山禅院に祀られている祭神・泰山府君は北極星(北辰)として尊ばれている。

鉄板の蓋に描かれた太極図(陰陽魚)。
太極のなかに陰陽が生じた様子が描かれている。黒は陰を表し右側で下降する気、白は陽を表し左側で上昇する気を意味する。魚尾から魚頭に向かってそれぞれの気が生まれ、徐々に盛んになっていく。陰は陽を飲み込もうとし、陽は陰を飲み込もうとする。陰が極まれば、陽に変じ、陽が極まれば陰に変ず。小さな白点は、陰中の陽、後に陽に転じることを表す。黒点は逆に陽中の陰を表す。

「陰陽博士 安倍晴明公居館之址」の石標

1995年まで堀川に架けられていた実際の石の親柱で再現された「一条戻橋」。この橋で、晴明の父保名は芦屋道満の弟に殺害された。晴明は呪法により父を蘇生させたという。晴明は二人の式神をこの橋のたもとに隠していたという。

式神、鬼であり、晴明は呪術、占いを行う際に用いたという。容姿が醜く、晴明の妻が怖がったため、晴明により一条戻橋の下に石櫃に入れられ不要の時は隠されたという。

「千利休居士聚楽屋敷趾」、この地にかつて、茶人・千利休屋敷があったという。


樹齢300年というクスノキ

【参照】安倍晴明の邸宅跡と推定される地点の一つ。晴明邸はブライトンホテル南の駐車場西付近とみられている。上長者町通西洞院通東入ル土御門町、西洞院通上長者町上ル菊屋町付近。

【参照】付近に土御門町の町名も残っている。

【参照】嵯峨野にある安倍晴明の墓所と推定されているものの一つ。
晴明神社 グーグルマップ・ストリートビュー  平安京オーバレイマップ

より大きな地図で 晴明神社 を表示
 晴明神社 〒602-8222 京都市上京区晴明町806,堀川通一条上る西側   075-441-6460  9:00-18:00
  Home     Home  
© 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp