釜ヶ淵 (京都市南区)
Kamagafuchi (deep pool)

  Home

陶化橋上流、かつての「釜ヶ淵」付近


陶化橋


【参照】建仁寺「東の鐘」
 十条通、鴨川にかかる陶化橋上流付近は、かつて、釜ヶ淵(かまがふち)といわれていた。ここには、鴨川で一番深い淵があったという。
◆歴史年表 平安時代、源融(822-895)の六条河原院にあったという大梵鐘も、河原院の荒廃後はこの淵に沈んでいたという。
 栄西(1141- 1215)は、官に請い、鐘を引き上げたという。
 安土・桃山時代、大盗賊・石川五右衛門(?-1594)の釜茹に使われた釜は鴨川に捨てられた。一年後に、鴨川の洪水によりこの淵まで流され、以来、釜ヶ淵と呼ばれるようになったという。 近代、明治期(1868-1912)まで、釜ヶ淵という呼称は使われていたという。
 現代、1992年以来、国、府、市による「鴨川陶化橋上流域環境整備対策本部」により、公営住宅の建設、周辺の鴨川河川改修・河川敷の整備事業が進行している。
◆梵鐘 平安時代、源融(822-895)の六条河原院にあったという大梵鐘は、河原院の荒廃後はこの淵に沈んでいたという。また、鐘は七条の南の淵に沈んでいた、土中にあったともいう。源融は『源氏物語』中の光源氏のモデルともいわれている。
 平安時代、建仁寺を開山した栄西(1141-1215)は、官に請い、鐘を引き揚げようとした。だが、重すぎて揚げられなかった。そこで、人々に「栄西栄西」「長音座」との掛け声を指示して、引き揚げることができたという。以来、「えっさ」「えっさ、よっさ」の掛け声が生まれたという。その鐘はいま、建仁寺境内に「東の鐘」としてあり、「京都第三位の大鐘」として知られている。
 梵鐘は、「陀羅尼の鐘」とも呼ばれた。陀羅尼経を唱え、鐘を撞くことに由来しているという。また、花街のだらりの帯にかけているともいう。鐘を運ぶ際に傷つき、鐘の音が割れた。「だらんとした音がする」として名づけられたともいう。
◆五右衛門 釜ヶ淵の名の由来は、安土・桃山時代の大盗賊・石川五右衛門(?-1594)と関わりがあるともいう。 
 1594年、豊臣秀吉に命により、所司代・前田玄以に捕らえられた五右衛門は、仲間20人(母、7歳の息子も一緒だったとも)とともに、三条河原(伝承では七条河原とも)で釜茹(油煮)されたという。
 処刑に使われた釜は鴨川に捨てられた。一年後、鴨川の洪水により釜はこの淵まで流された。以来、付近の淵は釜ヶ淵と呼ばれるようになったという。


           建仁寺      

より大きな地図で 鴨川の橋 を表示
 陶化橋  京都市南区東九条東松ノ木町 
  Home  
© 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp